That's Movie Talk!     4018 Movies

ベン・ハー Ben-Hur: A Tale of the Christ (1925) 4.89/5 (36)

  •  
  • 9
  • 3
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1880年に発表された、ルー・ウォーレス将軍のベストセラー小説”ベン・ハー”を基に製作された作品。
ローマ帝国の圧政に苦しみ母と妹そして財産を奪われて奴隷となったユダヤの王族ジュダ・ベン=ハーの運命とキリストの生涯を描く、製作ルイス・B・メイヤーアーヴィング・タルバーグ、監督フレッド・ニブロ、主演ラモン・ノヴァロフランシス・X・ブッシュマンメイ・マカヴォイキャスリーン・キークレア・マクドウェル他共演の歴史超大作。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:フレッド・ニブロ

製作
ジューン・マティス
ルイス・B・メイヤー
アーヴィング・タルバーグ
脚本
ジューン・マティス
ベス・メレディス(台本)
ケイリー・ウィルソン(台本)
H. H.コールドウェル(タイトル)
キャサリン・ヒリカー(タイトル)
原作:ルー・ウォーレスベン・ハー
撮影
クライド・デ・ヴィナ
ルネ・ガイサート
パーシー・ヒルバーン
カール・ストラス
編集:ロイド・ノズラー
音楽
ウィリアム・アクスト
デビッド・メンドーサ
スチュワート・コープランド(2014年版)

出演
ジュダ・ベン=ハー:ラモン・ノヴァロ
メッサラ:フランシス・X・ブッシュマン
エスター:メイ・マカヴォイ
聖母マリアベティ・ブロンソン
ティルザ・ベン=ハー:キャスリーン・キー
ミリアム・ベン=ハー:クレア・マクドウェル
アイラス:カーメル・マイヤーズ
サイモニデス:ナイジェル・ド・ブルリエ
族長イルデリム:ミッチェル・ルイス
サンバラット:レオ・ホワイト
クイントゥス・アリウス提督:フランク・カリアー
バルタザール:チャールズ・ベルチャー
アムラ:デイル・フラー
ヨセフウィンター・ホール
イエス・キリストクロード・ペイトン

戦車レースの群衆エキストラ
レジナルド・バーカー
ジョン・バリモア
ライオネル・バリモア
クラレンス・ブラウン
ジョーン・クロフォード
マリオン・デイヴィス
ダグラス・フェアバンクス
ジョージ・フィッツモーリス
シドニー・フランクリン
ジョン・ギルバート
ドロシー・ギッシュ
リリアン・ギッシュ
サミュエル・ゴールドウィン
シド・グローマン
ルパート・ジュリアン
ヘンリー・キング
ハロルド・ロイド
コリーン・ムーア
マーナ・ロイ
メアリー・ピックフォード

アメリカ 映画
配給 MGM
1925年製作 143分
公開
北米:1925年12月30日
日本:1928年9月
製作費 $3,967,000
北米興行収入 $10,738,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ローマ帝国の圧政に耐えるユダヤの民は、救世主の出現を望んでいた。

12月24日、エルサレムヤッフォ門
旅人たちでにぎわう中に、ベツレヘムを目指すナザレヨセフウィンター・ホール)と妻マリアベティ・ブロンソン)がいた。

南国では、聖なるお告げを受けたバルタザール(チャールズ・ベルチャー)ら三人の賢者(東方の三博士)が旅立つ。

ベツレヘムに到着したマリアヨセフは、宿屋が見つからずにいたが、かつてダビデが泊ったという、祝福された場所である厩に案内される。

その場に近づいたバルタザールらは、お告げの通り、夜空から降り注ぐ星を確認する。

それを見た羊飼いたちは厩に向かい、マリアが抱く赤子の前でひざまずき、救世主が現れたことを確信する。
・・・全てを見る



解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ユダヤの民はローマ帝国の圧制に苦しんでいた。
王族ジュダ・ベン=ハーは、幼馴染である友人メッサラがローマ兵の士官になったことを知る。
繁栄するローマ帝国に屈服するのがユダヤである考えを変えないメッサラは、旧友ベン=ハーに対し服従を求める。
ユダヤの民であることを誇りに思うベン=ハーはメッサラの要求を拒むが、ある事件が起き、家族と共に反逆罪に問われ捕らえられてしまう。
旧友として慈悲を請うベン=ハーを突き放したメッサラは、彼の母ミリアムと妹ティルザを地下牢に閉じ込め、ベン=ハーを奴隷としてガレー船に送る。
メッサラに復讐を誓ったベン=ハーだったが、ガレー船に送られる途中、渇きで死をも覚悟した時、ナザレの大工の息子(イエス)に水を与えられ生きる力と希望を得て、運命的なものを感じる・・・。
__________

1907年に製作された15分の短編映画「ベン・ハー」に次ぐ2度目の映画化で、ウィリアム・ワイラーによる1959年製作の「ベン・ハー」は、本作とほぼ同じ内容で描かれている。
ウィリアム・ワイラーは、本作で助監督を務めている。

MGMが総力を結集したスペクタクル歴史超大作であり、1925年製作のサイレント映画にして、その迫力とスケール感ある驚きの映像は必見だ。

機械的な技術が乏しい時代に、本物の迫力で迫る特撮は圧巻で、特に、後半の見せ場である戦車競走の映像は、今でも十分に通用する。
巨大な競技場のセットと観衆の映像は、1959年の「ベン・ハー」をも上回るスケール感で圧倒される。

言うまでもなく、主人公のベン=ハーの復讐劇と共にキリストの生涯と奇跡が描かれる内容で、人間の愛をテーマとした物語である。

1997年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

主人公のジュダ・ベン=ハーを演ずるラモン・ノヴァロら、サイレント映画のスターの雰囲気ある熱演も見もので、MGMお抱えの名優や若手など、ビッグネームがエキストラ出演していることも注目したい。

主人公のベン=ハーとは旧友でありながら対立することになるローマ軍の士官メッサラのフランシス・X・ブッシュマン、ハー家の財産を守る忠実な奴隷ナイジェル・ド・ブルリエの娘で、ベン=ハーと愛し合うエスターのメイ・マカヴォイ聖母マリアベティ・ブロンソン、主人公の妹ティルザのキャスリーン・キー、母ミリアムのクレア・マクドウェル、妖艶なエジプト人女性カーメル・マイヤーズ、ベン=ハーを信頼するアラブの族長イルデリムのミッチェル・ルイス、ベン=ハーに命を助けられるガレー船団司令官クイントゥス・アリウス提督のフランク・カリアー、”東方の三博士”バルタザールのチャールズ・ベルチャー、ハー家の奴隷デイル・フラーヨセフウィンター・ホールイエス・キリストクロード・ペイトン他、レオ・ホワイトなどが共演している。

*戦車レースの群衆エキストラ
レジナルド・バーカー
ジョン・バリモア
ライオネル・バリモア
クラレンス・ブラウン
ジョーン・クロフォード
マリオン・デイヴィス
ダグラス・フェアバンクス
ジョージ・フィッツモーリス
シドニー・フランクリン
ジョン・ギルバート
ドロシー・ギッシュ
リリアン・ギッシュ
サミュエル・ゴールドウィン
シド・グローマン
ルパート・ジュリアン
ヘンリー・キング
ハロルド・ロイド
コリーン・ムーア
マーナ・ロイ
メアリー・ピックフォード


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up