4216 Movies

世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle: Los Angeles (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

圧倒的な破壊力を擁するエイリアンの地球侵略が始まり、ロサンゼルスの民間人避難誘導を命ぜられた海兵隊小隊の壮絶な戦いを描く、監督ジョナサン・リーベスマン、主演アーロン・エッカートミシェル・ロドリゲスマイケル・ペーニャ他共演のSFアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョナサン・リーベスマン
製作総指揮
デヴィッド・グリーンブラット

ジェフリー・チャーノフ
製作
ニール・H・モリッツ

オリ・マーマー
脚本:クリストファー・バートリニー
撮影:ルーカス・エトリン
編集:クリスチャン・ワグナー
音楽:ブライアン・タイラー

出演
マイケル・ナンツ二等軍曹:アーロン・エッカート

エレナ・サントス工科二曹:ミシェル・ロドリゲス
ウィリアム・マルティネス少尉:ラモン・ロドリゲス
ケヴィン・ハリス伍長:ニーヨ
ジェイソン・ロケット伍長:コリー・ハードリクト
ミッシェル:ブリジット・モイナハン
ジョー・リンコン:マイケル・ペーニャ
ジブリル・アドゥクゥ”ドク”衛生下士官:アデトクンボー・マコーマック
リチャード・ゲレロ上等兵:ニール・ブラウンJr.
ショウン”キャスパー”レニハン:ノエル・フィシャー
ジョン・ロイ曹長:ジョー・クレスト

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2011年製作 116分
公開
北米:2011年3月11日
日本:2011年9月17日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $83,441,910
世界 $211,819,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2011年8月12日。
世界の12都市が、現れた飛行物体の攻撃を受ける。

ロサンゼルスを死守するために、海兵隊の部隊が現地に派遣される。

24時間前、ペンドルトン海兵隊キャンプ
かつて部隊を全滅させたことがあるベテラン兵士マイケル・ナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)は、ジョン・ロイ曹長(ジョー・クレスト)の元を訪れ引退を勧められる。

その頃、地球に接近する流星群の落下が迫り、全基地に動員命令が下る。

ロイ曹長はナンツに、住民の避難誘導のため行動を始める、ウィリアム・マルティネス少尉(ラモン・ロドリゲス)の第1小隊に加わるよう指示する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
世界の海岸線に近い各都市が、地球外の驚異からの攻撃を受ける。かつて部隊を全滅させたことで心に傷を負う、アメリカ海兵隊のベテラン兵士二等軍曹マイケル・ナンツは、実戦経験のない指揮官マルティネス少尉の小隊に加わるよう指示を受ける。
小隊は、壊滅的打撃を受けたロサンゼルスの生存者の、避難誘導のため出撃する。
しかし、地球に落下した物体からは、侵略者と思われるエイリアンが現れて攻撃を始めたため、ナンツらの小隊は、覚悟を決めて、破壊された大都市ロサンゼルスに向かうのだが・・・。
__________

侵略者として攻撃的な、エイリアンと人間の戦いを描く物語にそれほど新鮮味はない。
しかし、ハンディ・カメラ映像と、ドキュメンタリー・タッチで描く臨場感、そして、過酷な戦場で心に傷を負った下士官の苦悩を描くドラマとして、様々な工夫が窺える力作には仕上がっている。

タイタンの戦い」(2010)の続編「タイタンの逆襲」(2012)の監督に抜擢された、南アフリカ共和国ジョナサン・リーベスマンによる、アクションだけでない、人間心理の描写も盛り込まれた演出も注目だ。

壊滅的打撃を受ける大都市ロサンゼルス市内のセット、その市街戦の迫力もなかなかのものだ。

人気スター、アーロン・エッカートが、心に傷を負いながらも、男気を感じさせるベテラン兵士を好演し、役目を的確に果たしていく部隊員の活躍もきっちり
と描かれている。

北米興行収入は約8300万ドルとまずまずという結果だったが、全世界では約2億1200万ドルの期待を上回るヒットとなった。

小隊に合流する空軍工科二曹ミシェル・ロドリゲス、命を落とす小隊指揮官のラモン・ロドリゲス、部隊員のニーヨコリー・ハードリクトアデトクンボー・マコーマックニール・ブラウンノエル・フィシャー、民間人ブリジット・モイナハンマイケル・ペーニャ、主人公の上官ジョー・クレストなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020