4310 Movies

ブロッカーズ Blockers (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

プロムでセックスすることを決めた娘達の行動を阻止しようとする親達の奮闘を描く、監督ケイ・キャノン、主演レスリー・マンアイク・バリンホルツジョン・シナキャスリン・ニュートン他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ケイ・キャノン

製作
エヴァン・ゴールドバーグ
セス・ローゲン
ジェームズ・ウィーヴァー
ジョン・ハーウィッツ
ヘイデン・シュロスバーグ
クリス・フェントン
製作総指揮
ネイサン・カヘイン
ジョセフ・ドレイク
ジョシュ・フェイゲン
クリス・カウルズ
デヴィッド・スタッセン
ジョナサン・マッコイ
脚本
ブライアン・キーホー
ジム・キーホー
撮影:ラス・T・オルソブルック
編集:ステイシー・シュローダー
音楽:マテオ・メッシーナ

出演
リサ・デッカー:レスリー・マン
ハンター:アイク・バリンホルツ
ミッチェル・マンズ:ジョン・シナ
ジュリー・デッカー:キャスリン・ニュートン
ケイラ・マンズ:ジェラルディン・ヴィスワナサン
サム:ギデオン・アドロン
オースティン:グラハム・フィリップス
コナー・オルドリッチ:マイルズ・ロビンス
チャド:ジミー・ベリンガー
ブレンダ:ジューン・ダイアン・レイチェル
カイラー・モンテリオ:ジェイク・ピッキング
フランク:ハンニバル・ブレス
マーシー・マンズ:サラユ・ブルー
ロン:ゲイリー・コール
ルディ:コルトン・ダン
キャシー:ジーナ・ガーション
アンジェリカ:ラモナ・ヤン
ジェイデン:T・C・カーター

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2018年製作 102分
公開
北米:2018年4月6日
日本:未公開
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $60,311,500
世界 $94,045,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シカゴ郊外。
娘達が小学校に入学した日に、その親であるリサ・デッカー(レスリー・マン)、ハンター(アイク・バリンホルツ)、ミッチェル・マンズ(ジョン・シナ)は友達になる。

三人に見守られながら娘達は成長し、高校を卒業を控える。

プロムの日、娘ジュリー(キャスリン・ニュートン)が心配なシングルマザーのリサは、学校に向かう彼女を見送る。

妻マーシー(サラユ・ブルー)から、娘ケイラ(ジェラルディン・ヴィスワナサン)が大人になる時期だと言われたミッチェルも、彼女のことを心配する。

ジュリーとハンターの娘サム(ギデオン・アドロン)は、ケイラと待ち合わせて学校に向かう。

ボーイフレンドのオースティン(グラハム・フィリップス)との恋も順調なジュリーは、ケイラとサムに、彼とセックスすることを宣言する。

ケイラもコナー・オルドリッチ(マイルズ・ロビンス)とセックスすることを決めるが、サムはその気にはならなかった。

帰宅したジュリーは、”UCLA”からの合格通知を見て喜ぶが、遠くの大学に行くことには反対のリサには話さなかった。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
シカゴ郊外。
娘達が小学校に上がった時に友人になったリサ・デッカーとミッチェルは、浮気をして家を出たハンターと共に、高校生に成長した娘達のプロムの日を迎えう。
娘達がプロムの後でセックスすることを決めたと知ったリサらは、それを阻止するために行動を開始するのだが・・・。
__________

ピッチ・パーフェクト」シリーズの脚本で知られるケイ・キャノンの監督デビュー作品。

プロムでセックスすることを宣言した娘達の行動を阻止しようとする親達の奮闘を描くコメディ。

セックスやドラッグなどを扱う内容であるため、セリフなども下品でかなりどぎついものの、オープンなアメリカ人気質などが描かれた実に愉快な作品。

批判を受けて叩かれそうな作品なのだが、嫌味のない内容や軽快な展開は批評家からも高評価を受け、北米興行収入は約6000万ドル、全世界では1億ドルに迫るヒットとなった。

シングルマザーとして育てた娘のことを心配するレスリー・マン、その友人で浮気をして家を出たアイク・バリンホルツ、同じく友人で体に似合わず涙もろいジョン・シナ、セックス宣言をするその娘達キャスリン・ニュートン、ギデオン・アドロン、ジェラルディン・ヴィスワナサン、ジュリー(キャスリン・ニュートン)のボーイフレンド、グラハム・フィリップス、ケイラ(ジェラルディン・ヴィスワナサン)の相手コナー・オルドリッチ:マイルズ・ロビンス、サム(ギデオン・アドロン)の相手ジミー・ベリンガー、サムの母親ジューン・ダイアン・レイチェル、その再婚相手ハンニバル・ブレス、レイクハウスの若者ジェイク・ピッキング、ミッチェル(ジョン・シナ)の妻サラユ・ブルー、オースティン(グラハム・フィリップス)の両親ゲイリー・コールジーナ・ガーション、リムジンのドライバー、コルトン・ダン、サムと惹かれ合う女子高生のラモナ・ヤンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020