4504 Movies

永遠の門 ゴッホの見た未来 At Eternity’s Gate (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ポスト印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホの晩年を描く、監督、脚本、編集ジュリアン・シュナーベル、主演ウィレム・デフォールパート・フレンドマッツ・ミケルセンマチュー・アマルリックオスカー・アイザック他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジュリアン・シュナーベル
製作:ジョン・キリク
製作総指揮
カール・シュポエリ
マルク・シュミットハイニー
ニック・バウアー
ディーパック・ナヤール
シャルル=マリー・アントニオーズ
ムーラッド・ベルケダール
ジャン・デュアメル
ニコラ・レルミット
トーステン・シューマッハー
クレア・テイラー
フェルナンド・サリシン
マキシミリアン・アルヴェライズ
脚本
ジャン=クロード・カリエール
ジュリアン・シュナーベル
ルイーズ・クーゲルベルク
撮影:ブノワ・ドゥローム
編集
ルイーズ・クーゲルベルク
ジュリアン・シュナーベル
音楽:タチアナ・リソヴスカヤ

出演
フィンセント・ファン・ゴッホウィレム・デフォー
テオドルス”テオ”ファン・ゴッホルパート・フレンド
司祭:マッツ・ミケルセン
ポール・ガシェ医師:マチュー・アマルリック
マダム・ジヌー:エマニュエル・セニエ
ポール・ゴーギャンオスカー・アイザック
療養院の収容者:ニエル・アレストリュプ
フェリックス・レイ医師:ヴラジミール・コンシニ
ギャビー:ステラ・シュナーベル
ヨハンナ”ヨー”ファン・ゴッホ=ボンゲルアミラ・カサール
責任者:ヴァンサン・ペレーズ
教師:アンヌ・コンシニ
タンバリン:アレクシス・ミシャリク
田舎道の女性:ロリータ・シャマー
精神病院の看守:ディディエ・ジャレ
アルベール・オーリエの評論を読む声:ルイ・ガレル

イギリス/フランス/アメリカ 映画
配給
Netflix(フランス)
Curzon Artificial Eye(イギリス)
CBS Films(アメリカ)
2018年製作 110分
公開
イギリス:2019年3月29日
フランス:2019年2月15日
北米:2018年11月16日
日本:2019年11月8日
北米興行収入 $2,294,920
世界 $11,473,640


アカデミー賞
第91回アカデミー賞

・ノミネート
主演男優賞(ウィレム・デフォー


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
パリ
フィンセント・ファン・ゴッホ
ウィレム・デフォー)は、芸術を追及しながら精神的に疲弊していた。

フィンセントは、芸術家のグループ展ということで作品を展示してくれていたカフェのオーナーに絵を批判され、運び出すよう指示される。

画商である弟のテオルパート・フレンド)と共に、グループ展のメンバーの討議を見守っていたフィンセントは、意見が合わずに席を立ったポール・ゴーギャンオスカー・アイザック)を呼び止めて話をする。

フィンセントは、自分独自の芸術を追及しようとするゴーギャンから、南に向かうことを勧められる。

南フランスアルル
フィンセントは、周囲の風景に魅了されながら、一気に描き上げる独自のスタイルで作品を仕上げていく。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
画家フィンセント・ファン・ゴッホは、画商である弟テオの支援を受けながら芸術を追及していたが、精神的に疲弊していた。
ゴーギャンと出会ったフィンセントは南に行くことを勧められ、アルルに向かい自然の中で作品を描く。
人付き合いが苦手なフィンセントは、住人に嫌われてトラブルを起こし、精神科の療養院に入れられてしまう。
フィンセントは、自分のことを心配するテオが呼び寄せたゴーギャンと共に、意見し合いながら絵を描く共同生活を始めるのだが・・・。
__________

ポスト印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホの晩年を描くドラマ。

新表現主義の画家としても知られるジュリアン・シュナーベルが、脚本と編集を兼ねて監督した意欲作。

孤高の画家フィンセント・ファン・ゴッホが、周囲との人間関係が築けず、苦悩しながらもら芸術を追及する姿を、主人公の目に映る美しい映像と共に描く、ジュリアン・シュナーベルの芸術的センスを活かした、映画そのものが美術のような作品。

主人公が様々なことを体験しながら、後に歴史的な名画となる数々の作品を描くエピソードなどが興味深い。

主演のウィレム・デフォーは、孤独の中で芸術を追及するフィンセント・ファン・ゴッホを見事に演じ、第91回アカデミー賞では、主演男優賞にノミネートされ、第75回ヴェネチア国際映画祭で男優賞を受賞した。
第76回ゴールデングローブ賞では主演男優賞(ドラマ)にノミネートされた。

フィンセントを支えるテオドルス”テオ”ファン・ゴッホルパート・フレンドフィンセントと話し合う療養院の司祭マッツ・ミケルセンフィンセントの主治医ポール・ガシェマチュー・アマルリックフィンセントアルルで親交を深めるカフェの経営者マダム・ジヌーのエマニュエル・セニエフィンセントと交流するポール・ゴーギャンオスカー・アイザックフィンセントと話をする療養院の収容者ニエル・アレストリュプアルルでのフィンセントの主治医ヴラジミール・コンシニフィンセントの世話をするカフェの店員ステラ・シュナーベル、テオの妻ヨハンナ”ヨー”ファン・ゴッホ=ボンゲルアミラ・カサールフィンセントとトラブルになる教師のアンヌ・コンシニ、芸術家のアレクシス・ミシャリクフィンセントが田舎道で出会う女性ロリータ・シャマーアルベール・オーリエの評論を読むルイ・ガレル、他ヴァンサン・ペレーズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021