4234 Movies

コンペティション The Competition (1980)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ピアニストの青年が、年齢や将来を見据えて最後のコンペティションに挑もうとする姿を描く、主演リチャード・ドレイファスエイミー・アーヴィングリー・レミック他共演、監督、原案、脚本ジョエル・オリアンスキーによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョエル・オリアンスキー
製作総指揮:ハワード・パイン
製作:ウィリアム・サックハイム

原案
ジョエル・オリアンスキー
ウィリアム・サックハイム

脚本:ジョエル・オリアンスキー
撮影:リチャード・H・クライン

編集:デヴィッド・ブリューイット
音楽:ラロ・シフリン
主題歌:ランディ・クロフォード”People Alone”

出演
ポール・ディートリッヒ:リチャード・ドレイファス
ハイディ・ジョーン・スクーノーバー:エイミー・アーヴィング

グレタ・ヴァンドマン:リー・レミック
アンドリュー・アースキン:サム・ワナメイカー
ジローラモ”ジェリー”ディサルヴォ:ジョセフ・カリ
マイケル・ハンフリーズ:タイ・ヘンダーソン
タチアナ・バローノヴァ:ヴィッキー・クリーグラー
マーク・ランドー:アダム・スターン

ディートリッヒ:フィリップ・スターリング
ディートリッヒ夫人:グロリア・ストローク

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1980年製作 125分
公開
北米:1980年12月3日
日本:1981年4月11日
北米興行収入 $14,287,755


アカデミー賞 ■
第53回アカデミー賞
・ノミネート
編集・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
第23回中西部ピアノ・コンペティション。
三位入賞のポール・ディートリッヒ(リチャード・ドレイファス)は、サンフランシスコで開かれる、国際的にも権威のある、最高峰のヒルマン・コンペティション出場の権利を得る。

シカゴ
父親(フィリップ・スターリング)の期待を余所に、ポールは、地方で三位の自分が、権威あるコンペティションで優勝できるするはずがないことを強調して、過剰な期待を迷惑に思う。

コンペティションを諦めたポールは、夢を追うことを諦め、学校のレッスンやオーケストラの指導で地道に生きていくことを両親に伝える。

しかし、学校に下見に行ったポールは、自分のしたいことがそれなのか疑問に思い、もう一度だけコンペティションに挑戦してみることを母親(グロリア・ストローク)に伝える。

才能あるハイディ・ジョーン・スクーノーバー(エイミー・アーヴィング)は、業界の常識だと言って、ピアノ教師のグレタ・ヴァンドマン(リー・レミック)が弾いた演奏テープで、ヒルマン・コンペティションに出場できることになる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
数ヵ月後に30歳になるピアニストのポール・ディートリッヒは、世界的にも権威ある、最高峰のヒルマン・コンペティションの出場権利を得る。
しかし、地方大会で三位のポールは、優勝する望みのないコンペティション出場を諦め、地元で地道な生活をすることを決める。
そんなポールは、それを嘆く両親や、就こうとする仕事が自分のしたいことかという疑問を抱き、一転コンペティション出場を決意してサンフランシスコに向かう。
そこでポールは、以前のコンペティションで会ったことがある、出場者のハイディに声をかえられる。
しかしポールは、演奏以外のことを考える余裕がないために、魅力的ではあるが、ハイディを自分の心の中から排除しようとする。
そして、12人の出場者は6人に絞られて決勝を迎えるのだが、ソ連から来た少女タチアナのピアノ教師が亡命する騒ぎが起き、コンペティション及び主催者は混乱してしまう・・・。
__________

なんと言っても注目は、「グッバイガール」(1977)で史上最年少でアカデミー主演賞を受賞した(当時)リチャード・ドレイファスの主演であり、売り出し中のエイミー・アーヴィングとの共演も大いに話題になった。

二人のパフォーマンスは素人目には素晴らしいのだが、期待のリチャード・ドレイファスは、恋愛ドラマでもある内容の中で、今一、ヒロインのエイミー・アーヴィングと釣り合いが取れない雰囲気もあり、若く見せようとしていたためか、のっぺりとしたメイクが気になって仕方ない。

そのせいか、リチャード・ドレイファスは熱演にも拘らず記念すべき第一回ラジー賞にノミネートされてしまった。

権威あるコンペティション会場の雰囲気も、やや小ぢんまりとしていて、権威という演出にも欠けるところなども気になる。

いつもとイメージの違うラロ・シフリンの音楽は注目で、ランディ・クロフォードの歌う主題歌”People Alone”が、編集賞と共に第53回アカデミー賞にノミネートされた。

ヒロインを冷静な目で見つめるピアノ教師リー・レミック、オーケストラ指揮者サム・ワナメイカー、出場者ジョセフ・カリ、タイ・ヘンダーソン、ヴィッキー・クリーグラー、アダム・スターン、主人公の両親フィリップ・スターリンググロリア・ストローク等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020