4504 Movies

コンテイジョン Contagion (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

発生源が不明のまま感染の猛威を振るう新型ウィルスの恐怖を描く、監督、撮影スティーブン・ソダーバーグ、出演マリオン・コティヤールマット・デイモンローレンス・フィッシュバーンジュード・ロウグウィネス・パルトローケイト・ウィンスレットジェニファー・イーリーブライアン・クランストンエリオット・グールドジョン・ホークス他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

スティーヴン・ソダーバーグ / Steven Soderbergh 作品一覧
マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:スティーブン・ソダーバーグ
製作総指揮
ジェフリー・スコール

マイケル・ポレール
ジョナサン・キング
製作
マイケル・シャンバーグ

ステイシー・シェア
グレゴリー・ジェイコブス
脚本:スコット・Z・バーンズ

撮影:ピーター・アンドリュース
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:クリフ・マルティネス

出演
レオノーラ・オランテス博士:マリオン・コティヤール

ミッチ・エンホフ:マット・デイモン
エリス・チーヴァー博士:ローレンス・フィッシュバーン
アラン・クラムウィード:ジュード・ロウ
ベス・エンホフ:グウィネス・パルトロー
エリン・ミアーズ医師:ケイト・ウィンスレット
ライル・ハガティ少将:ブライアン・クランストン
アリー・ヘクストール博士:ジェニファー・イーリー
イアン・サスマン博士:エリオット・グールド
スン・フェン:チン・ハン
ロジャー:ジョン・ホークス
ジョリー・エンホフ:アナ・ジャコービー=ヘロン
デヴィッド・アイゼンバーグ博士:ディミトリ・マーティン
デニス・フレンチ:エンリコ・コラントーニ

ロレイン・ヴァスケス:モニーク・ガブリエラ・カーネン
ダミアン・レオポルド:アルミン・ローデ
オーブリー・チーヴァー:サナ・レイサン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 106分
公開
北米:2011年9月9日
日本:2011年11月12日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $75,658,100
世界 $136,515,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2日目

香港
帰国のフライトを待つ”アルダーソン”社の幹部ベス・エンホフ(グウィネス・パルトロー)は、シカゴにいる元恋人からの電話を受け、自宅のあるミネアポリスに向かう前に寄ることにする。

咳き込むベスは、フライトが迫りターミナルのバーの席を立つ。

九龍 人口 210万人。
体調不良の青年が帰宅する。

イギリスロンドン 人口 860万人。
ある女性がホテルで死亡する。

ミネソタ州、ミネアポリス 人口 330万人。
ミッチ(マット・デイモン)と義理の息子クラークは、妻ベスを迎える。

東京 都市圏人口 3660万人
ベスと香港で一緒だったアルダーソンの日本人社員が、体調を崩して、通勤途中にバスの中で倒れてしまう。

九龍の青年は体調が回復せず、ふらつきながら街に出てトラックに轢かれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
アルダーソン社の幹部ベスは、香港出張で体調を崩し、アメリカに帰国後、間もなく死亡する。
香港ロンドン、東京などで、相次ぎ感染症と思われる死亡者が確認され、CDC疾病予防管理センター)やWHO世界保健機関)が動き始める。
妻ベスの死を受け入れられないミッチは、直後に、彼女から感染したと思われる症状で義理の息子も亡くしてしまう。
その間にCDCは、チーヴァー博士を中心にして調査を始め、感染症調査官ミアーズ博士が、感染者が出ている現場に派遣される。
その後、チーヴァーの部下ヘクストール博士が、豚とコウモリが遭遇した結果に生まれた新型ウィルスが原因の感染だという可能性を報告し、ワクチンの開発を急ぐ。
一方、サンフランシスコのフリー・ジャーナリスト、クラムウィードは、いち早く、ネット上で異常事態を察知し、CDCWHOが何かを隠していることを独自に取材して公表する。
しかし、猛威を振るうウィルス感染は多くの人々の命を奪い、治安は乱れ、暴動や略奪が始まる・・・。
__________

同類の作品として「アウトブレイク」(1995)が思い浮ぶ。
同作が、権力を盾にして細菌兵器に関わる軍部の陰謀を描いたドラマに対し、本作は、ごく単純な感染経路から、ウィルスが人々を襲う恐怖をドキュメンタリー・タッチで生々しく描く、現実的な描写が多いところが注目だ。

結局はワクチンが開発され、人々はとりあえず安堵するのだが、政府、CDCを疑う記者の目は変わらず、問題の”1日目”、ウィルス感染の発生原因は分からないまま物語が終わる。
その直後に、発生の原因が明らかになる”1日目”が映し出され、再び観客は恐怖を味わう。

主役を特定せず、それぞれの立場の人々が、いかにその生活や職務に向き合うかを淡々と描く内容であり、スティーブン・ソダーバーグのそつが無い演出や、スコット・Z・バーンズの見事な脚本により見応えのある作品に仕上がっている。

スティーブン・ソダーバーグの下に結集した豪華スター競演が話題になるものの、各々の役柄と演技は極力地味に抑えられ、”見えないウィルス”の脅威を際立たせている。

北米興行収入は約7600万ドル、全世界では1億3600万ドルのヒットとなった。

WHOから感染源の香港に派遣される疫学者のマリオン・コティヤール、感染元である妻グウィネス・パルトローを亡くすものの、免疫があるために発病しないマット・デイモン、その娘アナ・ジャコービー=ヘロン、CDCで冷静に陣頭指揮を執るローレンス・フィッシュバーン、彼らや化学者を批判するフリー・ジャーナリストのジュード・ロウ、発病するCDCの感染症調査官ケイト・ウィンスレット、本件の責任者である公衆衛生局士官部隊ブライアン・クランストン、ワクチンを開発するジェニファー・イーリーと同僚のディミトリ・マーティン、2人の研究に協力する科学者エリオット・グールド国土安全保障省の局員エンリコ・コラントーニ香港保険局員チン・ハンCDCの職員ジョン・ホークス、事の重大さを理解しない記者モニーク・ガブリエラ・カーネンWHO局員アルミン・ローデ、チーヴァー(ローレンス・フィッシュバーン)の婚約者サナ・レイサンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021