4237 Movies

ヤング・シャーロック ピラミッドの謎 Young Sherlock Holmes (1985)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

名探偵となるシャーロック・ホームズとその助手ジョン・H・ワトソン医師との出会いと、二人が協力し合って解決する最初の事件を描く、アーサー・コナン・ドイルの原作とは関係がない架空の物語が展開する、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督バリー・レヴィンソン、脚本クリス・コロンバス、出演ニコラス・ロウアラン・コックスソフィー・ワードによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:バリー・レヴィンソン
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ

フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ
製作
マーク・ジョンソン

ヘンリー・ウィンクラー
脚本:クリス・コロンバス
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
編集:スチュー・リンダー
音楽:ブルース・ブロートン

出演
シャーロック・ホームズ:ニコラス・ロウ

ジョン・H・ワトソン:アラン・コックス
エリザベス・ハーディ:ソフィー・ワード
レイス教授:アンソニー・ヒギンズ
ドリブ夫人:スーザン・フリートウッド
チェスター・クレイグウィッチ:フレディ・ジョーンズ
ルパート・T・ワックスフラッター教授:ナイジェル・ストック
レストレード刑事:ロジャー・アシュトン=グリフィス
ダドリー・バブコック:アール・ローズ
ナレーション/ジョン・ワトソン:マイケル・ホーダーン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1985年製作 109分
公開
北米:1985年12月4日
日本:1986年3月8日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $19,739,580


アカデミー賞 ■
第58回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
ある夜、会計士が、首筋に何かを感じた後、幻覚を見た末に、自宅の窓から飛び降りて死亡し、それは自殺と断定される。

少年ジョン・H・ワトソン(アラン・コックス)は、田舎の学校が閉鎖されたため、大都会の名門寄宿学校”ブロンプトン・アカデミー”に転校する。

ワトソンは学校に着くなり、シャーロック・ホームズ(ニコラス・ロウ)という、推理好きの少年に出会い意気投合する。

その後ホームズは、引退後も建物内で暮らし、奇妙な実験を続けるルパート・T・ワックスフラッター教授(ナイジェル・ストック)と、彼の姪エリザベス・ハーディ(ソフィー・ワード)をワトソンに紹介する。

ホームズは、ワックスフラッターの部屋で、会計士の自殺の新聞記事に、印がしてあることに気づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロンドン
少年ジョン・H・ワトソンは、母校の廃校で、名門寄宿学校に転校する。
ワトソンは、少年シャーロック・ホームズと出会い、推理好きの彼と意気投合する。
その頃、会計士が部屋の窓から飛び降り、牧師も教会から飛び出して馬車に轢かれ、二人とも死亡して自殺と断定される。
(両者は幻覚に襲われた後に死亡)
ホームズは、心惹かれるエリザベスのおじで、彼女と学校内で暮らす元教授ワックスフラッターが、その事件に興味を持っていることを気にする。
二件の自殺に疑問を抱いたホームズは、自分の推理の才能を生かし、真相を解明することに役立てようとするが、警察のレストレード刑事は、それを自殺と考えて彼を相手にしない。
そんな時ホームズは、自分に対抗心を燃やす生徒ダドリーの陰謀で放校処分となってしまう。
ホームズは、ワトソンに別れを告げ、学校を離れようとしていたが、ワックスフラッターが、自らの手で胸にナイフを刺し、”エ・タール”と言い残して息を引き取る。
三人の死に、関連性があると見たホームズは、ワトソンを助手にして、事件解決のために調査を始めるのだが・・・。
__________

少年が活躍する物語だけに、キッズ・ムービー風に思う向きもあるが、スティーヴン・スピルバーグが製作に関わり、盟友フランク・マーシャル、後に妻となるキャスリーン・ケネディも加わる注目作。

脚本は、後に「ホーム・アローン」(1990)を監督してブレイクして、その後も大活躍するクリス・コロンバス、そして監督も、名匠バリー・レヴィンソンという豪華な顔合わせで、子役が主人公の作品だが、一級のサスペンスとして、手抜きのない作品であり、当時は先端の特殊効果技術も話題となった、あらゆる世代で楽しめる作品。

第58回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

ホームズの、お馴染みのコスチュームの誕生秘話までもきっちりと描写され、撮影当時まだ10代の、主演のニコラス・ロウには、当然のごとく不似合いなのだが、大人顔負けの推理と行動力で、事件解決に奮闘する主人公を熱演する。

さらに幼いワトソン役のアラン・コックスも、非力ながらも、主人公に協力する健気な姿が実に微笑ましい。

命を落とすとは意外であった、主人公二人に協力する少女ソフィー・ワード、事件の黒幕で、原作の名キャラクターである、”モリアーティ教授”と名乗るラストが驚きのアンソニー・ヒギンズ、その妹であった暗殺者スーザン・フリートウッド、宗教団に命を狙われるフレディ・ジョーンズナイジェル・ストック、レストレード警視のロジャー・アシュトン=グリフィス、主人公のライバル、アール・ローズ、そして、名優マイケル・ホーダーンが、子供時代を回顧するワトソンとして、ナレーターを担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020