4504 Movies

シンデレラ Cinderella (2021)

  •  
  •  
  • 15
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

シャルル・ペローの名作童話”シンデレラ”を基に製作された、監督、脚本ケイ・キャノン、主演カミラ・カベロイディナ・メンゼルニコラス・ガリツィンミニー・ドライヴァーピアース・ブロスナンビリー・ポーター他共演のロマンチック・ミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:ケイ・キャノン
製作
ジェームズ・コーデン
レオ・パールマン
ジョナサン・カディン
シャノン・マッキントッシュ
原作:シャルル・ペローシンデレラ
脚本:ケイ・キャノン
撮影:アンドリュー・ダン
編集:ステイシー・シュローダー
音楽:ジェシカ・ワイス

出演
エラ/シンデレラ:カミラ・カベロ
ヴィヴィアン:イディナ・メンゼル
ロバート王子:ニコラス・ガリツィン
ベアトリス女王:ミニー・ドライヴァー
ローワン王:ピアース・ブロスナン
ファビュラス・ゴッドマザー:ビリー・ポーター
マルヴォリア:マディー・ベイリオ
ナリッサ:シャーロット・スペンサー
ジョン:ジェームズ・エイキャスター
ジェームズ:ジェームズ・コーデン
ロメシュ:ロメシュ・ランガナサン
グウェン王女:タルーラ・グレイヴ
ウィルバー伯爵:ジャネット・ル・ラシャー
トーマス・セシル:ロブ・ベケット
呼び売り商人:ドク・ブラウン
グリフ:ルーク・ラッチマン
ヘンチ:フラ・フィー
タチアナ女王:ビヴァリー・ナイト
ローラ王女:メアリー・ヒギンズ

アメリカ/イギリス 映画
配給 アマゾン・スタジオ
2021年製作 113分
公開
イギリス:2021年9月3日
北米:2021年9月3日
日本:2021年9月3日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
昔々、ある王国。
2番目の夫を亡くしたヴィヴィアン(イディナ・メンゼル)は、実の娘マルヴォリア(マディー・ベイリオ)とナリッサ(シャーロット・スペンサー)と暮らしていた。

ヴィヴィアンは、地下室で暮らす継娘エラ(カミラ・カベロ)に身の回りの世話をさせて、灰で汚れている娘という意味で”シンデレラ”と呼んでいた。

デザインと裁縫が得意のエラは、ドレス店を持つのが夢だった。

エラは、窓にいた毛虫を箱に入れて、美しい蝶に変わる日を待つ。

地下には、エラの生活を見守る3匹のネズミ、ジョン/ジェームズ/ロメシュ(ジェームズ・エイキャスター/ジェームズ・コーデン/ロメシュ・ランガナサン)がいた。

ヴィヴィアンは、度々、訪ねて来る裕福なトーマス・セシル(ロブ・ベケット)に、娘を嫁がせることを考えていた。

エラは、亡き母のブローチを付けたドレスを仕上げながら、町に店を開くことを想像する。

父王ローワン(ピアース・ブロスナン)から、結婚を考えるようにと言われているロバート王子(ニコラス・ガリツィン)は、愛のない政略結婚をする気になれなかった。

娘たちと共に衛兵交代式に出かけるヴィヴィアンは、その場でドレスを売ろうとするエラの考えを許さない。

王は、ロバートが貴族の息女からの結婚の申し出を断ったことで苛立ち、王妃ベアトリス(ミニー・ドライヴァー)が甘やかすからだと言って、不満をあらわにする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
昔々、ある王国。
継母ヴィヴィアンと義姉2人と暮らすエラ”シンデレラ”は、デザインと洋裁が得意で、自分のドレス店を持つことを夢見ていた。
ヴィヴィアンと義姉たちに使用人のように扱われているエラだったが、結婚相手を探すロバート王子に見初められる。
エラは、政略結婚ではなく愛を求めていたロバートから舞踏会に誘われる。
ところが、エラを裕福なトーマスに嫁がせるつもりのヴィヴィアンは、彼女を舞踏会に行かせようとしない。
気落ちするエラの前に妖精のファビュラス・ゴッドマザーが現れ、彼女にドレスを着せてガラスの靴を履かせ、深夜0時には魔法が解けることを伝えて、馬車で宮殿に向かわせるのだが・・・。
__________

シャルル・ペローの名作童話”シンデレラ”のストーリーを、大胆な発想で愉快なミュージカルとして描いたロマンチック・ファンタジー。

俳優、そして脚本家でもあるケイ・キャノンの、「ブロッカーズ」(2018)に続く監督作品。

本作を製作した”ソニー”は、公開を2021年2月5日に予定したものの7月16日に延期され、その後に劇場公開を断念し作品は”アマゾン・スタジオ”に売却され、2021年9月3日に全世界同時配信された。

舞台は、ヨーロッパの中世風のある王国なのだが、衣装や楽曲は現代風であり、斬新なミュージカル・パフォーマンスが繰り広げられる楽しい作品に仕上がっている。

原作や他の映画化作品のような、ヒロインを虐げる継母や義姉の陰湿なイジメなどの描写は控えめであり、ヒロインは恋に芽生えるものの、自立の道を選ぶことが1つのテーマとして描かれているところが注目だ。

主人公のシンデレラを演ずるカミラ・カベロは、継母と義姉の世話をしながら、夢を叶えようとする溌溂としたヒロインを熱演し、見事な歌声も披露してくれる。

また、継母を演ずるイディナ・メンゼルの歌唱力とパフォーマンスも必見で、いつもながら見応えがある。

平民であるヒロインに惹かれ、王位よりも彼女を選ぶ王子のニコラス・ガリツィン、その母親である女王ミニー・ドライヴァー、王位を継がせる王子の気持ちを理解しないまま、結婚相手を見つけさせようとする国王のピアース・ブロスナン、ヒロインに魔法をかける妖精ビリー・ポーター、ヒロインの義姉マディー・ベイリオシャーロット・スペンサー、ヒロインを見守るネズミのジェームズ・エイキャスタージェームズ・コーデンロメシュ・ランガナサン、王位継承者となる王女のタルーラ・グレイヴ、王子の親友ジャネット・ル・ラシャー、ルーク・ラッチマン、フラ・フィー、ヒロインが結婚させられそうになる裕福な男性ロブ・ベケット、呼び売り商人のドク・ブラウン、ヒロインの才能に目をつける某国女王のビヴァリー・ナイト、王子が結婚しそうになる王女メアリー・ヒギンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021