4907 Movies

愛の勝利 Dark Victory (1939)

不治の病に侵された女性と献身的な医師との愛を描く、監督エドマンド・グールディング、主演ベティ・デイヴィスジョージ・ブレントハンフリー・ボガートジェラルディン・フィッツジェラルドロナルド・レーガンヘンリー・トラヴァース他共演のメロドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ロマンス)

ベティ・デイヴィス / Bette Davis / Pinterest
ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:エドマンド・グールディング

製作総指揮:ハル・B・ウォリス
原作
Dark Victory”(戯曲)
ジョージ・エマーソン・ブリューワーJr.
バートラム・ブロック
脚本:ケイシー・ロビンソン
撮影:アーネスト・ホーラー
編集:ウィリアム・ホームズ
音楽:マックス・スタイナー

出演
ジュディス・トラハーン:ベティ・デイヴィス
フレデリック・スティール:ジョージ・ブレント
マイケル・オリアリー:ハンフリー・ボガート
アン・キング:ジェラルディン・フィッツジェラルド
アレック・ハム:ロナルド・レーガン
パーソンズ医師:ヘンリー・トラヴァース
キャリー・スポッツウッド:コーラ・ウィザースプーン
ウェインライト:ドロシー・ピーターソン
マーサ:ヴァージニア・ブリサック
マントル大佐:チャールズ・リッチマン
カーター医師:ハーバート・ローリンソン
ドリスコル医師:レオナルド・ムディエ
ドッド:フェイ・ヘルム
ルーシー:ロッティ・ウィリアムズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1939年製作 104分
公開
北米:1939年4月22日
日本:1948年6月8日
製作費 $1,000,000


アカデミー賞
第12回アカデミー賞

・ノミネート
作品
主演女優(ベティ・デイヴィス
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロングアイランド
父の遺産を継いだ富豪令嬢のジュディス・トラハーン(ベティ・デイヴィス)は、何不自由なく暮らしていた。

ある朝、厩務員のマイケル・オリアリー(ハンフリー・ボガート)に起こされたジュディスは、愛馬チャレンジャーを買いたい者がいると言われるものの、売る気はなかった。

ジュディスは、秘書で親友のアン・キング(ジェラルディン・フィッツジェラルド)と共に乗馬クラブに向かう。

親友のアレック・ハム(ロナルド・レーガン)と話したジュディスは、友人のキャリー・スポッツウッド(コーラ・ウィザースプーン)にチャレンジャーを売る話になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ロングアイランド
父の遺産を継いだ富豪令嬢のジュディス・トラハーンは、何不自由なく暮らしていた。
そんなジュディスは、頭痛やめまいに悩み、親友であり秘書のアンは彼女のことを心配する。
主治医のパーソンズは、バーモントに移る予定だった友人である脳外科医スティールを説得し、ジュディスを診察してもらう。
ジュディスのことが気になるスティールは、留まる決意をして献身的に治療を始めるのだが・・・。
__________

1934年に上演された、ジョージ・エマーソン・ブリューワーJr.とバートラム・ブロックの戯曲”Dark Victory”を基に製作された作品。

不治の病に侵された女性と、彼女のために献身的に尽くす医師との愛を描くメロドラマ。

ハル・B・ウォリスが製作総指揮を担当し、「グランド・ホテル」(1932)などで知られるエドマンド・グールディングが監督した作品。
1935年にデヴィッド・O・セルズニックが、「グランド・ホテル」でエドマンド・グールディングと組んだグレタ・ガルボと、相手役にフレドリック・マーチを起用して製作を企画したが、ガルボが「アンナ・カレニナ」(1935)の出演を選んだために実現しなかった。

1963年のスーザン・ヘイワード主演作「愛の勝利/Stolen Hours」は、本作のリメイク。

第12回アカデミー賞では、作品、主演女優(ベティ・デイヴィス)、作曲賞にノミネートされた。

主人公が死を覚悟する痛々しい雰囲気で終わるドラマなのだが、ヒロインを演ずるベティ・デイヴィスが圧倒的な存在感且つ強烈なイメージでそれを演じ、エドマンド・グールディングの力強い演出が見どころの作品でもある。

また、ベティ・デイヴィスと主人公に惹かれながらを献身的に治療する脳外科医を好演するジョージ・ブレントにとっては、前年の「黒蘭の女」(1938)に続く8作目の共演作である。
*2人は11作で共演した。

主人公に雇われる厩務員で彼女に惹かれる役柄を、彼にしては地味に演ずるハンフリー・ボガート、主人公を支える友人である秘書を好演するジェラルディン・フィッツジェラルド、主人公の親友ロナルド・レーガン、主人公の主治医ヘンリー・トラヴァース、主人公の愛馬を買おうとする友人コーラ・ウィザースプーン、スティール(ジョージ・ブレント)のアシスタント役ドロシー・ピーターソン、主人公の屋敷の家政婦ヴァージニア・ブリサック、主人公の友人チャールズ・リッチマン、スティールの友人である医師のハーバート・ローリンソン、主人公を検査する医師のレオナルド・ムディエ、主人公の友人ロッティ・ウィリアムズ、看護師のフェイ・ヘルムなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022