4216 Movies

画家とモデル Artists and Models (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ディーン・マーティンジェリー・ルイス主演の”底抜け”シリーズ。
売れない画家とドジな相棒が巻き起こす騒動を描く、監督、脚本フランク・タシュリンドロシー・マローンシャーリー・マクレーンエヴァ・ガボールアニタ・エクバーグ他共演。


コメディ

ディーン・マーティン & ジェリー・ルイス Martin and Lewis / Pinterest
シャーリー・マクレーン / Shirley MacLaine / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランク・タシュリン
製作:ハル・B・ウォリス
原案
マイケル・デヴィッドソン
ノーマン・レッシング

“Rock-A-Bye Baby”
脚本
フランク・タシュリン

ハル・カンター
ハーバート・ベイカー
撮影:ダニエル・L・ファップ
編集:ウコーレン・ロウ
音楽:ウォルター・シャーフ

出演
ディーン・マーティン:リック・トッド
ジェリー・ルイス:ユージーン・フルスタック
ドロシー・マローン:アビゲイル・パーカー
シャーリー・マクレーン:ベシー・スパロウブラッシュ
エヴァ・ガボール:ソニア/カーティス夫人
アニタ・エクバーグ:アニタ
エディ・メイホフ:マードック編集長
ジャック・イーラム:アイヴァン
キャスリーン・フリーマン:マルドゥーン夫人

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1955年製作 108分
公開
北米:1955年11月7日
日本:1956年5月
製作費 $1,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
売れない画家リック・トッド(ディーン・マーティン)は、ドジな相棒ユージーン・フルスタック(ジェリー・ルイス)のせいで、仕事をしくじってばかりいたために職を転々としていた。

コミック・マニアのユージーンのお陰で、散々な目に遭っていたリックは、彼を見限ろうとするがそれも出来なかった。

そんなユージーンは、“ハゲタカ男ヴィンセント”という鳥人が知っている、方程式”X34-51+6-X36”の夢を見ては、うなされていた。

ユージーンのうなされ方があまりに酷いため、リックは彼をベランダに放り出してしまう。

その後ユージーンは、同じアパートのアビゲイル・パーカー(ドロシー・マローン)とベシー・スパロウブラッシュ(シャーリー・マクレーン)に苦情を言われてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
売れない画家のリック・トッドは、コミック・マニアのドジな相棒ユージーン・フルスタックのお陰で仕事をしくじってばかりいた。
そんなユージーンは、夜な夜な方程式のような寝言を呟きうなされていた。
同じアパートの、アビゲイルと同居人のベシーは、その喧しい寝言に苦情を言う。
ユージーンは、アビゲイルが人気画家だと知りリックの絵を見てもらおうとするのだが、彼は星占いによりベシーに好かれてしまう。
ユージーンと雑誌社に向かったリックはは、その場にいたアビゲイルが気に入ってしまい、ユージーンは、編集長の秘書ベシーに迫られる。
その後リックは、編集長に過激な内容のコミックを書くよう依頼され、ユージーンの寝言を参考にヒット作を生み出す。
しかし、そのコミックに掲載されていた方程式が国家機密と分かり、リックは捜査官の取調べを受けてしまい、ユージーンは外国のスパイに狙われてしまう・・・。
__________

人気コンビ解消間近の2人だが、テーマが垢抜けていて、出演者の豪華さもあり大いに楽しめる作品。

ディーン・マーティンは、歌はもちろん、街角でジーン・ケリーを彷彿させるような見事なステップも見せてくれる。

ジェリー・ルイスは、コミック好きという茶目っ気たっぷりな役を彼らしく演じ、ゼスチャーなど古風な芸を見せる場面では肉体的にも大奮闘している。

スクリーン上で映える、ドロシー・マローンの美しさも際立つ。

同時期に公開された、「ハリーの災難」(1955)でデビューしたシャーリー・マクレーンは歌も披露してくれる。
あどけなさが残る21歳の彼女の、可愛らしい表情が印象的だ。

妖艶な外国の女スパイ、エヴァ・ガボール、モデル役のアニタ・エクバーグ、ひょうきんな編集長のエディ・メイホフ、そしてスパイ役ジャック・イーラム、アパートの大家キャスリーン・フリーマンも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020