That's Movie Talk!     4098 Movies

悲愁 Beloved Infidel (1959)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

グレート・ギャツビー”などで知られるF・スコット・フィッツジェラルドとの恋が、当時ハリウッドで話題になったコラムニストのシーラ・グレアムが、ジェロルド・フランクと1958年に共同で発表したロマンス小説を基に製作された作品。
監督ヘンリー・キンググレゴリー・ペックデボラ・カー共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ヘンリー・キング

製作:ジェリー・ウォルド
原作
シーラ・グレアム
ジェロルド・フランク
脚本:サイ・バートレット
撮影:レオン・シャムロイ
編集:ウィリアム・H・レイノルズ
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
グレゴリー・ペックF・スコット・フィッツジェラルド
デボラ・カーシーラ・グレアム
エディ・アルバート:ボブ・カーター
フィリップ・オバー:ジョン・ウィーラー
ハーバート・ラドリー:スタン・ハリス
ジョン・サットン:ロード・ドネガル
カリン・ブース:ジャネット・ピアース
ケン・スコット:ロビンソン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1959年製作 123分
公開
北米:1959年11月17日
日本:1960年4月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1936年。
孤児院育ちで、コーラスガールから新聞のコラムニストになったシーラ・グレアム(デボラ・カー)は、イギリスからニューヨークに向かう。

やがてシーラは、後見人のジョン・ウィーラー(フィリップ・オバー)の紹介でデイリーミ・ラー紙で活躍するようになり、その後、ハリウッド担当の映画記者になる。

辛口で攻撃的なシーラの記事は話題にはなるが、ウィーラーは、彼女の行き過ぎた言動を心配する。

評論家ボブ・カーター(エディ・アルバート)のパーティーに招待されたシーラは、そこで、小説家のF・スコット・フィッツジェラルド(グレゴリー・ペック)に出会う。

シーラは、スコットにいきなり食事に誘われ、二人急速に親しくなる。

スコットには、精神障害の妻と、13歳になる東部の寄宿学校に通う娘がいることを、シーラはカーターから知らされる。

シーラは、スコットが一時は酒に溺れたものの、妻子のために、がむしゃらに働きだしたことを聞く。

スコットシーラの全てを知りたがり、彼女は自分の生い立ちと本名がリリー・シールだということを告白する。

自分をされけだしたシーラは、スコットとの愛を深め、彼は、シーラを洗練された女性にするための教育を始める。

しかし、スコットの映画の脚本は採用されず、彼は再び酒に溺れてしまう。

その後スコットは、シーラのラジオ放送中に押し入ってしまうが、彼が失業したと聞きシーラは同情する。

やがてスコットは療養の身となり、シーラは彼を励まして小説を書くよう勧め、海辺の家に移り住むことにする。

スコットは”ラスト・タイクーン”の執筆を始めるが、どの出版社からも声がかからなかった。

再び酒を口にしたスコットは、拳銃の発砲騒ぎまで起こしシーラは家を出てしまう。

スコットは、カーターの励ましで小説を完結させようとするものの、シーラのことが気になる。

シーラに連絡をとったスコットだったが、彼女はそれを無視してしまう。

しかし、スコットの置手紙を読んだシーラは動揺し、完全に酒を断った彼を許して執筆に協力する。

1940年12月。
ようやく、”ラスト・タイクーン”が翌春書店に並ぶことが決まり、スコットシーラに感謝した直後に倒れ、息を引き取る。

そして、最愛の人を亡くしたシーラは、いつまでも浜辺でスコットを想う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
孤児院育ちで、コーラスガールから新聞のコラムニストになったシーラ・グレアムは、後見人ウィーラーの紹介でデイリーミ・ラー紙のハリウッド担当映画記者になる。
辛口で攻撃的なシーラの記事は話題になるものの、ウィーラーは、その行き過ぎた言動を心配する。
評論家カーターのパーティーで、シーラは小説家のスコット・フィッツジェラルドに出会い、二人は急速に親しくなる。
しかしシーラは、スコットには、精神障害の妻と13歳になる娘がいることをカーターから知らされる。
その後、スコットシーラの全てを知りたがり、彼女は、恵まれない生い立ちを告白し、自分を曝け出して、二人は愛を深めるのだが・・・。
__________

ヘンリー・キング自身による、ロマンス作品「慕情」(1955)が、やや過激な登場人物になったような、雰囲気のよく似ている作品で、なんとなく終盤からクライマックスにかけての展開やシーン、さらにはフランツ・ワックスマンの音楽までもが同作を思い起こさせる。

主演のグレゴリー・ペックの役柄は、「スタア誕生」(1954)のジェームズ・メイスン演ずる”ノーマン・メイン”に似ているため、やや新鮮味に欠けているようにも思うし、酒に溺れ堕落してしまう演技も今一しっくりこない。

相変わらず美しいデボラ・カーは、やり手のコラムニストを熱演して、メロドラマのヒロインを見事に演じている。

この役柄については好き嫌いはあるが、清潔感のある、気品ある美貌が全てを許してしまう、そんな雰囲気を持った素晴しい女優だ。

意外に影が薄かったのが残念な評論家のエディ・アルバートシーラのアメリカでの後見人フィリップ・オバーなどが共演しているが、ほとんど2大スターの描写で占められた作品でもある。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up