That's Movie Talk!     4018 Movies

ベンガルの槍騎兵 The Lives of a Bengal Lancer (1935) 4.19/5 (37)

  •  
  • 10
  • 2
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

イギリス領インド帝国で独立派部族を制圧するイギリス陸軍槍騎兵連隊の戦いを描く、監督ヘンリー・ハサウェイ、主演ゲイリー・クーパーフランチョット・トーンリチャード・クロムウェルガイ・スタンディングダグラス・ダンブリルC・オーブリー・スミス他共演のアクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ヘンリー・ハサウェイ

製作:ルイス・D・ライトン
原作:フランシス・イエーツ・ブラウンThe Lives of a Bengal Lancer
脚本
ウォルデマー・ヤング
ジョン・L・ボルダーストン
アクメッド・アブダラー
撮影:チャールズ・ラング
編集:エルズワース・ホーグランド
美術・装置
ハンズ・ドライエル
ローランド・アンダーソン
音楽
ハーマン・ハンド
ジョン・ライポルド
ミラン・ロダー
ハインツ・ロムヘルド

出演
アラン・マクレガー中尉:ゲイリー・クーパー
ジョン・フォーサイス中尉:フランチョット・トーン
ドナルド・ストーン少尉:リチャード・クロムウェル
トム・ストーン大佐:ガイ・スタンディング
モハメッド・カーン:ダグラス・ダンブリル
ハミルトン少佐:C・オーブリー・スミス
ハムズラ・カーン:モンテ・ブルー
タニア・ヴォルカンスカヤ:キャスリーン・バーク
バレット中尉:コリン・タップリー
トーマス・ウッドリー少将:ラムズデン・ヘア
エミール:エイキム・タミロフ
宰相:J・キャロル・ネイシュ
アフリディ:ミシャ・オウア

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1935年製作 109分
公開
北米:1935年1月11日
日本:1935年3月日
北米興行収入 $1,500,000


アカデミー賞
第8回アカデミー賞

・受賞
助監督賞
クレム・ビーチャム
ポール・ウイング
・ノミネート
作品・監督・脚色・美術・録音・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イギリス領インド帝国
第41ベンガル槍騎兵連隊のトム・ストーン大佐(ガイ・スタンディング)は、ベンガル独立のために戦う部族の王子モハメッド・カーン(ダグラス・ダンブリル)を捕らえようとしていた。

攻撃を仕掛けてくる敵への反撃を許されずに苛立つスコットランド系カナダ人のアラン・マクレガー中尉(ゲイリー・クーパー)は、同僚が射殺されてために突撃してしまう。

命令に背いたことでストーンから非難されたマクレガーは、納得いかないものの、ストーンの副官ハミルトン少佐(C・オーブリー・スミス)から、大佐は最善策を考えていると言われる。

その後、連隊本部に戻ったストーンは、ハミルトンから補充兵の二人が配属されることを知らせ、ジョン・フォーサイス中尉(フランチョット・トーン)と士官学校を出たばかりの息子ドナルド・ストーン少尉(リチャード・クロムウェル)だと言われて驚く。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イギリス領インド帝国
第41ベンガル槍騎兵連隊のストーン大佐は、ベンガル独立のために戦う部族の王子モハメッド・カーンを捕らえようとしていた。
フォーサイス中尉と共に息子ドナルドが補充兵として到着することを副官のハミルトンから知らされたストーンは、軍務に私情を挟む考えはなかった。
士官のアラン・マクレガー中尉は、頭の固いストーンの考えに納得出来ず、親交を深めたフォーサイスと共に、ドナルドの気持ちを察して彼を気遣う。
族長エミールとの武器供与の取引を進めるストーンは、カーンとも接触して牽制し、探りを入れる。
そんな中、カーンの女スパイ、タニアの誘惑に負けて誘拐されたドナルドを救うため、マクレガーとフォーサイスは、ストーンの命令を無視して救出に向かうのだが・・・。
_________

1930年に発表された、フランシス・イエーツ・ブラウンの著書”The Lives of a Bengal Lancer”を基に製作された作品。

着実にキャリアを重ねていた若手期待のヘンリー・ハサウェイの監督作品であり、人気スターのゲイリー・クーパーフランチョット・トーンら共演のスペクタクル大作として話題になった作品。

スケール感のあるヘンリー・ハサウェイの切れのいい演出、ユーモアをまじえたヒューマニズム溢れる内容、そしてクライマックスの迫力ある戦闘シーンなど、娯楽の要素満載の見応えある作品。

第8回アカデミー賞では作品賞以下7部門でノミネートされ、クレム・ビーチャムポール・ウイングが助監督賞を受賞した。
*ノミネート

作品、監督、脚色、美術、録音、編集賞

主演のゲイリー・クーパーは、風変わりだが勇敢な兵士であり人間味溢れる愛すべきキャラクターを熱演し、彼と親交を深めるエリート士官を演ずるフランチョット・トーンの好演も見逃せない。

その二人に可愛がられながら、命懸けの任務で逞しく成長する少尉のリチャード・クロムウェル、その父であり上官として、息子を厳しく見守る連隊指揮官を印象的に演ずるガイ・スタンディング、その副官であるC・オーブリー・スミス、独立派部族の王子ダグラス・ダンブリル、部族長のモンテ・ブルー、女スパイのキャスリーン・バーク、主人公の友人である中尉のコリン・タップリー、軍情報部長の少将ラムズデン・ヘア、連隊と手を組む部族長のエイキム・タミロフ、大宰相のJ・キャロル・ネイシュ、部族民のミシャ・オウアなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up