4261 Movies

狂へる悪魔 Dr. Jekyll and Mr. Hyde (1920)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1886年に発表された、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説”ジキル博士とハイド氏”を基に製作された作品。
人間の内面に潜む善悪を知った医学博士が人格分裂する姿を描く、監督ジョン・S・ロバートソン、主演ジョン・バリモアブランドン・ハーストマーサ・マンスフィールドチャールズ・ウィリス・レーン他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・S・ロバートソン

製作
アドルフ・ズーカー
ジェシー・L・ラスキー
原作:ロバート・ルイス・スティーヴンソンジキル博士とハイド氏
脚本:クララ・S・ベレンジャー
撮影:ロイ・F・オーヴァーボウ

出演
ヘンリー・ジキル博士/エドワード・ハイド氏:ジョン・バリモア
ジョージ・カルー卿:ブランドン・ハースト
ミリセント・カルー:マーサ・マンスフィールド
リチャード・ラニョン博士:チャールズ・ウィリス・レーン
エドワード・エンフィールド:セシル・クローバリー
ジーナ:ニタ・ナルディ
ミュージック・ホールの支配人:ルイス・ウォルヘイム
ジョン・アターソン:J・マルコム・ダン
プール:ジョージ・スティーヴンス

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1920年製作 79分
公開
北米:1920年3月18日
日本:1921年2月18日


アカデミー賞
第回アカデミー賞

・受賞

・ノミネート


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1880年代後半、ロンドン
理想主義者、博愛主義者である医学博士のヘンリー・ジキル(ジョン・バリモア)は、神秘的な考えの持ち主だった。

一方、ジキルの友人リチャード・ラニョン博士(チャールズ・ウィリス・レーン)は保守的だった。

忠実な使用人プール(ジョージ・スティーヴンス)から診察の時間だと言われてジキルは、ラニョンと共に研究室を出る。

ジキルは、貧しい人々のために診療所を運営していた。

優雅に暮らすジョージ・カルー卿(ブランドン・ハースト)の娘ミリセント(マーサ・マンスフィールド)は、何不自由なく育ちジキルとは恋仲だった。

カルー邸を訪れたジョン・アターソン(J・マルコム・ダン)は、心を寄せるミリセントからジキルのことを訊かれ、実験に明け暮れ研究室にこもる生活をしていると答える。

...全てを見る(結末あり)

解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1880年代後半、ロンドン
医学博士のヘンリー・ジキルは、慈善家として貧しい人々のために診療所を運営していた。
恋人ミリセントの父カルーから、人間には善と悪の二面性があり、野蛮な側面による誘惑を排除することはできないと言われたジキルは、ある実験を始める。
試薬が完成して飲んだジキルは、邪悪な心の持ち主”エドワード・ハイド”に姿を変え、闇の世界を探ろうとするのだが・・・。
__________

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの代表的な小説”ジキル博士とハイド氏”を基に製作された作品。

善良で慈悲深い医学博士ヘンリー・ジキルが、人間の内面にある善と悪について研究し、別人格である邪悪な”エドワード・ハイド”に姿を変えた末に、破滅への道を歩む姿を描く物語。

1920年公開当時の技術を駆使した特撮などが興味深い作品なのだが、善良な慈善家である上品な青年医師が、悪魔のような別人格に姿を変えるシーンでの、派手なメイクは使わず表情だけでそれを伝える、主人公を演ずるジョン・バリモアの演技は注目だ。

19世紀のロンドンの街並みを再現したセットの仕上がりなども見事で、ゴシック・ホラー的な雰囲気を伝える映像も素晴らしい。

主人公のジキルに生き方について意見する貴族のブランドン・ハースト、その娘であるジキルの恋人マーサ・マンスフィールド、ジキルの友人である医師チャールズ・ウィリス・レーン、カルー(ブランドン・ハースト)に招待される友人セシル・クローバリー、ミュージック・ホールのダンサー、ニタ・ナルディ、ミュージック・ホールの支配人ルイス・ウォルヘイム、ヒロインに惹かれる青年J・マルコム・ダン、ハイドの忠実な使用人ジョージ・スティーヴンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020