4238 Movies

十二人の怒れる男 12 Angry Men (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

レジナルド・ローズの原案で、1954年に放映されたテレビ・ドラマを、彼自身の脚色で、ヘンリー・フォンダと共に製作して映画化した、監督シドニー・ルメットリー・J・コッブマーティン・バルサムE・G・マーシャルジャック・ウォーデン他共演による法廷ドラマの傑作。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:シドニー・ルメット
製作
レジナルド・ローズ
ヘンリー・フォンダ
原案:レジナルド・ローズ(TVドラマ)
脚本:レジナルド・ローズ
撮影:ボリス・カウフマン
編集:カール・ラーナー
音楽:ケニヨン・ホプキンス

出演(陪審員番号順)
1:マーティン・バルサム/高校のフットボール・コーチ
2:ジョン・フィードラー/銀行員
3:リー・J・コッブ/会社経営者
4:E・G・マーシャル/株の仲買人
5:ジャック・クラグマン/スラム育ちの若者
6:エドワード・ビンズ/ペンキ職人
7:ジャック・ウォーデン・セールスマン
8:ヘンリー・フォンダ/建築家
9:ジョセフ・スィーニー/高齢者
10:エド・ベグリー/ガレージのオー^ナー
11:ジョージ・ヴォスコヴェック/時計職人
12:ロバート・ウェッバー/広告業者

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1957年製作 96分
公開
北米:1957年4月13日
日本:1959年8月
製作費 $350,000


アカデミー賞 ■
第30回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督・脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク、ある法廷。
18歳の少年による父親殺害事件の審理が終わる。

少年は、12人の陪審員が陪審室へと向かうために退席する姿を、希望を失ったような眼差しで見つめている。

スラム街で育ち、札付きの不良といわれていた少年に、無罪になる可能性はなかった。

そして、形式上の話し合いに思われる陪審員の評決を決めるために、高校のフットボールコーチで、陪審長の1番(マーティン・バルサム)が一回目の決をとる。

そこで、建築家の8番(ヘンリー・フォンダ)ただ一人が、有罪に疑問を感じるという発言をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

父親殺害の罪で起訴された少年の審理が終わり、その後、12人の陪審員に評決が委ねられる。
陪審室に入った陪審員は、有罪は確定だろうという雰囲気で最初の決をとるが、ただ一人、建築家の8番が有罪に疑問を感じるという意見を述べて無罪を主張する。
一人の人間の生死の問題を、時間をかけて話し合うべきだという8番の意見に、不満を感じる者もいたが、12人は話し合いを始める。
やがて、理路整然と疑問点を指摘する8番を批判する意見も多い中、スラム育ちの不良少年を、犯罪者と決め付けて行われた裁判に疑問を感じて、8番に同調する者が出始めるのだが・・・。
__________

テレビの演出も担当したシドニー・ルメットが、初めて映画界に進出した記念すべき作品。

30代前半の彼は、デビュー作にも拘らず、いきなりアカデミー監督賞候補になり、その計り知れない才能を世に知らしめた。

2007年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第30回アカデミー賞では、作品、監督、脚色賞にノミネートされた。

ドラマのほとんどが陪審室という、密室の中で展開され、真夏の蒸し暑さと議論の熱気が画面から伝わる、監督シドニー・ルメットの計算し尽くされた演出は見事だ。

実力派揃いのキャストの中で、製作も兼ねた主演のヘンリー・フォンダと、最後まで彼に対抗して有罪を主張し続けるリー・J・コッブ、また、野球の試合に気を取られる意志薄弱な男を演ずるジャック・ウォーデンの好演が、特に印象に残る。

実際の陪審員の評決が、ここまで白熱するかは別として、製作者の意図することは、正義感や良心をふまえて自己主張した結論こそが、民主主義の根幹だということなのだろう。

お年寄りに敬意を示さない会社経営者のリー・J・コッブに、肉体労働者のエドワード・ビンズが、自分の意見を臆することなく主張し、一喝して黙らせてしまうシーンなどは、それを象徴している。

また、告発された少年の表情にも、正義に対する絶望と、わずかに残った希望とが入り混じり、貧しい移民の子であろう、悲しみや苦悩が窺い知れる。

互いの名も知らず、今後も会うことがないだろう12人が別れていくラストも素晴しい。

ヘンリー・フォンダジョセフ・スィーニーだけが言葉を交わし別れる。

高齢者を演ずるジョセフ・スィーニーは、これが遺作となり、時計職人のジョージ・ヴォスコヴェックと彼の二人が、TVのオリジナル・キャストである。
出演(陪審員番号順)
1:マーティン・バルサム/高校のフットボール・コーチ
2:ジョン・フィードラー/銀行員
3:リー・J・コッブ/会社経営者
4:E・G・マーシャル/株の仲買人
5:ジャック・クラグマン/スラム育ちの若者
6:エドワード・ビンズ/ペンキ職人
7:ジャック・ウォーデン・セールスマン
8:ヘンリー・フォンダ/建築家
9:ジョセフ・スィーニー/高齢者
10:エド・ベグリー/ガレージのオー^ナー
11:ジョージ・ヴォスコヴェック/時計職人
12:ロバート・ウェッバー/広告業者


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020