4551 Movies

白い沈黙 The Captive (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

失踪した娘を捜し続ける父親とその妻の苦悩を描く、製作、原案、監督、脚本、編集アトム・エゴヤン、主演ライアン・レイノルズスコット・スピードマンロザリオ・ドーソンミレイユ・イーノスケヴィン・デュランド他共演のミステリー・スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:アトム・エゴヤン
製作
アトム・エゴヤン
シモーン・アードル
ジェニファー・ワイス
スティーブン・トレイナー
製作総指揮:パトリス・セロー
脚本
アトム・エゴヤン
デヴィッド・フレイザー
原案:アトム・エゴヤン
撮影:ポール・サロッシー
編集
アトム・エゴヤン
スーザン・シプトン
音楽:マイケル・ダナ

出演
マシュー・レイン:ライアン・レイノルズ
ジェフリー・コーンウォール:スコット・スピードマン
ニコール・ダンロップ:ロザリオ・ドーソン
ティナ・レイン:ミレイユ・イーノス
ミカ:ケヴィン・デュランド
カサンドラ”キャス”レイン:アレクシア・ファスト
カサンドラ”キャス”レイン(幼少期):ペイトン・ケネディ
ヴィンス・グレイ:ブルース・グリーンウッド
ダイアン・グレイ:アルシネ・カンジアン
テディ:ブレンダン・ガル
マイク:アーロン・プール
サム:ジェイソン・ブリッカー
フランク:ウィリアム・マクドナルド
アルバート:エイダン・シプリー
ウィリー:イアン・マシューズ
ヴィッキー:クリスティン・ホーム
ジェニファー:エラ・バレンタイン

カナダ 映画
配給 A24
2014年製作 112分
公開
北米:2014年12月12日
日本:2015年10月16日
北米興行収入 $1,075,180


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カナダオンタリオ州、ナイアガラフォールズ
児童虐待組織一員のミカ(ケヴィン・デュランド)は、誘拐監禁して8年が経つ少女カサンドラ”キャス”レイン(アレクシア・ファスト)の様子を見に行く。
__________

事件から4年後。
カフェに向かったカサンドラの母親ティナ(ミレイユ・イーノス)は、担当刑事のニコール・ダンロップ(ロザリオ・ドーソン)から、呆然としていたために心配され、娘の13歳の誕生日だからなのかと訊かれて、そうかもしれないと答える。

家に一人で住みたくないと言うティナは、夫のマシュー・レイン(ライアン・レイノルズ)とカサンドラが恋しいとニコールに伝える。
__________

スケートリンクに向かったマシューは、フィギュアスケートでオリンピックを目指していた、カサンドラのパートナーだったアルバート(エイダン・シプリー)の滑りを見守る。

その帰り道にマシューは、ヒッチハイクをする少女ペイジを車に乗せる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カナダオンタリオ州、ナイアガラフォールズ
造園業を営むマシュー・レインは、パイを買うために寄ったダイナーで、娘のカサンドラから数分間、目を離した隙に彼女が姿を消してしまう。
娘から目を話したことを妻ティナから責められたマシューは、警察に協力するものの、その後の捜査は難航する。
担当刑事のジェフリーは、暴行で逮捕歴があり生活にも行き詰るマシューを疑いつつ、同僚にニコールらと捜査を続ける。
児童虐待組織による誘拐の可能性がある事件は、8年が経過しても解決に至らずにいたが、ジェフリーは、子供達を勧誘する少女の映像をティナに見せて、それがカサンドラであることをほぼ断定する。
ティナとも別居していたマシューは、苦しみながらも単独でカサンドラを捜し続けるのだが・・・。
__________

製作、原案、監督、脚本、編集を務めるアトム・エゴヤン他、人気スター、ライアン・レイノルズら個性派の共演が注目のカナダ映画。

事件発生時の9年前と、その4年後、更に6年後と現在が行き来する構成になっているために、それを把握して鑑賞しないと少々戸惑ってしまう。

主人公を演ずるライアン・レイノルズはいつの時代にも容姿に変化がないが、妻役のミレイユ・イーノスは別人のように変化するので、それで各時代を判断する必要があり、アトム・エゴヤンの脚本と演出はやや凝り過ぎのようにも思え、評価もかなり低かった。
また、全編、雪に覆われた冬であるため、更に区別がつけ難い。

児童虐待組織の犯行を描く内容なのだが、その様子を映し出す映像はなく、8年間監禁されている少女には不自由ない居住空間と、勧誘係としての”任務”が与えられ、苦しみの中で生きている悲惨な雰囲気の描写がないのが本作の特徴で、ファンタジーかおとぎ話を見ているような本作の誘拐事件は陳腐にも思える。

主演のライアン・レイノルズは、突然の娘の失踪により苦しみながら捜索を続ける父親を熱演している。

主人公を疑いつつ捜査を続ける刑事スコット・スピードマン、彼の同僚で恋人でもある、犯罪に巻き込まれる事件の担当刑事ロザリオ・ドーソン、苦しみ続ける主人公の妻を好演するミレイユ・イーノス、ビジネスマンとして信頼されながらも、その陰で児童虐待組織を仕切る男を異様な雰囲気で演ずるケヴィン・デュランド、彼が務める開発会社社長のブルース・グリーンウッド、その妻アルシネ・カンジアン、誘拐される主人公の娘アレクシア・ファスト、その少女期ペイトン・ケネディ、児童虐待対策班の刑事ブレンダン・ガルアーロン・プールジェイソン・ブリッカー、ウィリアム・マクドナルド、失踪した少女とフィギュアスケートでペアを組む少年エイダン・シプリー、おとり捜査で逮捕される児童虐待組織の一員イアン・マシューズ、同じくクリスティン・ホーム、ジェフリー(スコット・スピードマン)の姪エラ・バレンタインなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021