4240 Movies

宇宙人ポール Paul (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

エイリアン・スポットを訪ねる旅に訪れたイギリス人のSFオタク青年が、軍施設に捕えられていたエイリアンに遭遇し、彼を助けようとして起きる騒動を描く、主演サイモン・ペッグニック・フロストセス・ローゲンジェイソン・ベイトマンクリステン・ウィグシガニー・ウィーバー共演、監督グレッグ・モットーラによる爆笑SFコメディの痛快作。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:グレッグ・モットーラ
製作総指揮
ナターシャ・ワートン

デブラ・ヘイワード
ロバート・グラフ
ライザ・チェイシン
製作
ニラ・パーク

ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
脚本
サイモン・ペッグ

ニック・フロスト
撮影:ローレンス・シャー
編集:クリス・ディケンズ
音楽:デヴィッド・アーノルド

出演
グレアム・ウィリー:サイモン・ペッグ

クライヴ・ゴリングス:ニック・フロスト
ポール/声:セス・ローゲン
ロレンツォ・ゾイル捜査官:ジェイソン・ベイトマン
ルース・バグス:クリステン・ウィグ
ハガード捜査官:ビル・ヘイダー
タラ・ウォルトン:ブライス・ダナー
オライリー捜査官:ジョー・ロー・トルグリオ
モーゼ・バグス:ジョン・キャロル・リンチ
パット・スティーヴンソン:ジェーン・リンチ
ガス:デヴィッド・ケックナー
ジェイク:ジェシー・プレモンス
ビッグ・ガイ:シガニー・ウィーバー
アダム・シャドウチャイルド:ジェフリー・タンバー
本人/声:スティーヴン・スピルバーグ

アメリカ/イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2011年製作 104分
公開
イギリス:2011年2月14日
北米:2011年3月18日
日本:2011年12月23日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $37,371,390
世界 $97,984,020


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1947年、ワイオミング州、ムーアクロフト
原野の一軒家に住む少女タラは、目の前で、家の外に飛び出した愛犬ポールに向かって、飛行物体が墜落するのを目撃する。

現在、カリフォルニア州、サンディエゴ
コミック業界最大のイベント“コミコン・インターナショナル”に参加するため、イギリス人イラストレーターのグレアム・ウィリー(サイモン・ペッグ)とSF作家クライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)は会場入りする。

興奮続きの二人は、SF作家のアダム・シャドウチャイルド(ジェフリー・タンバー)と話もできて興奮する。

翌日、キャンピング・カーをレンタルした二人は、アメリカ西部のUFOスポットを巡る旅に出発する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
SFオタクのイラストレーター、グレアム・ウィリーと作家クライヴ・ゴリングスのイギリス青年コンビは、キャンピング・カーをレンタルして、エイリアン・スポットを訪ねる旅に出る。
ある場所で、暴走車の事故を目撃した二人は、軍の施設を逃亡して、故郷に帰ろうとしていたエイリアンのポールに遭遇する。
同じ頃、シークレットサービスの捜査官ゾイルが、上司ビッグ・ガイの命令を受けてポールを追う。
その後グレアムらは、立ち寄ったモーテルで、敬虔なクリスチャンである片目の悪い女性ルースと知り合い、ポールに驚き気絶した彼女を連れて逃げ去る。
ルースの父モーゼから、ゾイルも手がかりを得て、ビッグ・ガイが派遣した、若い捜査官ハガードとオライリーらを含めた、大追跡が始まる。
グレアムらは、60年もの地球生活で人間並みになり、不躾で口の悪いポールに手を焼きながらも、芽生えた友情により、彼を故郷に帰そうとするのだが・・・。
__________

出演者などを見れば、三流作品ではないことは明らかだが、そのような雰囲気で展開しながらも、グレッグ・モットーラの、スピーディーで小気味よい演出が冴える愛すべき作品に仕上がっている。

容姿は一般的ではあるが、とてつもなく”人間味”のあるエイリアンの個性が強烈に描かれ、下品なジョークなども大いに笑わせてくれる。

エイリアンに協力する青年らが、不真面目そうでありながら、結構真剣に危機に対処する姿がまた可笑しい。

また、声で出演するスティーヴン・スピルバーグ作品へのオマージュ的な作品で、「レイダース」(1981)の政府巨大倉庫、「未知との遭遇」(1977)の”デビルズタワー”、そしてラストは「E.T.」(1982)と、お馴染みのSFキャラクターの登場も、ファンにはたまらなく嬉しい。

見かけは冴えないのだが、思わず応援したくなるオタク青年コンビ、サイモン・ペッグニック・フロスト、エイリアン・ポールの声セス・ローゲン、結局は、彼の協力者だったという設定がいい捜査官ジェイソン・ベイトマン、モーテルの経営者(ジョン・キャロル・リンチ)の娘役で、ストーリーにアクセントを加えるクリステン・ウィグ、オマケ的ではなく、かなり活躍する捜査官のビル・ヘイダージョー・ロー・トルグリオ、60年前にポールに遭遇した女性で、グウィネス・パルトローの実母のブライス・ダナー、ダイナーの主人ジェーン・リンチ、主人公らを追う二人組デヴィッド・ケックナージェシー・プレモンス、ポール抹殺を命ずるシガニー・ウィーバー、人気SF作家ジェフリー・タンバーなど、豪華スター競演も注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020