4452 Movies

ワイルド・スピード/スーパーコンボ Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット・アクション「ワイルド・スピード」シリーズのスピンオフ作品。
世界支配を考えるテロ組織との生物兵器ウィルス争奪戦に挑む男たちの戦いを描く、監督デヴィッド・リーチ、製作、主演ドウェイン・ジョンソンジェイソン・ステイサムイドリス・エルバヴァネッサ・カービーヘレン・ミレン他共演のハード・アクション。


アクション/アドベンチャー

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・リーチ

製作
ドウェイン・ジョンソン
ジェイソン・ステイサム
ハイラム・ガルシア
クリス・モーガン
製作総指揮
スティーヴ・チャスマン
エインズリー・デイヴィス
ダニー・ガルシア
ケリー・マコーミック
イーサン・スミス
脚本
クリス・モーガン
ドリュー・ピアース
撮影:ジョナサン・セラ
編集:クリストファー・ラウズ
音楽:タイラー・ベイツ

出演
ルーク・ホブス:ドウェイン・ジョンソン
デッカード・ショウ:ジェイソン・ステイサム
ブリクストン:イドリス・エルバ
ハッティ・ショウ:ヴァネッサ・カービー
マグダレーン・ショウ:ヘレン・ミレン
マダムM/マルガリータ:エイザ・ゴンザレス
アンドレイコ:エディ・マーサン
サマンサ・ホブス:エリアナ・スア
ジョナ・ホブス:クリフ・カーティス
マテオ・ホブス:ジョー”ローマン・レインズ”アノアイ
ティモ・ホブス:ジョシュア・モーガ
カル・ホブス:ジョン・ツイ
セフィーナ・ホブス:ロリ・ペレニース・ツイサーノ
ロック:ライアン・レイノルズ
ローブ:ロブ・ディレイニー
ディンクリー:ケヴィン・ハート
税関職員:ジェームス・ドライデン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2019年製作 137分
公開
北米:2019年8月2日
日本:2019年8月2日
製作費 $200,000,000
北米興行収入 $173,956,940
世界 $759,056,940


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
MI6のハッティ・ショウ(ヴァネッサ・カービー)のチームは、殺人ウィルス”スノーフレーク”を確保しようとする作戦を実行する。

MI6でテロ組織”エティオン”のメンバーで、サイバー遺伝子により肉体を強化されたブリクストン(イドリス・エルバ)も、同じ現場に向かう。

トラックを襲いスノーフレークを確保したハッティは、現れたブリクストンに銃を向ける。

ブリクストンに仲間が襲われ、トラックでその場から逃れてハッティは、倉庫のシャッターを突き破り横転してしまう。

スノーフレークのカプセルを手にしたハッティは、それが注入可能であることを知る。

手のひらからスノーフレークを注入したハッティは、その場から姿を消す。

装置を確認したブリクストンは、ウィルスが注入されたことを知る。

隊員の無線でMI6本部に連絡したブリクストンは、ウィルスを奪ったハッティが逃亡したことを伝えて、彼女を捜そうとする。

DSS(アメリカ外交保安部)捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元イギリス軍特殊部隊員である元MI6のデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)は、それぞれが、ロサンゼルスロンドンで、ウィルスとエティオンの情報収集のために一暴れする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ワイルド・スピード」(2001)
・「ワイルド・スピードX2」(2003)
・「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(2006)
・「ワイルド・スピード MAX」(2009)
・「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011)
・「ワイルド・スピード EURO MISSION」(2013)
・「ワイルド・スピード SKY MISSION」(2015)
・「ワイルド・スピード ICE BREAK」(2017)
・「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(2019)

*(簡略ストー リー)
因縁があるDSS(アメリカ外交保安部)捜査官のルーク・ホブスと元イギリス軍特殊部隊員である元MI6のデッカード・ショウは、奪われた生物兵器ウィルス”スノーフレーク”を追うことになる。
ウィルスを奪ったのがショウの妹でMI6のハッティだと知ったホブスは、彼女の体内に注入されたウィルスを摘出する方法を考える。
ホブスらは、ウィルスを狙う、テロ組織”エティオン”のサイボーグ遺伝子で肉体強化されたブリクストンに襲われる。
ウィルスを開発した科学者アンドレイコを捕えたホブスとショウは、エティオンの研究所から、ウィルス摘出装置を奪うために、ハッティと共にモスクワ向かうのだが・・・。
__________

ワイルド・スピード」シリーズ9作めにして初のスピンオフ作品。

シリーズではお馴染みのルーク・ホブスとデッカード・ショウが、対立し合いながらも悪に立ち向かう設定であり、シリーズのレギュラーメンバーは登場せず、重量級の二人が暴れ回る迫力あるアクションは見応え十分。

スピンオフと割り切ればいいが、派手ではあるが、シリーズの雰囲気を楽しみたいファンには物足りない感じもする。

前2作が10億ドルを超メガヒットとなったシリーズだが、本作は、北米興行収入が約1億7400万ドル、全世界では約7億6000万ドルで、シリーズとしては平凡な記録に終わった。

主人公を演ずるドウェイン・ジョンソンジェイソン・ステイサムの迫力ある熱演は見もので、更にテロ組織のサイボーグ戦士役でイドリス・エルバが加わり、パワフルな戦いが繰り広げられる。

MI6の作戦部隊員でショウの妹を演ずるヴァネッサ・カービーは、その三人に負けない魅力的な役柄を好演している。

服役中のショウとハッティの母親ヘレン・ミレン、ショウの協力者である武器商人のエイザ・ゴンザレス、ウィルスを開発した科学者エディ・マーサン、ホブスの娘エリアナ・スア、ホブスの兄クリフ・カーティス、ホブスの家族ジョー”ローマン・レインズ”アノアイジョシュア・モーガジョン・ツイ、ホブスの母親ロリ・ペレニース・ツイサーノ、ホブスに指示を出すCIAであり、”エティオン”のディレクターとしてクレジットされていることに注目したいライアン・レイノルズCIAロンドン支局員ロブ・ディレイニー、ホブスとショウに協力する航空保安官のケヴィン・ハートなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021