4213 Movies

ビッグケーヒル Cahill, United States Marshal (1973)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

自分への反発から悪事に加担した息子達に手を焼きながら、悪党に立ち向かう連邦保安官の戦いを描く、ジョン・ウェイン主演、監督アンドリュー・V・マクラグレンジョージ・ケネディゲイリー・グライムズネヴィル・ブランド他共演の西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アンドリュー・V・マクラグレン
製作:マイケル・ウェイン
原作:バーニー・スレイター
脚本
ハリー・ジュリアン・フィンク

リタ・M・フィンク
撮影:ジョセフ・F・バイロック
編集:ロバート・L・シンプソン
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
ジョン・ウェイン:J・D・ケーヒル連邦保安官
ジョージ・ケネディ:エイブ・フレイジャー
ゲイリー・グライムズ:ダニエル”ダニー”ケーヒル
ネヴィル・ブランド:ライトフット
マリー・ウィンザー:ヘティ・グリーン
クレイ・オブライエン:ビリー・ジョー・ケーヒル
ダン・ヴァディス:ブラウニー
モーガン・ポール:ストラザー
ローヤル・ダーノ:マクドナルド
スコット・ウォーカー:ベン・ティルディ
ハリー・ケリーJr.:ハンク
ハンク・ウォーデン:アルバート
ウォルター・バーンズ:グレディ保安官
ポール・フィックス:老人
ジャッキー・クーガン:チャーリー・スミス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1973年製作 102分
公開
北米:1973年7月11日
日本:1973年10月13日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
連邦保安官J・D・ケーヒル(ジョン・ウェイン)は、一仕事を終え久しぶりに町に戻ろうとする。

その頃、泥酔して牢屋に入れられていたケーヒルの息子のダニー(ゲイリー・グライムズ)は、弟のビリー・ジョー(クレイ・オブライエン)と、その場にいたエイブ・フレイジャー(ジョージ・ケネディ)やブラウニー(ダン・ヴァディス)、ストラザー(モーガン・ポール)らにそそのかされて銀行強盗に加担する。

ビリー・ジョーが納屋に火をつけ、グレディ保安官(ウォルター・バーンズ)とハンク(ハリー・ケリーJr.)は、火を消そうと現場に向かう。

グレディ保安官は、銀行強盗に気づきその場に向かうが、フレイジャーに射殺されてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
追跡していた犯人を逮捕して、久し振りに町に戻った連邦保安官のJ・D・ケーヒルは、銀行強盗があったことを知る。
ケーヒルは、息子のダニーが、悪党のフレイジャーと牢屋にいたことを気にしながら、彼を助手にして犯人の捜索に向かう。
ダニーは、自分達を置き去りして仕事を続ける父ケーヒルに反発して、フレイジャーらの犯行に弟のビリー・ジョーを巻き込み加担したのだった。
コマンチのライトフットを雇い同行させたケーヒルは、山中で大金を持つ4人組を見つけ、彼らを強引に逮捕してしまう。
その後ケーヒルは、ダニーが何かを隠していることを察しながら4人を町に連行する。
ダニーは、無実の罪で処刑されることになる4人組を見て苦悩する。
そして、奪った金の隠し場所を変えたビリー・ジョーとダニーに、フレイジャーの魔の手が迫る・・・。
__________

1970年代に入っても、西部劇に拘り出演し続けたことだけでも尊敬に値する、ジョン・ウェイン晩年の作品。

作品の雰囲気やロケが、ジョン・ウェイン主演の「勇気ある追跡」(1969)にやや似ているのは、エルマー・バーンスタインの音楽や、途中の挿入歌、または子供が重要な役割を果たすからだろう。

ジョン・フォード一家の欠かせない存在ヴィクター・マクラグレンを父に持ち、フォードに可愛がられた監督アンドリュー・V・マクラグレンにとっても1960年代の初めからコンビを組んだウェインとは最後の作品となった。

ウェインの、迫力や存在感を十分に生かす、彼のフォード仕込みの演出は見応え十分。

特に、銀行強盗の容疑者4人を連行して町に帰る途中、彼らをリンチにかけようとする数十人の自警団に対して、”寒さと空腹と疲れで気が短くなっている・・・どけ!、面倒だ!”と言い放ち、その連中に有無を言わせず立ち去っていく、強引さと迫力で他を圧倒するのシーンは、実にウェインらしい演出だ。

衣装やバンダナを何度も変えるウェインは、貫禄だけでなく、いつもながらコスチュームにこだわりを見せている。

A・V・マクラグレンを含め、まるでジョン・フォードへのオマージュのように、フォード一家を支えた二人、ハリー・ケリーJr.ハンク・ウォーデンの登場シーンを、短いながらも丁寧に撮っているところも注目だ。

作品の内容はどうあれ、ファンとしては彼らが出演するだけで嬉しい。

ウェインの敵役としては、このくらいの巨漢でなければ釣り合いがとれないとも言える、ウェイン作品「エルダー兄弟」(1965)でも悪役を演じたジョージ・ケネディも迫力では負けていない。

いつもは極悪人が良く似合うネヴィル・ブランドが、ウェインの相棒として好演していたのが印象的だ。

実際には60代半ばである、ウェイン息子というより孫のような息子役ゲイリー・グライムズとクレイ・オブライエンも、なかなか奮闘している。

ウェイン作品では、子供と交流する作品が多く、熊のような巨漢のウェインと、小さな子供が意外に絵になり、厳しく育てる場面を取り入れながら、作品に和やかなムードを漂わせる、子役の使い方が実にうまい。

下宿屋の女主人マリー・ウィンザー、悪党一味のダン・ヴァディスモーガン・ポール、殺される保安官ウォルター・バーンズ、捕らえられる4人組の老人ポール・フィックス、主人公に馬を売る農夫のローヤル・ダーノチャップリンの「キッド」(1921)の少年役ジャッキー・クーガンも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020