4260 Movies

ウインド・リバー Wind River (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

先住民の少女殺害事件に協力する地元のハンターとFBIの捜査を描く、監督、脚本テイラー・シェリダン、主演ジェレミー・レナーエリザベス・オルセングラハム・グリーン他共演のミステリー犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:テイラー・シェリダン

製作
ベイジル・イヴァニク
ピーター・バーグ
マシュー・ジョージ
ウェイン・L・ロジャーズ
エリザベス・A・ベル
製作総指揮
エリカ・リー
ジョナサン・ファーマン
ブレイデン・アフターグッド
クリストファー・H・ワーナー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
デヴィッド・グラッサー
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ロバート・ジョーンズ
ニック・バウアー
ディーパック・ナヤール
ティム・ホワイト
トレヴァー・ホワイト
ニコラス・シャルティエ
ジョナサン・デクター
ヴァンサン・マラヴァル
ブラヒム・シウア
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ベン・リチャードソン
編集:ゲイリー・D・ローチ
音楽
ニック・ケイヴ
ウォーレン・エリス

出演
コリー・ランバート:ジェレミー・レナー
ジェーン・バナー:エリザベス・オルセン
ベン・ショーヨー:グラハム・グリーン
ナタリー・ハンソン:ケルシー・チャウ
マーティン・ハンソン:ギル・バーミンガム
ウィルマ・ランバート:ジュリア・ジョーンズ
チップ・ハンソン:マーティン・センスマイヤー
アニー・ハンソン:アルテア・サム
ケイシー・ランバート:テオ・ブリオネス
ダン・クロウハート:エイペザナクウェイト
アリス・クロウハート:タントゥー・カーディナル
マット・レイバーン:ジョン・バーンサル
ピート・ミケンズ:ジェームズ・ジョーダン
カーティス:ヒュー・ディロン
ディロン:マシュー・デル・ネグロ
カール:オースティン・グラント
エヴァン:イアン・ボーエン
ランディ・ホワイトハースト医師:エリック・ラング
フランク・ウォーカー:タイラー・ララッカ
サム・リトルフェザー:ジェラルド・トカラ・クリフォード

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2017年製作 107分
公開
北米:2017年8月4日
日本:2018年7月27日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $33,800,860
世界 $43,980,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ワイオミング州、ウインド・リバー・インディアン居留地
ある日の夜、18歳のナタリー・ハンソン(ケルシー・チャウ)は、逃げるように裸足で雪原を走る。

ランダー
合衆国魚類野生生物局”のハンター、コリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は、別れた妻ウィルマ(ジュリア・ジョーンズ)の家に向かい、息子のケイシー(テオ・ブリオネス)と過ごすために彼を預かる。

ランバートとウィルマは、娘のエミリーを亡くしていた。

ケイシーと牧場に向かったランバートは、息子に馬の扱いを教える。

ウインド・リバー・インディアン居留地
その後、ウィルマの実家に向かったランバートは、義父ダン・クロウハート(エイペザナクウェイト)とその妻アリス(タントゥー・カーディナル)にケイシーを預ける。

ダンと共に襲われた牛の死体を確認したランバートは、スノーモービルで狩りにでかける。

数キロ移動した地点で、人の足跡と血痕を見つけたランバートは、その先でナタリーの死体を発見する。

ナタリーは凍死したと思われ、ランバートは、”BIA”(インディアン事務局 法執行局)管轄下の部族警察に連絡する。

ダンの家に戻ったランバートは、吹雪の中、駆け付けた警察署長ベン・ショーヨー(グラハム・グリーン)と共にFBI捜査官を待つ。

ようやく現れたFBI捜査官のジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が、軽装備だったために防寒対策をさせたランバートは、彼女とショーヨーと共に現場に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ワイオミング州、ウインド・リバー・インディアン居留地
合衆国魚類野生生物局”のハンター、コリー・ランバートは、3年前に亡くなった娘の友人だった、先住民の少女ナタリーの死体を雪山で発見する。
FBI捜査官のバナーが到着し、ランバートは、”BIA”(インディアン事務局 法執行局)管轄下の部族警察署長ショーヨーとの捜査に協力することになる。
検視結果で、ナタリーがレイプされ、逃げた際に冷気で肺が破裂したことが死因だと分かる。
ナタリーの父親で友人のマーティンと話したランバートは、悪党のサムと付き合うヤク中の息子チップが、事件に関係しているかもしれないと言われ、バナーとショーヨーと共に彼らの元に向かうのだが・・・。
__________

脚本家としても知られるテイラー・シェリダンが、本作でも脚本を兼ねて監督した作品。

批評家から高い評価を受けたテイラー・シェリダンは、第70回カンヌ国際映画祭の”ある視点”部門で監督賞を受賞した。

先住民の少女殺害事件に協力する”合衆国魚類野生生物局”の地元ハンターとFBIの捜査を描く、アメリカが抱える社会問題を背景にしたミステリー犯罪ドラマ。

過酷な雪山、そして先住民居留地で生きぬくことの厳しさに加え、最愛の娘を失った悲しみに耐える主人公が、強い意志で困難に立ち向かい、それから逃れるべきではないと考える姿が、観る者の心を打つ。

主演のジェレミー・レナーは、辛い過去を忘れることなく向かい合い生きる男を見事に演じている。

事件調査のためだけに派遣されるものの、主人公と協力して捜査を行うFBI捜査官のエリザベス・オルセン、”BIA”(インディアン事務局 法執行局)管轄下の部族警察署長グラハム・グリーン、犠牲者となる先住民の少女ケルシー・チャウ、主人公の友人である少女の両親ギル・バーミンガムとアルテア・サム、その息子マーティン・センスマイヤー、主人公の元妻ジュリア・ジョーンズ、その息子テオ・ブリオネス、その祖父母エイペザナクウェイトタントゥー・カーディナル、死亡した少女の恋人で石油掘削所の警備員ジョン・バーンサル、彼と揉めて少女をレイプする同僚ジェームズ・ジョーダン、同じくヒュー・ディロンマシュー・デル・ネグロBIAのオースティン・グラントとイアン・ボーエン、検視医のエリック・ラング、悪党のタイラー・ララッカとジェラルド・トカラ・クリフォードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020