4216 Movies

恋愛小説家 As Good As It Gets (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

潔癖症で偏屈なロマンス小説家と病気の子供を持つウェイトレスの奇妙な恋愛、そして二人を取り巻く人々との関係をコミカルに描く、製作、監督、脚本ジェームズ・L・ブルックス、主演のジャック・ニコルソンヘレン・ハントが共にオスカーを受賞、グレッグ・キニアキューバ・グッディングJr.他共演によるラブ・ロマンスの秀作。


ドラマ(ロマンス)

ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson 作品一覧
ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジェームズ・L・ブルックス
製作総指揮
ローレンス・マーク

リチャード・サカイ
ローラ・ジスキン
製作
ジェームズ・L・ブルックス

ブリジット・ジョンソン
クリスティ・ズィー

脚本
マーク・アンドラス

ジェームズ・L・ブルックス
撮影:ジョン・ベイリー

編集:リチャード・マークス
音楽:ハンス・ジマー

出演
ジャック・ニコルソン:メルヴィン・ユドール
ヘレン・ハント:キャロル・コネリー
グレッグ・キニア:サイモン・ビショップ
キューバ・グッディングJr.:フランク・サックス
シャーリー・ナイト:ベヴァリー・コネリー
ハロルド・ライミス:ノーマン・ベッツ医師
イヤードリー・スミス:ジャッキー・シンプソン
ルーペ・オンティヴェロス:ノーラ・マニング
スキート・ウールリッチ:ヴィンセント・ロピアノ
ローレンス・カスダン:グリーン医師
ジェシー・ジャームズ:スペンサー・コネリー
ジュリー・ベンツ:出版社の受付係

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1997年製作 139分
公開
北米:1997年12月25日
日本:1998年4月11日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $147,637,470
全世界 $314,178,010


アカデミー賞 ■
第70回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(ジャック・ニコルソン)
主演女優賞(ヘレン・ハント)
・ノミネート
作品・助演男優(グレッグ・キニア)
脚本・編集・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
見かけの冴えない、中年もだいぶ過ぎた独身男性メルヴィン・ユドール(ジャック・ニコルソン)は、実は甘い女心を見事に捉え、人気ロマンス小説を書くベストセラー作家だった。

メルヴィンは、同じアパートの住民で、ゲイの画家サイモン・ビショップ(グレッグ・キニア)の飼い犬ヴァーデルを嫌い、ダスト・シュートに放り込んでしまう。

迷信を信じ、毎日、同じ行動をとり、毎回新品の石鹸で手を洗う、潔癖症のメルヴィンは、住民の間では嫌われ者だった。

その後、ルヴィンは、サイモンの訪問を受け、執筆を邪魔されて憤慨する。

愛犬が、メルヴィンに捨てられたことを察したサイモンは、ビジネス・パートナーで、画商のフランク・サックス(キューバ・グッディングJr.)を伴い、メルヴィンにそれを問い詰めるが、彼は白を切って二人を追い払う。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
中年過ぎの独身男性メルヴィン・ユドールは、人気作家ではあるが、潔癖症で偏屈なために、周囲からは嫌われていた。
ある日、同じアパートのゲイの画家サイモンが、モデルで使った若者グループに、袋叩きに遭い、メルヴィンは彼の愛犬ヴァーデルを預かることになる。
普段は毛嫌いしていたヴァーデルが、意外にも自分に懐いたため、メルヴィンは癒される日々を送るようになる。
そんな時メルヴィンは、行きつけのカフェのお気に入りのウエイトレス、キャロルに対して、彼女の病気の息子を皮肉って失言してしまう。
キャロルはメルヴィンを猛烈に非難し、彼もそれを気にしてしまう。
息子の看病で、キャロルがカフェを休んだことを知ったメルヴィンは、彼女がいないと、食事も出来ないという陳腐な理由で、息子のために自費で専門医を雇い派遣する。
そして、キャロルも不器用なメルヴィンの厚意を受け入れるのだが、彼の毒舌や失言は、彼女の機嫌を度々損ねてしまう・・・。
__________

主演の二人の熱演と共演陣との絶妙なバランスを保ちながら、ジェームズ・L・ブルックスは、自身の見事な脚本により、上質で粋な雰囲気のストーリーに仕上げている。

第70回アカデミー賞では、主演男優(ジャック・ニコルソン)、主演女優(ヘレン・ハント)を受賞した。
・ノミネート
作品・助演男優(グレッグ・キニア)・脚本・編集
作曲賞

北米興行収入は約1億4800万ドル、全世界では約3億1400万ドルの大ヒットとなった。

ハンス・ジマーの軽快なテーマ曲、アート・ガーファンクルの洒落た主題歌も、心に残る名曲だ。

タイタニック」、「グッド・ウィル・ハンティング」、「L.A.コンフィデンシャル」と、この年(1997)は素晴らしい作品が多く公開され、その中でも、小粋で楽しい、大人のムード溢れる異色の恋愛ドラマは大いに話題になり、批評家からも高い評価を受けた。

主人公の心を癒し、後半の彼の人情味を引き出す演出に一役買う、サイモンの愛犬”ヴァーデル”の見事な演技も注目で、ヴァーデルを返すことになり涙する主人公を見て、もらい泣きしているように見えるシーンの表情は、人間以上の演技を見せている。

はまり役という表現だけでは言い足りない、”潔癖・偏屈男”を完璧に演じたジャック・ニコルソンには圧倒される。
役柄とは対照的に、憎たらしいほどお茶目でもある。

やつれたシングルマザー役のヘレン・ハントの、切ない女心をさらけ出してしまう、飾り気のない表情と開放的な笑顔、そのメリハリある見事な演技は各方面からも絶賛され、J・ニコルソンと共にアカデミー主演賞を受賞した。

ストーリーのキーマン、サイモン役のグレッグ・キニアは、じれったくもなる、ギクシャクした不釣合いな恋愛話に巻き込まれる、ゲイの画家役を好演し、彼もアカデミー助演賞にノミネートされた。

前年「ザ・エージェント」(1996)でアカデミー助演賞受賞した、偏屈男を手玉に取るキューバ・グッディングJr.も、ドラマにアクセントを加える味のある役を演じている。

シャーリー・ナイトの、ベテランらしい深みのある演技、素朴な、ヒロインの母親役も注目だ。

メルヴィン(J・ニコルソン)の頼みでキャロル(H・ハント)の息子(ジェシー・ジャームズ)を治療する医師ハロルド・ライミス、サイモン(G・キニア)のマネージャーのイヤードリー・スミス、家政婦のルーペ・オンティヴェロス、モデルのスキート・ウールリッチ、精神科医ローレンス・カスダン、出版社の受付係ジュリー・ベンツなどが競演している。

参:
原題の「As Good as It Gets」を邦題にするのは困難だろうから「恋愛小説家」は我慢するとして、意味は、「これ以上良くならない!」又は「これが最高!!」という普段の会話でよく使う言葉。

ジャック・ニコルソンが、精神科の待合室の患者に向かって、”これ以上良くなるなんて期待するな・・・”(What if this is as good as it gets?)みたいな感じで、得意の毒舌を吐く。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020