4260 Movies

名探偵ピカチュウ Detective Pikachu (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

任天堂のゲームソフトシリーズ”ポケットモンスター”の”名探偵ピカチュウ”を基にした実写映画。
事故に遭い姿を消した父親を捜す青年とポケモンのピカチュウの活躍を描く、監督、脚本ロブ・レターマン、主演ライアン・レイノルズジャスティス・スミスキャスリン・ニュートンビル・ナイ渡辺謙他共演のミステリー・アクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ロブ・レターマン

製作
片上秀長
ドン・マッゴーワン
メアリー・ペアレント
ケイル・ボイター
製作総指揮
ジョー・カラッシオロJr.
アリ・メンデス
石原恒和
大久保賢司
宮原俊雄
ヒロ・マツオカ
コウジ・ウエダ
原作
名探偵ピカチュウ
任天堂
ポケモン
クリーチャーズ
ポケットモンスター
田尻智
原案
ダン・ヘルナンデス
ベンジー・サミット
ニコール・パールマン
脚本
ダン・ヘルナンデス
ベンジー・サミット
ロブ・レターマン
デレク・コノリー
撮影:ジョン・マシソン
編集
マーク・サンガー
ジェームズ・トーマス
音楽:ヘンリー・ジャックマン

出演
名探偵ピカチュウ:ライアン・レイノルズ/大谷育江
ティム・グッドマン:ジャスティス・スミス
ルーシー・スティーヴンス:キャスリン・ニュートン
ハワード・クリフォード:ビル・ナイ
ロジャー・クリフォード:クリス・ギア
ヒデ・ヨシダ:渡辺謙
ミス・ノーマン:スキ・ウォーターハウス
セバスチャン:オマール・チャパーロ
アン・ローラン博士:リタ・オラ
ジャック:カラン・ソーニ
ティムの祖母:ジョゼット・サイモン
DJ:ディプロ
ポケモントレーナー:竹内涼真

アメリカ/日本 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2019年製作 104分
公開
北米:2019年5月10日
日本:2019年5月3日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $144,105,350
世界 $433,005,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ポケモンの世界。
人造ポケモン、ミュウツゥーは、ポッドを破壊して脱出し、逃走した車を追う。

暴走する車は、ハンドルを誤り橋の下に転落する。

かつてポケモントレーナーになる夢があった保険査定員として働く21歳の青年ティム・グッドマン(ジャスティス・スミス)は、友人ジャック(カラン・ソーニ)と共にポケモンのカラカラを見つける。

ティムはモンスターボールを投げるものの、カラカラに反撃されて逃げる。

街に戻ったティムは、ライムシティ警察からの連絡を受け、父ハリーが亡くなったことを知らされる。

電車で移動するティムは、ポケモンのベロリンガに顔を舐められ、ライムシティの紹介ビデオを観る。

人とポケモンが共存する世界の実現のために研究を続けてライムシティを造った、”CNM”の会長ハワード・クリフォード(ビル・ナイ)と息子のロジャー(クリス・ギア)が紹介される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
人間とポケモンが共存する世界。
ポケモントレーナーになることを諦めた保険会社の検査員ティムは、父ハリーの事故死を知りライムシティに向かう。
父の同僚であるヨシダ警部補から事情を聞いたティムは、父のアパートに向かう。
そこでティムは、記憶を失った父のパートナーであるポケモンのピカチュウに出会う。
ティムは、父は生きていると言うピカチュウと共に、その場にあったカプセルのガス”R”を手掛かりに、事件に巻き込まれたと思われる父を捜そうとするのだが・・・。
__________

任天堂の人気ゲームソフトシリーズ”ポケットモンスター”の”名探偵ピカチュウ”を基にした実写映画。

事故に遭い姿を消した父親を捜す青年と、ポケモンのピカチュウの活躍を描くミステリー・アクション・コメディ。

「シャーク・テイル」(2004)、「モンスターVSエイリアン」(2009)、「ガリバー旅行記」(2010)など、ヒット作を連発しているロブ・レターマンが、脚本を兼ねて監督した作品。

製作費に1億5000万ドルをかけた超大作であり、最新の特殊効果などを駆使した映像などは驚くべきものとは言えないまでも、ミステリー・アクションとして、大人でも十分に楽しめる手抜きのない作品に仕上がっている。

ピカチュウの声を担当する人気スターのライアン・レイノルズや、ベテランの実力派ビル・ナイの出演などが物語に重みを加え、キッズ映画には終わっていないところなどが注目だ。

北米興行収入は約1億4400万ドル、全世界では約4億3300万ドルの大ヒットとなり、続編の製作が期待される。

ピカチュウの声と、ラストで登場する別人の身体を借りたティムの父親(魂)を演ずるライアン・レイノルズ、ピカチュウの鳴き声、大谷育江、事故に遭い姿を消した父親をピカチュウと共に捜す青年ティム・グッドマンのジャスティス・スミス、彼に協力するCNMの新人記者キャスリン・ニュートン、ポケモンと人間との共存を研究するCNMの会長ビル・ナイ、その息子で社長のクリス・ギア、ティムの父親の同僚である警部補の渡辺謙、CNM会長の秘書スキ・ウォーターハウス、自分のポケモンのリザードンが敗れたことでピカチュウに再戦を挑む男オマール・チャパーロ、ポケモンの遺伝子研究施設”PCL”の科学者リタ・オラ、ティムの親友カラン・ソーニ、ティムの祖母ジョゼット・サイモン、DJのディプロ、ポケモントレーナーの竹内涼真などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020