4315 Movies

8月の家族たち August: Osage County (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2007年に初演されたトレイシー・レッツの戯曲で、ピューリッツァー賞を受賞した”August: Osage County”を基に製作された作品。
闘病中の女性と、夫の失踪をきっかけに戻って来た娘や家族との愛憎を描く、製作ジョージ・クルーニー、監督ジョン・ウェルズ、主演メリル・ストリープジュリア・ロバーツユアン・マクレガークリス・クーパーアビゲイル・ブレスリンベネディクト・カンバーバッチジュリエット・ルイスジュリアンヌ・ニコルソン他共演のドラマ。


ドラマ

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧
ベネディクト・カンバーバッチ / Benedict Cumberbatch 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ウェルズ

製作
ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
ジーン・ドゥーマニアン
スティーヴ・トラクスラー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
原作:トレイシー・レッツAugust: Osage County
脚本:トレイシー・レッツ
撮影:アドリアノ・ゴールドマン
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:グスターボ・サンタオラヤ

出演
ヴァイオレット・ウェストン:メリル・ストリープ
バーバラ・ウェストン・フォーダム:ジュリア・ロバーツ
ビル・フォーダム:ユアン・マクレガー
チャールズ・エイケン:クリス・クーパー
ジーン・フォーダム:アビゲイル・ブレスリン
チャールズ“リトル・チャールズ”エイケンJr.:ベネディクト・カンバーバッチ
カレン・ウェストン:ジュリエット・ルイス
マティ・フェイ・エイケン:マーゴ・マーティンデイル
スティーヴ・ハイデブレクト:ダーモット・マローニー
アイヴィー・ウェストン:ジュリアンヌ・ニコルソン
ベヴァリー・ウェストン:サム・シェパード
ジョナ・モンヴァータ:ミスティ・アッパム
デオン・ギルボー保安官:ウィル・コフィ
バーク医師:ニューウェル・アレクサンダー

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 120分
公開
北米:2013年12月27日
日本:2014年4月18日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $37,738,500
世界 $73,745,740


アカデミー賞
第86回アカデミー賞

・ノミネート
主演女優賞(メリル・ストリープ
助演女優賞(ジュリア・ロバーツ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
8月、オクラホマパウハスカ
初期の口腔癌で闘病中の妻ヴァイオレット・ウェストン(メリル・ストリープ)が、薬のせいで情緒不安定であるため、夫で詩人のべヴァリー(サム・シェパード)は、家政婦ジョナ・モンヴァータ(ミスティ・アッパム)を雇うことにする。

べヴァリーは、ヴァイオレットのことをジョナに任せて失踪する。

コロラド
バーバラ・ウェストン・フォーダム(ジュリア・ロバーツ)は、娘ジーン(アビゲイル・ブレスリン)に起こされる。

妹のアイヴィー(ジュリアンヌ・ニコルソン)からの電話を受けたバーバラは、父べヴァリーが失踪したことを知らされる。

地元に住み未だに独身のアイヴィーは、ヴァイオレットの様子を見に実家に向い、叔母マティ・フェイ・エイケン(マーゴ・マーティンデイル)が来たことを母に伝える。

夫チャールズ(クリス・クーパー)と共に家に入ったマティ・フェイは、真夏だというのにカーテンまで閉め切っている部屋の窓を開ける。

バーバラは、別居中の夫ビル(ユアン・マクレガー)とジーンと共に実家に向かい、マティ・フェイとチャールズに迎えられる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
8月、オクラホマパウハスカ
初期の口腔癌で闘病中の妻ヴァイオレット・ウェストンの夫で詩人のべヴァリーは、家政婦を雇い失踪してしまう。
次女アイヴィー、その叔母マティ・フェイと夫チャールズ、長女バーバラと夫ビル、その娘ジーンが、ヴァイオレットの元に向かう。
薬漬けで情緒不安定なヴァイオレットは、家族を歓迎するものの、その後、べヴァリーは川で溺死体で発見される。
三女のカレンと婚約者のスティーヴも到着して葬儀が行われ、家に戻り家族だけの食事が始り、遅れて来たマティ・フェイの息子リトル・チャールズも加わる。
べヴァリーの死を悼み思い出を語る場所のはずだったが、薬を飲んだヴァイオレットは、いつものような嫌みを言い始め、不穏な空気が流れる・・・。
__________

ピューリッツァー賞を獲得し絶賛された、トレイシー・レッツの舞台劇の映画化ということで話題になった。

ハリウッドを代表する実力派スター豪華競演や、「カンパニー・メン」(2010)で監督デビューした、ジョン・ウェルズの深い人間描写も注目の作品。

原作となる戯曲の”August: Osage County”はブラック・コメディなのだが、本作は、家族の愛憎を描くドラマである。

冒頭は闘病による薬のせいに思える主人公の言動は、どうやら元々の性格であることが分かり、それが理由とも言える、疎遠気味の娘達との関係が淡々と描かれる。
結局は何も解決に至らず家族は別々となり、長女の諦めとも思える涙ぐむ笑顔は、彼女にとっての幸せを掴む一歩となるのか・・・というシーンで終わる結末は深く考えさせられる。

その卓越した演技力は認めるのだが、うま過ぎるメリル・ストリープの、自分に酔いしれているような演技は、個人的にどうも好きになれない。
その彼女は、第86回アカデミー賞で本作でも主演女優賞にノミネートされた。
*助演女優賞(ジュリア・ロバーツ

主人公の母親の生き写しのような、気丈で自説を曲げない長女を好演するジュリア・ロバーツ、その夫ユアン・マクレガー、その娘アビゲイル・ブレスリン、主人公の義弟クリス・クーパーその妻のマーゴ・マーティンデイル、その息子ベネディクト・カンバーバッチ、彼と愛し合うものの姉弟と分かる次女のジュリアンヌ・ニコルソン、三女のジュリエット・ルイス、その婚約者ダーモット・マローニー、失踪する主人公の夫サム・シェパード、彼が雇う家政婦ミスティ・アッパム、保安官のウィル・コフィ、医師のニューウェル・アレクサンダーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020