That's Movie Talk!     4100 Movies

ワイルド・スピードX2 2 Fast 2 Furious (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

賞金のかかるストリート・レースに命を懸ける若者達を描いた、カー・アクションのヒット作「ワイルドスピード」(2001)の続編で、今回は、舞台がロサンゼルスからマイアミに移っている。
監督ジョン・シングルトンポール・ウォーカータイリース・ギブソンエヴァ・メンデス他共演。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・シングルトン
製作:ニール・H・モリッツ
原案:ゲイリー・スコット・トンプソン
脚本
マイケル・ブラント
デレク・ハース
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集
ブルース・キャノン
ダラス・ピュエット
音楽:デヴィッド・アーノルド

出演
ブライアン・オコナー:ポール・ウォーカー
ローマン・ピアース:タイリース・ギブソン
カーター・ヴェローン:コール・ハウザー
モニカ・フエンテス:エヴァ・メンデス
テズ・パーカー:リュダクリス
ビルキンス捜査官:トム・バリー
マルカム捜査官:ジェームズ・レマー
スーキー:デヴォン青木
スラップ・ジャック:マイケル・イーリー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2003年製作 107分
公開
北米:2003年6月6日
日本:2003年8月23日
製作費 $76,000,000
北米興行収入 $127,083,770
世界 $236,350,660


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
マイアミ
ロサンゼルス市警察の警官だったブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)は、ストリート・レーサーのドミニクを取り逃がした責任をとり辞職していた。

現在はこの地で、ストリート・レーサーとして鳴らしているブライアンは、今日もレースに勝ち、賞金を手にするものの、警察に逮捕されてしまう。

しかし、ブライアンの逮捕の目的は、マネー・ロンダリングで資金流出を企む、麻薬の密売人カーター・ヴェローン(コール・ハウザー)を逮捕するための、囮捜査に協力させることだった。

ブライアンは、FBI捜査官のビルキンス(トム・バリー)とマルカム(ジェームズ・レマー)から、過去の違法行為を取り消す条件でそれを承諾する。

そしてブライアンは、幼馴染みの親友ローマン・ピアース(タイリース・ギブソン)を相棒にして、早速、行動を開始する。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ワイルド・スピード」(2001)
・「ワイルド・スピードX2」(2003)
・「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(2006)
・「ワイルド・スピード MAX」(2009)
・「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011)
・「ワイルド・スピード EURO MISSION」(2013)
・「ワイルド・スピード SKY MISSION」(2015)
・「ワイルド・スピード ICE BREAK」(2017)
・「Fast & Furious 9」(2020)

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス市警を辞職して、マイアミに移り住みストリート・レーサーとして鳴らしていたブライアン・オコナーは、レース直後に逮捕され、麻薬王ヴェローンの悪事を暴く囮捜査をFBIに強要される。
ブライアンは、幼馴染みのローマンを相棒にして、既に潜入している捜査官のモニカの協力で行動を開始する。
そして、チューンナップされた2台の車を駆り、ヴェローンのテストにパスした二人は、大金を運ぶ仕事を引き受けるのだが・・・。
__________

スターになったヴィン・ディーゼルが出演しないのがやや寂しいが、主演は前作に続きポール・ウォーカーが演じ、スタッフはほぼ一新している。

前作から倍増した製作費(7600万ドル)を、効率よく使っているという感じで、荒っぽい作品にしては、仕上がりの丁寧さが印象に残る、気分爽快のアクション大作。

北米の興行収入は前作より減ったものの、全世界では約2億3600万ドルと、前作を上回るヒットとなった。

北米興行収入 $127,083,765

犯罪映画ではあるが、レースを金儲けの手段として、さらにスポーツとして楽しむ、若者のエネルギーが感じる作品。

ド派手なアクションというよりも、意識的にそれを抑え、純粋に車の走り、スピード感などを見せる、ジョン・シングルトンの演出もシンプルでいい。

評論家などには受けのよい作品ではないが、猛暑の中で乾いた喉を潤すために、冷水を一気に飲み干したような、パワー充電ができる痛快作でもある。

差し詰め西部劇の一匹狼的な役柄を演ずるニヒルなヒーロー、ポール・ウォーカー、悪党から抜け切れない行動がユーモアも誘う、相棒のタイリース・ギブソン、20代の割には凄みもある麻薬王コール・ハウザー、相変わらず妖艶で、かつてのジーナ・ガーション的役所がよく似合うエヴァ・メンデス、レース・ホストのリュダクリスFBI捜査官のトム・バリージェームズ・レマー、レーサー仲間で、ロッキー青木の娘デヴォン青木などが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up