4218 Movies

狼たちの午後 Dog Day Afternoon (1975)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1972年8月22日、ニューヨークブルックリンで実際に起きた銀行強盗事件を基に描く、監督シドニー・ルメット、主演アル・パチーノジョン・カザールクリス・サランドンチャールズ・ダーニング他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:シドニー・ルメット
製作
マーティン・ブレグマン

マーティン・エルファンド
脚本:フランク・ピアソン
撮影:ヴィクター・J・ケンパー
編集:デデ・アレン
音楽
エルトン・ジョン

ユーライア・ヒープ

出演
ソニー・ワージック:アル・パチーノ

サルヴァトーレ”サル”ナチュラル:ジョン・カザール
レオン・シャーマー:クリス・サランドン
ユージーン・モレッティ巡査部長:チャールズ・ダーニング
シェルドン捜査官:ジェームズ・ブロデリック
マーフィー捜査官:ランス・ヘンリクセン
マルヴァニー:サリー・ボイヤー
シルヴィア:ペネロペ・アレン
アンジェラ”アンジー”ウォルツキー:スーザン・ペレツ
ジェニー:キャロル・ケイン
ミリアム:マルシア・ジーン・カーツ
ソニーの父親:ドミニク・チアニーズ
ソニーの母親:ジュディス・マリナ
スティーヴィー:ゲイリー・スピングラー
デボラ:サンドラ・カザン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1975年製作 124分
公開
北米:1975年9月21日
日本:1976年3月13日
北米興行収入 $50,000,000


アカデミー賞 ■
第48回アカデミー賞
・受賞
脚本賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(アル・パチーノ)
助演男優(クリス・サランドン)
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1972年8月22日、ニューヨークブルックリン
うだるような暑い日、ソニー・ワージック(アル・パチーノ)、サルヴァトーレ”サル”ナチュラル(ジョン・カザール)、スティーヴィー(ゲイリー・スピングラー)の三人は、閉店間際の銀行の様子を窺う。

まずサルが店内に入り、その後ソニーがとスティーヴィーが続く。

サルは支店長マルヴァニー(サリー・ボイヤー)の元に向かい銃を向ける。

怯えるスティーヴィーに入り口を見張るよう指示したソニーは、箱に入れて持ち込んだ銃を取り出して行員に向け、動くなと叫ぶ。

スティーヴィーに警備員が動いたら撃てと指示したソニーだったが、スティーヴィーはビビってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1972年8月22日、ニューヨークブルックリン
うだるような暑い日、ソニー・ワージック、サル、スティーヴィーの三人は銀行を襲う。
行員らを人質に取ったソニーらだったが、金庫にはわずかな現金しかないことが分かりショックを受ける。
事件を知った警察は警戒を始め、モレッティ巡査部長がソニーに電話をかけて説得を始める。
250人の警官で周囲を包囲されたソニーらは、その場から逃げることができないまま焦るものの、集まった民衆が自分達を支持していることを知る。
やがて、極悪人ではないソニーらと人質には連帯感も生まれ、彼らは高飛びを考えるのだが・・・。
__________

1970年代初頭のアメリカ、社会制度や警察権力への不満、性差別など、社会派らしいシドニー・ルメットの、様々な問題を鋭く描く緊迫感のある演出が見どころの作品。

原題”Dog Day Afternoon”は真夏を意味する言葉であり、邦題の”狼”は的を得ていない。

劇中、汗だくの役者達の熱演が印象に残るが、実際の撮影は9月から行われ、吐く息の白さが画面で目立たないような工夫もされた。

また、役者の演技は殆どがアドリブであったということで、それが、臨場感のあるリアルな映像として効果を上げている。

地味な作品ではあるが、北米興行収入だけで約5000万ドルという大ヒットとなった。

2009年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第48回アカデミー賞では、脚本賞を受賞している。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(アル・パチーノ)
助演男優(クリス・サランドン)
編集賞

ゴッドファーザー」(1972)シリーズの成功などで若手ナンバーワンの実力者と評価されていた、アル・パチーノの迫真の演技は絶賛された。
実際の犯人John Wojtowiczに容姿が似ていたということで主演となったと言われる(ダスティン・ホフマンも候補)。
小柄で気弱な男である主人公を演ずる彼だが、その存在感は際立っている。

その「ゴッドファーザー」シリーズでアル・パチーノの兄を演じた強盗仲間のジョン・カザール、主人公のゲイのパートナーで当時のスーザン・サランドンの夫クリス・サランドン、犯人と交渉する巡査部長チャールズ・ダーニング、彼と交渉を代わるFBI捜査官のジェームズ・ブロデリック、同じく捜査官のランス・ヘンリクセン、主人公の妻スーザン・ペレツ、銀行支店長サリー・ボイヤー、行員ペネロペ・アレンキャロル・ケインマルシア・ジーン・カーツ、主人公の両親ドミニク・チアニーズジュディス・マリナなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020