4234 Movies

ホワイトナイツ 白夜 White Nights (1985)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

冷戦下、自由や国策への不満から亡命した東西のダンサーが、立場が違う身で芽生えた友情により自由と生きる希望を手に入れるまでを描く、製作、監督テイラー・ハックフォード、主演ミハイル・バリシニコフグレゴリー・ハインズイザベラ・ロッセリーニヘレン・ミレンジェラルディン・ペイジ共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:テイラー・ハックフォード
製作
ウィリアム・S. ギルモア

テイラー・ハックフォード
原案:ジェームズ・ゴールドマン
脚本
ジェームズ・ゴールドマン

エリック・ヒューズ
ナンシー・ダウド
撮影:デヴィッド・ワトキン
編集
フレデリック・スタインカンプ

ウィリアム・スタインカンプ
音楽:ミシェル・コロンビエ

出演
ニコライ”コリャ”ロドチェンコ:ミハイル・バリシニコフ

レイモンド・グリーンウッド:グレゴリー・ハインズ
ダーリャ・グリーンウッド:イザベラ・ロッセリーニ
ガリナ・イワノワ:ヘレン・ミレン
アン・ワイアット:ジェラルディン・ペイジ
ウラジミール・チャイコ大佐:イエジー・スコリモフスキ
ウィン・スコット:ジョン・グローヴァー
ラリー・スミス大使:シェーン・リマー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1985年製作 136分
公開
北米:1985年11月22日
日本:1986年4月26日
北米興行収入 $42,160,850


アカデミー賞 ■
第58回アカデミー賞
・受賞
歌曲賞”Say You, Say Me
ライオネル・リッチー

・ノミネート
歌曲賞
Separate Lives (Love Theme from White Nights)
スティーブン・ビショップ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ソ連からアメリカに亡命た、世界的なバレエ・ダンサー、ニコライ”コリャ”ロドチェンコ(ミハイル・バリシニコフ)は、ニューヨーク公演を終えて東京に向う。

その後、ニコライの乗る旅客機のコックピットで電気系統のトラブルが起き、ソ連の基地に緊急着陸することになる。

危険を感じたニコライは、パスポートなどを破り捨ててトイレに流す。

機体に損傷を受けながら着陸には成功するものの、座席についていなかったニコライは重傷を負い、マネージャーのアン・ワイアット(ジェラルディン・ペイジ)は、彼の身を案ずる。

シベリアノリスクソ連防空基地。
上空からの視察を終えたKGBのウラジミール・チャイコ大佐(イエジー・スコリモフスキ)は、身元不明者の捨てたと思われるパスポートなどを回収して、それを確認した後、モスクワに連絡を入れるよう部下に命ずる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ソ連からアメリカに亡命していた世界的なバレエ・ダンサーのニコライ・ロドチェンコは、旅客機のシベリアでの不時着事故で、KGBのチャイコ大佐に身柄を拘束される。
負傷していたニコライを、チャイコは政治犯扱いして西側との接触を断ち、”キーロフ・バレエ”に彼を復帰させようと考える。
そのためチャイコは、アメリカの国策に失望して、ソ連に亡命していたタップ・ダンサーのレイモンド・グリーンウッドとロシア人妻ダーリャに、ニコライの監視と復帰を促す役目を強要する。
お互いの立場を理解しないニコライとレイモンドは、意見が合わずに反発し合う。
しかし、自由を捨てたレイモンドが、ベトナム戦争での体験などで、国を信じられなくなった苦しみを知ったニコライは、次第に彼を理解し、ダーリャと共にレニングラードに向かうことになる。
ニコライは、チャイコに監視されながら、負傷から癒えた体を慣らし脱出方法を探る。
そこに、かつての恋人で元バレリーナのガリナが、チャイコに命じられ、ニコライに復帰をさせるよう説得に現れるのだが・・・。
__________

定番でもある、”冷戦”の犠牲になる者達のドラマは、サスペンス・タッチの後半に加え、自由を求めた結果の美しい友情も生まれ、クライマックスに向けて、テイラー・ハックフォードのメリハリの効いた演出で大いに盛り上がる。

それに加え、押しつけがましくない雰囲気で、トップ・ダンサーのパフォーマンスを映し出す映像は、大いにファンを楽しませてくれる。

二人のダンスをローアングルから撮った映像も、その力感などを一層際立たせている。

第58回アカデミー賞では、エンディングで流れる、ヒットしたライオネル・リッチーの”Say You, Say Me”が、歌曲賞を受賞した。
・ノミネート
歌曲賞
Separate Lives (Love Theme from White Nights)”
スティーブン・ビショップ

演技者としても好演する世界的バレエ・ダンサー役のミハイル・バリシニコフは、物語とほぼ同じ人生を歩み、1974年にアメリカに亡命し、本作公開の翌年、1986年に帰化している。

どのようにして、この物語に彼のパフォーマンスを挿入するのかが実に興味深かったグレゴリー・ハインズは、ダンスだけでなく、苦悩する亡命者を熱演している。

リアルタイムで観た作品ではあるが、当然のごとく当時は、ヘレン・ミレンの役者としての知識もなく見過ごしていたが、今観ると、既に40歳に近づく彼女は非常に美しく、父親がロシア人だけあり、周囲の雰囲気にマッチした適役であり、キーパーソンとして印象深い演技を見せてくれる。

テイラー・ハックフォードヘレン・ミレンは、1997年に結婚する。

レイモンド(G・ハインズ)のロシア人の妻、母イングリッド・バーグマンの生き写しのような、美しいイザベラ・ロッセリーニ、主人公のマネージャー、ジェラルディン・ペイジKGBの大佐役イエジー・スコリモフスキ、アメリカ大使館員ジョン・グローヴァー、大使シェーン・リマーなど、魅力的な共演者が脇を固めている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020