4310 Movies

ターニング・ラブ Breaking Up (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

成熟した恋にたどりつけない男女の苦悩を描く、製作、監督ロバート・グリーンウォルド、主演ラッセル・クロウサルマ・ハエック他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロバート・グリーンウォルド

製作
ロバート・グリーンウォルド
ジョージ・モフリー
製作総指揮
デヴィッド・マタロン
アーノン・ミルチャン
脚本:マイケル・クリストファー
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:スザンヌ・ハインズ
音楽:マーク・マザースボー

出演
スティーヴ:ラッセル・クロウ
モニカ:サルマ・ハエック
牧師:エイブラハム・アルヴァレズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1997年製作 90分
公開
北米:1997年10月17日
日本:1998年11月7日
北米興行収入 $11,700


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
写真家のスティーヴ(ラッセル・クロウ)と教師のモニカ(サルマ・ハエック)は、同棲して幸せな日々を送っていたが、やがて言い争いばかりする仲になる。

セックスで不満を解消する二人だったが、モニカから別れ話を切り出されたスティーヴは、この2年半は何だったのかを考える。

結局は別れた二人は虚しい日々を過ごし、モニカから電話もかかってこないことでスティーヴは苛立つ。

モニカに電話し、会う約束をして出かけるつもりだったスティーヴは、それを断られてしまう。

電話をかけ直したモニカはスティーヴをアパートに呼び、激しく愛し合う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
写真家のスティーヴと教師のモニカは、同棲して幸せな日々を送っていた。
やがて、言い争うようになった二人は別れることになり、モニカはスティーヴの元を去る。
その後スティーヴは、モニカが恋しくて連絡するようになり、二人は寄りを戻す。
ところが、不安症のスティーヴは、モニカと一緒にいると、自分や人生、そして仕事などがどうでもよくなってしまい、このままでは自分を見失うと考えて、再び彼女と別れる。
互いに恋人ができたある日、偶然にカフェでモニカと出くわしたスティーヴは、彼女から相手のことを聞き気が滅入ってしまう。
考えを巡らせるスティーヴは、モニカの元に向かい結婚を申し込むのだが・・・。
__________

主にテレビ業界で活躍していたロバート・グリーンウォルドが自ら製作し、期待の若手スター、ラッセル・クロウサルマ・ハエックを主人公にして描くロマンチック・コメディ。

ラッセル・クロウは、1か月前に公開された「L.A.コンフィデンシャル」(1997)の好演で高い評価を受けていたのだが、本作の方が1年前に撮影されていたために、体格など雰囲気が随分違う。

既に活躍していたラッセル・クロウサルマ・ハエックという魅力的なキャスティングなのだが、ワーナー・ブラザーズの配給にも拘らず、本作は拡大公開もされず、わずか2館での上映となり1週間で打ち切られてしまった。

不安症で優柔不断な青年と、彼を受け入れても結局は衝突してしまう女性の成熟しない恋を見ても興味がなく、全く面白味のないドラマとしか言いようのない内容だったのが残念だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020