4505 Movies

キャットウーマン Catwoman (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

ボブ・ケインが創造した、DCコミック及び”バットマン”に登場するキャラクター”キャットウーマン”の誕生にまつわる陰謀を描く、 監督ピトフ、主演ハル・ベリーベンジャミン・ブラットランベール・ウィルソンフランセス・コンロイシャロン・ストーン他共演のサスペンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ピトフ

製作
デニーズ・ディ・ノヴィ
エドワード・L・マクドーネル
製作総指揮
ブルース・バーマン
マイケル・フォトレル
ロバート・カービー
ベンジャミン・メルニカー
マイケル・ウスラン
原作:ボブ・ケインキャットウーマン”(キャラクター創造)
原案
テレサ・レベック
ジョン・ブランカトー
マイケル・フェリス
脚本
ジョン・ブランカトー
マイケル・フェリス
ジョン・ロジャース
撮影:ティエリー・アーボガスト
編集:シルビー・ランドラ
音楽:クラウス・バデルト

出演
ペイシェンス・フィリップス/キャットウーマン:ハル・ベリー
トム・ローン刑事:ベンジャミン・ブラット
ジョージ・ヘデア:ランベール・ウィルソン
オフィーリア・パワーズ:フランセス・コンロイ
ローレル・ヘデア:シャロン・ストーン
サリー:アレックス・ボースタイン
アーマンド:マイケル・マッシー
ウェスリー:バイロン・マン
イワン・スラヴィッキー:ピーター・ウィングフィールド

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2004年製作 104分
公開
北米:2004年7月23日
日本:2004年11月3日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $40,202,380
世界 $82,102,380


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
化粧品会社”ヘデア・ビューティー”のグラフィック・デザイナー、ペイシェンス・フィリップス(ハル・ベリー)は、平凡な日々を送っていた。

老化した肌を隠すのではなく若返らせる新製品”ビューリン”を発表するジョージ・ヘデア(ランベール・ウィルソン)は、妻ローレル(シャロン・ストーン)がイメージモデルを退き新しいモデルを起用することで皮肉を言われる。

同僚のサリー(アレックス・ボースタイン)に励まされながらキャンペーンを成功させたいペイシェンスは、ジョージのオフィスに向かう。

皆の前で恥をかかされたことでローレルを非難していたジョージは、現れたペイシェンスのデザインが不満であることを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
化粧品会社”ヘデア・ビューティー”のグラフィック・デザイナー、ペイシェンス・フィリップスは、平凡な日々を送っていた。
社長ジョージ・ヘデアに依頼されたキャンペーンのデザインを届けに行ったペイシェンスは、新製品に副作用があることを知ってしまい、社長夫人のローレルの命令で殺されてしまう。
アパートに現れていた猫(エジプシャンマウ)のパワーで生き返ったペイシェンスは、並外れた身体能力に気づき驚く。
猫の飼い主だったオフィーリアを訪ねたペイシェンスは、エジプシャンマウは聖なる猫で、女神バストの使者であり、死んだ自分を生き返らせたことを知らされる。
”キャットウーマン”となったペイシェンスは、刑事のトムとの親交を深めながら、自分を殺した者を探そうとするのだが・・・。
__________

DCコミックの”バットマン”に登場する”キャットウーマン”を主人公にした作品。

バットマン」(1989)とそのシリーズとの関係はなく、スピンオフとも言えない作品で、中途半端な製作主旨がファンを失望させる結果となった。

魅力的なキャストにも拘らず、その個性も生かしきれず、期待のアクションなども全くキレがない。

製作費に1億ドルをかけた超大作ではあるが、CGなども平凡で、ビッグネームの出演がなければB級作品程度の出来栄えに、批評家、観客からも酷評された。

ラジー賞では、ワースト作品、監督、女優(ハル・ベリー)、脚本賞を授賞してしまい、他にもランベール・ウィルソンシャロン・ストーンなどがノミネートされた。

「チョコレート」(2001)でアフリカ系アメリカ人女性初のアカデミー主演女優賞を受賞して作品にも恵まれていたハル・ベリーは、それなりの魅力で熱演するものの、上記のように、アクション・シーンなどに物足りなさを感じる。

主人公と恋に落ちる刑事ベンジャミン・ブラット、主人公が務める化粧品会社社長ランベール・ウィルソン、その妻シャロン・ストーン、主人公に”キャットウーマン”の秘密を教えるフランセス・コンロイ、主人公の親友で同僚のアレックス・ボースタイン、社長夫人の部下マイケル・マッシーバイロン・マン、製品開発者ピーター・ウィングフィールドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021