4315 Movies

パパVS新しいパパ2 Daddy’s Home 2 (2017)

  •  
  • 10
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2015年に公開されたヒット作「パパVS新しいパパ」の続編。
クリスマスを過ごすことになった二組の共同家族が巻き起こす騒動を描く、監督、製作総指揮、原案、脚本ショーン・アンダース、製作、主演ウィル・フェレルマーク・ウォルバーグ(製作総指揮兼)、メル・ギブソンジョン・リスゴーリンダ・カーデリーニジョン・シナ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ショーン・アンダース

製作
アダム・マッケイ
クリス・ヘンチー
ウィル・フェレル
ケヴィン・J・メシック
ジョン・モリス
製作総指揮
ショーン・アンダース
マーク・ウォルバーグ
モリー・アレン
スティーヴン・レヴィンソン
原作:ブライアン・バーンズ(キャラクター創造)
原案
ショーン・アンダース
ジョン・モリス
脚本
ショーン・アンダース
ジョン・モリス
撮影:ジュリオ・マカット
編集:ブラッド・ウィルハイト
音楽:マイケル・アンドリュース

出演
ブラッド・ウィテカー:ウィル・フェレル
ダスティ・メイロン:マーク・ウォルバーグ
カート・メイロン:メル・ギブソン
ドン・ウィテカー:ジョン・リスゴー
サラ・ウィテカー:リンダ・カーデリーニ
ロジャー:ジョン・シナ
メーガン・メイロン:スカーレット・エステヴェス
ディラン・メイロン:オーウェン・ヴァッカロ
カレン・メイロン:アレッサンドラ・アンブロジオ
アドリアナ:ディディ・コスティン
ジェリー:ビル・バー
本人:チェズレイ・サレンバーガー
本人:リーアム・ニーソン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2017年製作 100分
公開
北米:2017年11月10日
日本:未公開
製作費 $69,000,000
北米興行収入 $104,029,440
世界 $180,613,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ブラッド・ウィテカー(ウィル・フェレル)とダスティ・メイロン(マーク・ウォルバーグ)は和解し、二人の家を行き来するダスティの子供達メーガン(スカーレット・エステヴェス)とディラン(オーウェン・ヴァッカロ)と共に慌ただしい日々を送っていた。

妻サラ(リンダ・カーデリーニ)を伴い子供達のクリスマス合唱会に向かったブラッドは、ダスティと再婚相手で作家のカレン(アレッサンドラ・アンブロジオ)と共に発表会を楽しむ。
*サラはダスティの元妻

ダスティの娘メーガンは、二軒の家を行き来せずに普通の家族のようなクリスマスを過ごしたいとステージでスピーチする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「パパVS新しいパパ」(2015)
・「パパVS新しいパパ2」(2017)

*(簡略ストー リー)
和解したブラッド・ウィテカーとダスティは、互いの家を行き来する子供達のことを考え、クリスマスを一緒に過ごすことを考える。
ブラッドの父ドンとダスティの父カートと共に雪のリゾート地に向かった家族は、クリスマスの準備を始める。
楽しいはずのクリスマス休暇だったが、家族に様々な問題が起きて騒動になる。
ドンが母と離婚したことを隠していたを知ったブラッドはショックを受け、ダスティは、強引で風変わりなカートに手古摺りながらクリスマスを迎えるのだが・・・。
__________

子供達が実父の家を行き来することが幸せでないことに気づいた主人公が、クリスマスは家族全員で過ごそうと考えるものの、様々な問題に直面しながら巻き起こす騒動を描く爆笑ファミリー・コメディ。

大ヒットした前作に続き、豪華スター競演による楽しい内容なのだが、両作とも日本では劇場未公開だというのは疑問だ。

前作には及ばなかったものの、北米興行収入は1億ドルを突破し、全世界では約1億8000万ドルのヒットとなった。
*前作
北米興行収入 $150,357,140
世界 $242,786,140

今回は、インパクトのある主人公二人に加えて、個性的なそれぞれの父親が家族の休暇に加わり、彼らが騒動の原因を作り大いに笑わせてくれる。

笑いのツボを押さえるショーン・アンダースの軽快な演出と脚本は注目で、おませな娘達とひ弱な息子の育て方に手古摺る大人達のかみ合わない行動が実に愉快に描かれている。

主演のウィル・フェレルは、気のいい真面目な男性を彼らしく演じ、終盤では得意の歌も披露してくれる。

ワイルドなタフガイだが不器用な父親を演ずるマーク・ウォルバーグは、自分を上回る強引で暴力的な父メル・ギブソンの扱いに四苦八苦する男性を熱演している。

離婚が発覚して戸惑う主人公の父親ジョン・リスゴー、主人公の妻でダスティ(マーク・ウォルバーグ)の元妻リンダ・カーデリーニ、ダスティの妻アレッサンドラ・アンブロジオの元夫ジョン・シナ、その娘ディディ・コスティン、ダスティの娘スカーレット・エステヴェス、息子のオーウェン・ヴァッカロ、前作にも登場した父兄のビル・バー、主人公の継父である、旅客機をハドソン川に不時着させて英雄となったチェズレイ・サレンバーガー、ポスターパネルや声で登場するリーアム・ニーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020