4315 Movies

ジャッジ・ドレッド Dredd (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

イギリスの”Rebellion Developments”が発行するコミック”2000 AD”に1977年に初めて登場した、ジョン・ワグナーカルロス・エズキエラが創作したキャラクター”Judge Dredd”を基に製作された作品。
荒廃した大都市の秩序を守り、陪審員、裁判官、刑執行の権限を持つ”ジャッジ”の活躍と戦いを描く、監督ピート・トラヴィス、主演カール・アーバンオリヴィア・サールビーレナ・ヘディウッド・ハリス他共演の近未来SFアクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:ピート・トラヴィス
製作
アンドリュー・マクドナルド
アレックス・ガーランド
アロン・ライヒ
製作総指揮
スチュアート・フォード
ディーパック・ナヤル
アディ・シャンカル
原作
Judge Dredd
ジョン・ワグナー
カルロス・エズキエラ
脚本:アレックス・ガーランド
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
編集:マーク・エカズリー
音楽:ポール・レオナード=モーガン

出演
ドレッド:カール・アーバン
カサンドラ・アンダーソン:オリヴィア・サールビー
マデレーン”ママ”マドリガル:レナ・ヘディ
ケイ:ウッド・ハリス
ケイレブ:ウォーリック・グリア
チーフ・ジャッジ:ラキエ・アヨラ
コンピューターのエキスパート:ドーナル・グリーソン
レックス:ラングリー・カークウッド
アルヴァレス:エドウィン・ペリー
チャン:カール・サニング
キャプラン:ミシェル・レヴィン
ガスリー:フランシス・チャウラー
ヴォルト:ダニエル・ハデベ
TJ:デオビア・オパレイ
ビッグ・ジョー:ジョー・ヴァズ
ズワーナー:ジェイソン・コープ
ジャフェット:スコット・スパロー
キャシー:ニコル・ベイリー
アモス:ジュニア・シンゴ
フリール:ルーク・タイラー
ママのボディーガード:タメル・ブルジャック

イギリス/南アフリカ 映画
配給
Entertainment Film Distributors
ライオンズゲート
2012年製作 95分
公開
イギリス:2012年9月7日
北米:2012年9月21日
日本:2013年2月16日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $13,414,710
世界 $35,626,530


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
核戦争で荒廃した近未来のアメリカ。
8億人が住む東海岸の”メガシティ・ワン”の治安は崩壊し、人口過密により社会は混乱してギャングと銃が溢れていた。

その秩序を守り戦う者は、陪審員、裁判官、刑執行の権限を持つ”ジャッジ”と呼ばれていた。

その中のトップである”ジャッジ”ドレッド(カール・アーバン)は、出動命令を受けて、ある犯罪者を追跡して倒す。

チーフ・ジャッジ(ラキエ・アヨラ)に呼ばれたドレッドは、成績は平凡だが、強力な超能力を持つカサンドラ・アンダーソン(オリヴィア・サールビー)を1日だけ任務に同行させて指導するよう命ぜられる。

ピーチ・ツリー。
75000人が住む200階建てのビルを支配するギャングのボス、マデレーン”ママ”マドリガル(レナ・ヘディ)三人の裏切り者を捕え、スローモーションの幻覚が起きるドラッグ”スローモー”を吸わせて、地上に突き落とす。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
核戦争で荒廃した近未来のアメリカ。
8億人が住む東海岸の”メガシティ・ワン”の治安は崩壊し、秩序を守り戦う者は、陪審員、裁判官、刑執行の権限を持つ”ジャッジ”と呼ばれていた。
そのトップである”ジャッジ”ドレッドは、成績は良くないものの、強力な超能力を持つカサンドラの適正テストを兼ねて任務に同行させることを命ぜられる。
75000人が居住する200階建てのビル”ピーチ・ツリー”に向かったドレッドは、殺された三人が、スローモーションの幻覚が起きるドラッグ”スローモー”を吸っていたことを知る。
犯罪組織のボス”ママ”がビルを支配していることを知ったドレッドは、その部下であるケイを捕えて本部に連行しようとするのだが、ビルは封鎖されてしまう。
組織の秘密を知るケイを連行させるわけにはいかないママは、ドレッドとカサンドラを殺害する命令を出す。
応援も呼べず孤立したドレッドは、カサンドラの超能力などを使い、襲い掛かる敵に対抗してビルから脱出しようとするのだが・・・。
__________

シルヴェスター・スタローン主演によりヒットした「ジャッジ・ドレッド」(1995)のレメイクまたはリブートと言うのは間違いで、製作側は無関係だと発表している。

ピート・トラヴィスの演出は平凡で、近未来を舞台にしたアクションなのだが、製作費が4500万ドルに抑えられているため、派手さもなく視覚的な面白味にも欠けている。

ロボコップ”を彷彿させるような主人公が、無敵のヒーローである法の番人として活躍する内容は新鮮味もない。

興行収入も、北米で約1300万ドル、全世界で約3600万ドルに終わり製作費を回収することもできなかったが、続編が企画されているというのには驚く。

主演のカール・アーバンは、クールな主人公をスタイリッシュに演じているが、ヘルメットを被り一度も顔を見せることがないため、他の”ジャッジ”と区別しにくく、誰が演じてもよかったような印象を与えるのは、よろしくないのではなかろうか・・・。

一方、ヘルメットを被らずに任務に就き、小柄でか弱い雰囲気でありながら、強力な超能力を生かして主人公に協力する、”ジャッジ”になることを目指すオリヴィア・サールビー、超高層居住ビル”ピーチ・ツリー”を支配する犯罪組織のボス、レナ・ヘディ、その部下ウッド・ハリスとウォーリック・グリア、チーフ・ジャッジのラキエ・アヨラ、コンピューターのエキスパートのドーナル・グリーソン、”ママ”に買収される”ジャッジ”のラングリー・カークウッド、エドウィン・ペリー、カール・サニング、ミシェル・レヴィン、ビルの入り口で中に入ることができない”ジャッジ”のフランシス・チャウラーとダニエル・ハデベ、ビルの医療支部のデオビア・オパレイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020