4315 Movies

チャイナ・ゲイト China Gate (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第一次インドシナ戦争終結後のフランス領インドシナを舞台に、共産軍の弾薬庫爆破作戦を遂行する傭兵部隊と案内役の女性の戦いを描く、製作、監督、脚本サミュエル・フラー、主演ジーン・バリーアンジー・ディキンソンナット・キング・コールリー・ヴァン・クリーフ他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:サミュエル・フラー

製作:サミュエル・フラー
脚本:サミュエル・フラー
撮影:ジョセフ・バイロック
編集:ジーン・ファウラーJr.
音楽
ヴィクター・ヤング
マックス・スタイナー

出演
ジョニー・ブロック軍曹:ジーン・バリー
リア/ラッキー・レグス:アンジー・ディキンソン
ゴールディ:ナット・キング・コール
コモン大尉:ポール・デュボフ
チャム少佐:リー・ヴァン・クリーフ
ピガール伍長:ジョージ・ギヴォット
アンドレアデス二等兵:ジェラルド・ミルトン
リアン:ナイル・モロー
ポール神父:マルセル・ダリオ
デ・サラス大佐:モーリス・マルサック
チャーリー:ジェームズ・ホン
クルーガー伍長:ポール・ブッシュ
ジャシー二等兵:サーシャ・ハーデン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1957年製作 97分
公開
北米:1957年5月22日
日本:2016年1月31日
製作費 $150,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1954年、フランス領インドシナ
第一次インドシナ戦争の終結でフランスが撤退し、共産軍は中国国境の町や村を破壊していた。

抵抗するフランス外人部隊を中心とした傭兵部隊は、”チャイナ・ゲート”と呼ばれる武器弾薬が隠された場所から約160キロのサントイという村を最後の砦としていた。

物資は奪われて弾薬も底を尽き飢えと戦っていた兵士と人々にとって、アメリカ軍が投下する救助物資が命綱だった。

子犬を隠していた少年はナイフを持った老人に追われて、兵士の元に向かい身を潜める。

上空には輸送機が現れて支援物資が投下され、人々はそれを拾いに行く。

ユーラシア人中国人の混血女性である、バーの経営者である母親リア(アンジー・ディキンソン)の元に向かった少年は、彼女が物資を取りに行ったためにその場に残る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1954年、フランス領インドシナ
第一次インドシナ戦争の終結でフランスが撤退し、共産軍は中国国境の町や村を爆撃していた。
”チャイナ・ゲート”と呼ばれる弾薬庫を破壊しようとする、フランス外人部隊を中心とした傭兵部隊は、現地に詳しいユーラシア人中国人の混血女性で”ラッキー・レグス”と呼ばれるバーの経営者リアに協力を求める。
それを断るリアだったが、息子をアメリカに行かせることを条件にする。
ところが、朝鮮戦争で戦ったアメリカ人のブロックが部隊にいることを知ったリアは、取引はなしだと言ってその場を去る。
リアと結婚していたブロックは、生まれた息子が中国系の容姿だったために、妻子を捨てたのだった。
息子をアメリカに行かせるチャンスだと言ってリアを説得したブロックは、彼女を案内役にして、指揮官のコモン大尉、戦友のゴールディらコマンド部隊と共に”チャイナ・ゲート”に向かうのだが・・・。
__________

第一次インドシナ戦争終結後のフランス領インドシナを舞台に、共産軍の弾薬庫爆破作戦を遂行する傭兵コマンド部隊の戦いを描く、サミュエル・フラーが製作、監督、脚本を担当した意欲作。

爆破作戦の案内役が、妖艶な魅力の女性だという点が斬新なドラマで、ユーラシア人中国人の混血でもある彼女と、中国系を嫌うアメリカ人兵士でもある夫との関係も含め、人種問題なども絡めた内容が、戦闘場面だけでなく興味深く描かれている。

第二次大戦で従軍し、激しい戦いを切り抜けた経験を持つサミュエル・フラーのリアルな演出も見どころで、傭兵部隊の男臭さの中で、紅一点である案内役の混血女性を演ずるアンジー・ディキンソンの魅力も生かした力作に仕上がっている。

日本では長らく未公開だったが、なんと59年後の2016年に初公開された。

主演のジーン・バリーは、人種偏見を持つ朝鮮戦争で戦ったアメリカ人の傭兵を熱演し、彼の考えを正す、その戦友であるナット・キング・コールが印象深い役柄を演じ、甘い歌声も披露してくれる。

ヒロインと関係を持つ共産軍の少佐リー・ヴァン・クリーフ、神父のマルセル・ダリオ、傭兵部隊の司令官モーリス・マルサック、コマンド部隊の指揮官ポール・デュボフ、爆破作戦の隊員ポール・デュボフジョージ・ギヴォット、ジェラルド・ミルトン、ナイル・モロー、ジェームズ・ホンポール・ブッシュ、サーシャ・ハーデンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020