4373 Movies

アンナ・カレニナ Anna Karenina (1935)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1877年に発表された、レフ・トルストイの小説”アンナ・カレーニナ”を基に製作された作品。
ロシア政府高官夫人と青年士官との恋を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督クラレンス・ブラウン、主演グレタ・ガルボフレドリック・マーチモーリン・オサリヴァンフレディ・バーソロミューベイジル・ラスボーンレジナルド・オーウェン他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)

グレタ・ガルボ / Greta Garbo / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:クラレンス・ブラウン
製作:デヴィッド・O・セルズニック
原作:レフ・トルストイアンナ・カレーニナ
脚本
クレメンス・ダン
サルカ・ヴィアテル
S・N・バーマン
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ
編集:ロバート・カーン
音楽:ハーバート・ストサート

出演
アンナ・カレニナ:グレタ・ガルボ
アレクセイ・ヴロンスキー伯爵:フレドリック・マーチ
キティ:モーリン・オサリヴァン
セルゲイ:フレディ・バーソロミュー
カレニン:ベイジル・ラスボーン
ヴロンスカヤ伯爵夫人:メイ・ロブソン
スティーヴァ・オブロンスキー:レジナルド・オーウェン
ドリー:フィービー・フォスター
ヤシュヴィン:レジナルド・デニー
レヴィン:ジャイルズ・アイシャム
リリ:ジョーン・マーシュ
カルタソフ夫人:エセル・グリフィス
マトヴェ:ハリー・ベレスフォード
タニア:コーラ・スー・コリンズ
ソロキナ王女:メアリー・フォーブス
コード:ハリー・アレン
マホティン:ミシャ・オウア
カレニン家の使用人:サラ・パッデン
士官:ハリー・コーディング
執事:オラフ・ヒュッテン

アメリカ 映画
配給 MGM
1935年製作 95分
公開
北米:1935年8月30日
日本:1936年4月3日
製作費 $1,152,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1870年代、ロシアモスクワ
兵士達と会合を開いていた護衛部隊の士官アレクセイ・ヴロンスキー伯爵(フレドリック・マーチ)は、友人スティーヴァ・オブロンスキー(レジナルド・オーウェン)が、妻ドリー(フィービー・フォスター)でない女性と同席していることに気づき声をかける。

ウォッカを飲み続けるゲームが始まり、ヴロンスキーは最後まで倒れなかった。

スティーヴァとサウナに向かったヴロンスキーは、サンクトペテルブルクから訪ねて来る母を駅に迎えに行くことを伝える。

スティーヴァは、政府高官カレニン(ベイジル・ラスボーン)の妻で、妹のアンナ・カレニナ(グレタ・ガルボ)を自分も迎えに行くことをヴロンスキーに伝える。

駅のホームに向かったヴロンスキーは母(メイ・ロブソン)の車両を確認し、降りてきた女性(グレタ・ガルボ)と目が合い、その美しさに心奪われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1870年代、ロシアモスクワ
政府高官カレニン夫人であるアンナ・カレニナは、護衛部隊の青年士官ヴロンスキーと出会う。
美しいアンナに惹かれたヴロンスキーは、彼女に好意を伝えるものの、夫と息子がいる身の彼女に受け入れてもらえない。
サンクトペテルブルグに戻り、最愛の息子セルゲイと過ごす時間を楽しみにするアンナだったが、地位と家柄だけを気にするカレニンとの関係は冷めきっていた。
そんなアンナは、やがて、自分にすべてを捧げると言うヴロンスキーの愛を受け入れてしまうのだが・・・。
__________

レフ・トルストイの代表作である原作を基に、1927年のサイレント映画でもアンナ・カレニナを演じたグレタ・ガルボが、再び同じ役を演じたことで話題になった作品。

人間を超越した雰囲気があるグレタ・ガルボは、どことなく愛が似つかわしくないとい・・・というところがまた彼女らしくもあり、ニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞している。

ガルボは、ロマンスよりも息子に愛情を注ぐシーンの方が表情が豊かであり、撮影当時29歳の彼女の母性を感じさせてくれる演技は注目だ。

ガルボと言えばクラレンス・ブラウンということになる、彼の演出は本作ではやや単調なのだが、デヴィッド・O・セルズニックの豪華嗜好はふんだんに盛り込まれ、衣装なども含めセットの素晴らしさなどは見どころの一つだ。

主人公との愛を掴むものの、男として歩む道を選び別れるアレクセイ・ヴロンスキー伯爵のフレドリック・マーチ、主人公の兄スティーヴァ・オブロンスキーのレジナルド・オーウェン、そのドリーのフィービー・フォスター、その妹キティのモーリン・オサリヴァン、彼女と結婚する青年ジャイルズ・アイシャム、主人公の息子を演ずる名子役フレディ・バーソロミュー、主人公の夫である政府高官カレニンのベイジル・ラスボーン、ヴロンスキーの母親メイ・ロブソン、ヴロンスキーの友人である士官のレジナルド・デニー、ヴロンスキーに惹かれる女性ジョーン・マーシュ、オペラ会場で主人公を侮辱する夫人エセル・グリフィス、他ハリー・ベレスフォードコーラ・スー・コリンズメアリー・フォーブスハリー・アレンミシャ・オウアサラ・パッデンハリー・コーディングオラフ・ヒュッテンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021