4349 Movies

オール・ザット・ジャズ All That Jazz (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

15歳の少年時代から振り付け師として活躍していたボブ・フォッシーの自伝的作品で、現実と幻覚の世界を行き来する主人公の姿を幻想的に描いたミュージカル。
病に蝕まれた体を酷使しながら死を意識し、幻想の中で自分の人生を回想していくミュージカル演出家兼映画監督の生き様を描く、監督、脚本、振付ボブ・フォッシージェシカ・ラングリーランド・パーマー他共演によるヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督:ボブ・フォッシー
製作:ロバート・アラン・アーサー
製作総指揮:ダニエル・メルニック
脚本
ロバート・アラン・アーサー

ボブ・フォッシー
撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ
美術・装置
フィリップ・ローゼンバーグ

トニー・ウォルトン
エドワード・スチュアート
ゲーリー・J・ブリンク
衣装デザイン:アルバート・ウォルスキー
編集:アラン・ハイム
振付:ボブ・フォッシー
音楽:ラルフ・バーンズ

出演
ロイ・シャイダー:ジョー・ギデオン
ジェシカ・ラング:アンジェリーク
リーランド・パーマー:オードリー・パリス
クリフ・ゴーマン:デヴィス・ニューマン
アン・ラインキング:ケイト・ジャガー
エリザベート・フォルディ:ミシェル・ギデオン
ベン・ヴェリーン:オコナー・フラッド
マイケル・トーラン:バリンジャー医師
マックス・ライト:ジョシュア・ペン
ウィリアム・レマッシーナ:ジョンシー・ヘクト
デボラ・ジェフナー:ヴィクトリア・ポーター
ジョン・リスゴー:ルーカス・サージャント
サンダール・バーグマン:ダンサー

アメリカ 映画
配給
20世紀FOX
コロンビア・ピクチャーズ
1979年製作 123分
公開
北米:1979年12月20日
日本:1980年8月2日
北米興行収入 $37,823,680


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞
・受賞
編集・美術・衣装デザイン・音楽賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ロイ・シャイダー)
脚本・撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
疲れきった体に鞭打ち、ブロードウェイの演出家ジョー・ギデオン(ロイ・シャイダー)は、新作ショーのダンサー、オーディションを始め、数百名の応募者の中から5人をピックアップする。

ギデオンは、別れた妻オードリー(リーランド・パーマー)と娘のミシェル(エリザベート・フォルディ)との約束を破り、再び仕事に向かう。

映画監督でもあるギデオンは、連日のハードな仕事で肉体も精神的にも限界に達し、薬やタバコが手放せない状態が続く。

そして、ギデオンにつきまとうように、アンジェリーク(ジェシカ・ラング)という美しい天子が、幻覚として彼の前に現れる。

同棲しているダンサーのケイト(アン・ラインキング)は、そんなギデオンを見限り、ツアーの誘いを受けようとするが、彼はそれを引き止める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ブロードウェイの著名な演出家兼映画監督のジョー・ギデオンは、連日のハードな仕事で、肉体、精神的に限界に達していたため、薬やタバコが手放せない状態が続いていた。
そしてギデオンの前には、自分につきまとうような、アンジェリークという美しい天子が、幻覚として現れるようになっていた。
そんなギデオンが、唯一心休まるのは、娘ミッシェルのバレエのレッスンをしてあげる時だけだった。
プロデューサー達、そして自分自身が満足出来るステージを、完成させることに自信が持てないギデオンは、体調を崩して倒れてしまう。
静養が必要となったギデオンだったが、彼は医師の忠告を無視して、不摂生を続けてしまう・・・。
__________

好き勝手に生きているように見える主人公の、ショーや映画に懸ける情熱、そして志半ばで病に倒れながら、意識の中で自分の人生の幕切れをショーにしてしまう、プロ根性の凄まじさが見事に伝わってくる。

第52回アカデミー賞では、作品賞以下9部門にノミネートされ、編集、美術、衣装デザイン、音楽賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ロイ・シャイダー)
脚本・撮影賞

また、カンヌ映画祭ではパルム・ ドールを受賞した。

2001年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

多くの楽曲の中で、その後スタンダードとなった”On Broadway”は、心に残る名曲だ。

主人公を熱演し、アカデミー主演賞にノミネートされた、ロイ・シャイダーの一世一代の演技は、タフな役などが似合う彼のイメージを一新し、その気迫溢れる名演は新鮮であり見応えもある。

幻覚の中で、主人公に付きまとう天使役のジェシカ・ラング、元妻でショーの主役を演ずるリーランド・パーマー、愛人アン・ラインキング、愛娘役のエリザベート・フォルディ、新鋭の演出家で若き日のジョン・リスゴーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020