4237 Movies

ワイルド・スピード EURO MISSION Fast & Furious 6 (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット・アクション「ワイルド・スピード」シリーズ第6作。
国際犯罪組織を捕えるため、再び集結した命知らずの男達と仲間の戦いを描くスーパー・ハード・アクション。
監督ジャスティン・リンヴィン・ディーゼルポール・ウォーカードウェイン・ジョンソンミシェル・ロドリゲス他共演。


アクション/アドベンチャー

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジャスティン・リン
製作
ヴィン・ディーゼル

ニール・H・モリッツ
クレイトン・タウンゼンド
製作総指揮
ジャスティン・リン

アマンダ・ルイス
サマンサ・ヴィンセント
クリス・モーガン
脚本:クリス・モーガン
原作:ゲイリー・スコット・トンプソン
撮影:スティーヴン・F・ウィンドン
編集
クリスチャン・ワグナー

ケリー・マツモト
音楽:ルーカス・ビダル

出演
ドミニク・トレット:ヴィン・ディーゼル

ブライアン・オコナー:ポール・ウォーカー
ルーク・ホブス:ドウェイン・ジョンソン
レティ・オルティス:ミシェル・ロドリゲス
ミア・トレット:ジョーダナ・ブリュースター
ローマン・ピアース:タイリース・ギブソン
テジ・パーカー:クリス”リュダクリス”ブリッジス
ハン・ルー:サン・カン
ジゼル・ヤシャ:ガル・ガドット
エレナ・二ベス:エルサ・パタキー
オーウェン・ショウ:ルーク・エヴァンス
ライリー・ヒックス:ジーナ・カラーノ
アルトゥーロ・ブラガ:ジョン・オーティス
マイケル・スタジアック捜査官:シェー・ウィガム
クラウス:キム・コールド
フィルツ:トゥーレ・リントハート
ヴェーグ:クララ・パジェット
ジャー:ジョー・タスリム
アドルフソン:ベンジャミン・デイヴィス
デリンジャー:サミュエル・M・スチュワート
オークス:マシュー・スターリング
アイボリー:デビット・アジャラ
レースのスターター:リタ・オラ
イアン・ショウ:ジェイソン・ステイサム

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2013年製作 130分
公開
北米:2013年5月24日
日本:2013年7月6日
製作費 $160,000,000
北米興行収入 $238,679,900
世界 $788,679,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
スペインカナリア諸島
ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)はブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)と共に、息子を産んだ妹ミア(ジョーダナ・ブリュースター)の元に向かう。

ブライアンは息子の誕生をミアと共に喜ぶ。

ドミニクら仲間達は、大金を手に入れて、世界各地で自由な生活を送っていた。

モスクワ
DSS(外交保安部)捜査官であるルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、ライリー・ヒックス(ジーナ・カラーノ)を部下にして、軍用車両から衛星部品が奪われた現場を調べる。

インターポール(国際刑事警察機構)。
容疑者の一人が検挙されたため、ホブスはその男を手荒な方法で尋問し、国際犯罪組織のボス、オーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)の居場所を知ろうとする。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ワイルド・スピード」(2001)
・「ワイルド・スピードX2」(2003)
・「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(2006)
・「ワイルド・スピード MAX」(2009)
・「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011)
・「ワイルド・スピード EURO MISSION」(2013)
・「ワイルド・スピード SKY MISSION」(2015)
・「ワイルド・スピード ICE BREAK」(2017)
・「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(2019)

*(簡略ストー リー)
車を使った強盗団のドミニク・トレットらは、手に入れた大金で、それぞれが静かな生活を送っていた。
そんなドミニクの前にDSS(外交保安部)捜査官ホブスが現れ、国際犯罪組織のボス、ショウを捕えるための協力を求められる。
死んだはずの元恋人レティが、ショウと組んでいることを知ったドミニクは、真相を突き止めるためにホブスへの協力を約束する。
ドミニクは、妹のミアとの間に息子も生まれたブライアンにその件を話して、仲間達を集め、全員の恩赦を条件にショウを捕える準備を始めるのだが・・・。
__________

今回は舞台をヨーロッパに移し、回を追うごとに激しくなるアクションは超重量級、そのパワフルで玄人受けする展開は見応え十分。

命を落としたレティの復活の謎が並行して描かれ、主人公の気持ちは、犯罪組織を追う事よりもそれに重点が置かれた設定となっているため、アクションばかりを強調していない内容もなかなかいい。

興行収入は第三作以外は順調に増え続けて、北米では約2億3900万ドル、全世界では7億8900万ドルというスーパー・ヒットとなった。

また、今回の敵の兄役でジェイソン・ステイサムがラストに登場し、次回作が期待できるのだが、ポール・ウォーカーのクランク・アップ前の事故死により、第7作は2015年4月10日に延期となった。

何とも言えない雰囲気を漂わせる主人公ヴィン・ディーゼル、彼の死を考えながら観るとやや辛い親友ポール・ウォーカー、今回も迫力のDSS捜査官を演じるドウェイン・ジョンソン、記憶を失った主人公の元恋人ミシェル・ロドリゲス、主人公の妹ジョーダナ・ブリュースター、そして仲間達、タイリース・ギブソンクリス”リュダクリス”ブリッジスサン・カンガル・ガドット、主人公の新しい恋人エルサ・パタキー、犯罪組織のボス、ルーク・エヴァンスDSS捜査官ジーナ・カラーノ、麻薬王のジョン・オーティスFBI捜査官シェー・ウィガム、車の製造者役のトゥーレ・リントハート、犯罪組織の一員キム・コールドクララ・パジェットジョー・タスリム、マシュー・スターリング、デビット・アジャラ、ベンジャミン・デイヴィス、街頭レースのスターター役リタ・オラなどが共演し、そしてラスト、ジェイソン・ステイサムがショウ(L・エヴァンス)の兄役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020