4186 Movies

八十日間世界一周 Around the World in 80 Days (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1872年に発表された、ジュール・ヴェルヌの小説”八十日間世界一周”を基に製作された作品。
80日間あれば世界一周ができるという賭けをしたイギリス人紳士の冒険の旅を描く、アカデミー作品賞他を受賞した、監督マイケル・アンダーソン、主演デヴィッド・ニーヴンカンティンフラスシャーリー・マクレーンロバート・ニュートン他、世界のスターが競演するアクション・アドベンチャー・コメディ大作。


アクション/アドベンチャー

シャーリー・マクレーン / Shirley MacLaine / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・アンダーソン
製作:マイケル・トッド
原作:ジュール・ヴェルヌ八十日間世界一周
脚本
S・J・ペレルマン

ジェームズ・ポー
ジョン・ファロー
撮影:ライオネル・リンドン
編集
ジーン・ラジエーロ

ハワード・エプスタイン
美術・装置
ジェームズ・W・サリヴァン

ケン・アダム
ロス・ダウド
衣装デザイン:マイルズ・ホワイト
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
フィリアス・フォッグ:デヴィッド・ニーヴン

パスパルトゥー:カンティンフラス
アウダ姫:シャーリー・マクレーン
フィックス刑事:ロバート・ニュートン
アンドリュー・スチュアート:フィンレイ・カリー
ゴージャー・ラルフ:ロバート・モーレイ
リフォームクラブのメンバー:ベイジル・シドニー
リフォームクラブのメンバー:ロナルド・スクァイア
駅長:ジョー・E・ブラウン
酒場の女:マレーネ・ディートリッヒ
グレート・インディアン・レイルウェイ職員:ロナルド・コールマン
パリの駅の女性:マルティーヌ・キャロル
ムッシュ・ガッセ:シャルル・ボワイエ
フォスター:ジョン・ギールグッド
デニス・ファレンティン:トレヴァー・ハワード
ローランド・ヘスケス=バゴット:ノエル・カワード
アフメド・アブドゥッラー:ギルバート・ローランド
アブドゥッラーの従者:シーザー・ロメロ
パリの御者:フェルナンデル
パリの遊女:イヴリン・キース
パリの女性:ハーミオン・ジンゴールド
パリの女性:グリニス・ジョンズ
酒場のピアニスト:フランク・シナトラ
スチュワード:ピーター・ローレ
闘牛士:ルイス・ミゲル・ドミンギン
”ヘンリエッタ”操舵手:ヴィクター・マクラグレン
”ヘンリエッタ”船長:ジャック・オーキー
”ヘンリエッタ”一等航海士:アンディ・ディヴァイン
酒場の用心棒:ジョージ・ラフト
ロンドンの御者:ジョン・ミルズ
酒場の酔っ払い:レッド・スケルトン
ヒンショー:ハーコート・ウィリアムズ
スタンプ・プロクター大佐:ジョン・キャラダイン
アメリカ騎兵隊大佐:ティム・マッコイ
蒸気船会社社員:チャールズ・コバーン
タリー:メルヴィル・クーパー
車掌:バスター・キートン
牧師:フランク・ロイド
エキストラ:ジェス・フランコ
プロローグのナレーター:エドワード・R・マロー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1956年製作 183分
公開
北米:1956年10月17日
日本:1957年7月20日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $42,000,000


アカデミー賞 ■
第29回アカデミー賞
・受賞
作品・脚本・撮影(カラー)・編集・音楽賞
・ノミネート
監督・美術(カラー)・衣装デザイン賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
放送ジャーナリストのエドワード・R・マローが、ジュール・ヴェルヌの小説”月世界旅行”を映像化したジョルジュ・メリエスの映画”月世界旅行”(1902)を紹介する。

その後マローは人類の科学進歩を語り、この物語がジュール・ヴェルヌの”八十日間世界一周”であることを伝える。
__________

1872年、ロンドン
リフォーム・クラブ”の会員であるフィリアス・フォッグ(デヴィッド・ニーヴン)は、使用人としてパスパルトゥー(カンティンフラス)を雇う。

クラブに向かったフォッグは、”イングランド銀行”から大金が奪われた話をメンバーであり銀行の頭取のゴージャー・ラルフ(ロバート・モーレイ)としていた際、犯人の逃亡は可能であり、80日間あれば世界一周も可能だと断言する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

2004年にリメイク作品「80デイズ」が公開された。

*(簡略ストー リー)
1872年、ロンドン
イギリス人紳士フィリアス・フォッグは、”イングランド銀行”が襲われた事件に関連して、現在なら逃亡は容易く、自分ならば80日間で世界一周できるとクラブのメンバーに豪語する。
その成功に2万ポンドを賭けたフォッグは、使用人のパスパルトゥーと共に旅立つ。
そんなフォッグは、銀行強盗の逃亡犯と疑われてしまい、”スコットランドヤード”の刑事フィックスに監視されながら旅を続けるのだが・・・。
__________

アカデミー作品賞を受賞した作品にしては内容が薄い・・・というところが気になるが、当時としては画期的な世界中を旅する冒険映画、純粋なコメディとして見応えはある。

海外旅行など夢のまた夢だった時代、各国の名所などを巡るストーリーと、超豪華な出演者探しなども楽しめる。

作品は観たことはなくても、どなたでも耳にしたことがあるだろう、あまりにも有名なヴィクター・ヤングのテーマ曲も心地よい。

1950年代半ばの作品にして、その映像の美しさは驚きであり、主人公らの個性も生かされた見事な娯楽作には仕上がっている。

第29回アカデミー賞では、作品・脚本・撮影(カラー)・編集・音楽賞を受賞した。
・ノミネート
監督・美術(カラー)・衣装デザイン賞(カラー)

四半世紀の歴史を迎えた”映画芸術科学アカデミー”(アカデミー賞主催)も、少々砕けた作品に最高の栄誉賞を与えたというところだろうか・・・。

当時としては破格の600万ドルをかけた大作であり、北米興行収入は約4200万ドルという大ヒットとなった。

生真面目な英国紳士らしく計画を着実に実行していく主人公を飄々と演ずるデヴィッド・ニーヴン、主人公以上にインパクトのある使用人役を軽快に演ずるカンティンフラス、デビューしたばかりでありそれほど存在感はないが、インドの貴族を演ずるシャーリー・マクレーン、主人公を犯人と疑い監視する刑事ロバート・ニュートン他、皆さんは何人のスターを確認することができたでしょうか・・・。

スタッフ・キャスト


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020