4233 Movies

迷探偵シャーロック・ホームズ/最後の冒険 Without A Clue (1988)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アーサー・コナン・ドイルが創造した名探偵シャーロック・ホームズが、実は助手のワトソンの推理で事件を解決していた単なる間抜けな役者だったという設定で展開するコメディ。
監督トム・エバーハード、主演マイケル・ケインベン・キングズレージェフリー・ジョーンズリセット・アンソニーポール・フリーマンナイジェル・ダヴェンポート他共演。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:トム・エバーハード

製作:マーク・スターディヴァント
脚本
ゲイリー・マーフィ
ラリー・ストロウザー
撮影:アラン・ヒューム
編集:ピーター・タナー
音楽:ヘンリー・マンシーニ

出演
シャーロック・ホームズ/レジナルド・キンケイド:マイケル・ケイン
ジョン・H・ワトスン:ベン・キングズレー
レストレード警部:ジェフリー・ジョーンズ
レズリー・ジャイルス:リセット・アンソニー
ジェームズ・モリアーティ教授:ポール・フリーマン
ハドスン夫人:パット・キーン
ウィギンズ:マシュー・サベージ
スミスウィック卿:ナイジェル・ダヴェンポート
セバスチャン・モラン:ティム・キリック
ノーマン・グリーンヒュー:ピーター・クック
ピーター・ジャイルス:ジョン・ワーナー
本者のレズリー・ジャイルス:マシュー・シム
司祭:フレデリック・フォックス
ジェラルド・フィッツワルター・ジョンソン村長:ハロルド・イノセント
ジョン・クレイ:ジョージ・スウィーニー
アーチー:マレー・ユアン
クリスタベル・ジョンソン:ジェニファー・ガイ

イギリス 映画
配給 オライオン・ピクチャーズ
1988年製作 107分
公開
イギリス:1989年4月28日
北米:1988年10月21日
日本:1990年7月21日
北米興行収入 $8,539,180


アカデミー賞
第回アカデミー賞

・受賞

・ノミネート


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
名探偵シャーロック・ホームズ(マイケル・ケイン)は、助手のジョン・H・ワトスン博士(ベン・キングズレー)と”スコットランド”のレストレード警部(ジェフリー・ジョーンズ)と共に、美術館に侵入した二人組を捕える。

レストレードが犯人を連行した後にワトソンは憤慨し、ホームズ役のレジナルド・キンケイドは、脚本通りに演じたと彼に伝える。

ワトソンは、”ストランド・マガジン”に事件簿を掲載するため、飲んだくれの三流役者キンケイドを人気者のホームズとして雇い、自分の推理で事件を解決していたのだった。

馬車で下宿に戻るワトソンは、勝手にセリフを変えたキンケイドを非難する。

ベーカー街221B。
待ち構えていた記者たちを適当にあしらったキンケイドは、自分を軽蔑するワトソンから三流役者だと言われるものの、プライドは捨てていなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン
造幣局の5ポンド紙幣を印刷する原版が盗まれ、印刷担当者が失踪する事件が起きる。
名探偵シャーロック・ホームズと助手のワトソン博士は、大蔵大臣のスミスウィック卿とレストレード警部から事件捜査の依頼を受ける。
実は、これまで起きた事件を解決していたのはワトソンであり、彼は、事件簿を書くために、間抜けで飲んだくれの三流役者レジナルド・キンケイドにホームズを演じさせていたのだった・・・。
__________

アーサー・コナン・ドイルが創造した名探偵シャーロック・ホームズが、実は助手のワトソンの推理で事件を解決していた、単なる間抜けな役者だったという設定で展開するコメディ。

奇抜なアイデア、主人公の二人を演ずるマイケル・ケインベン・キングズレーの名演、個性的でユーモアあふれる脇役陣による愉快な内容は十分に楽しめる。

シャーロック・ホームズの物語としては風変わりな雰囲気なのだが、アーサー・コナン・ドイルの原作は生かされている舞台設定、お馴染みの人気キャラクターが登場しファンは満足できる。

下宿の女主人ハドスン夫人や、ワトソンに協力する”ベイカー街遊撃隊”の少年ウィギンズの登場場面も多く、その活躍と奮闘は注目だ。

ヘンリー・マンシーニの軽快な音楽も印象に残る。

”シャーロック・ホームズ”を演じさせられていた、飲んだくれの間抜けである女好きの三流役者を味のある演技で演ずるマイケル・ケイン、実は彼を利用して事件を解決していたジョン・H・ワトスン博士を演ずるベン・キングズレー、実力派スター二人の見事な演技は光る。

主人公二人に翻弄されるスコットランドヤードのレストレード警部ジェフリー・ジョーンズ、主人公二人の監視をしていたスパイ、リセット・アンソニー、事件の黒幕であるジェームズ・モリアーティ教授のポール・フリーマン、主人公二人の下宿の女主人ハドスン夫人のパット・キーン、主人公らに協力するベイカー街遊撃隊の少年ウィギンズのマシュー・サベージ、主人公らに事件の捜査を依頼する大蔵大臣のナイジェル・ダヴェンポート、モリアーティの手下セバスチャン・モランのティム・キリック、”ストランド・マガジン”の編集長ノーマン・グリーンヒューのピーター・クック、造幣局の印刷担当者ジョン・ワーナー、その息子マシュー・シム、司祭のフレデリック・フォックス、ウィンダミアの村長ハロルド・イノセント、その娘ジェニファー・ガイ、モリアーティの手下ジョージ・スウィーニーとマレー・ユアンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020