4504 Movies

ワールド・トレード・センター World Trade Center (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

約3000人の人々が犠牲になった”アメリカ同時多発テロ事件”で、ニューヨークの”世界貿易センター・ビル崩壊”現場に取り残された、湾岸警察隊員ジョン・マクローリンウィル・ヒメノの奇跡の生還を描く、監督オリバー・ストーン、主演ニコラス・ケイジマイケル・ペーニャマギー・ギレンホールマリア・ベロスティーヴン・ドーフマイケル・シャノン他共演のドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:オリバー・ストーン
製作総指揮:ドナルド・J・リーJr.
製作
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア

モーリッツ・ボーマン
デブラ・ヒル
原案
ジョン&ドナ・マクローリン
ウィル&アリソン・ヒメノ
脚本:アンドレア・バーロフ
撮影:シーマス・マクガーヴェイ

編集
デビッド・ブレナー

ジェリー・モンロー
音楽:クレイグ・アームストロング

出演
ニコラス・ケイジジョン・マクローリン
マリア・ベロ:ドナ・マクローリン
マイケル・ペーニャウィル・ヒメノ
マギー・ギレンホール:アリソン・ヒメノ
スティーヴン・ドーフ:スコット・ストラウス
ジョン・バーサルクリストファー・アモロソ

ジェイ・ヘルナンデスドミニク・ペズーロ
マイケル・シャノンデイヴ・カーンズ
ドナ・マーフィ:ジュディ・ジョナス
ウィリアム・メイポーザージェイソン・トーマス

ジュード・チコレッラ:フィールズ警部
パティ・ダーヴバンヴィル:ドナの隣人
ニック・ダミチ:カジマティス警部補
ダニー・ヌッチ:ジラルディ
フランク・ホエーリー:チャック・セレイカ
アルマンド・リスコ:アントニオ・ロドリゲス
病院の母親:ヴィオラ・デイヴィス


アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ/UIP

2006年製作 129分
公開
北米:2006年8月9日
日本:2006年10月7日
製作費 $63,000,000
北米興行収入 $70,236,500
世界 $162,970,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2001年9月11日火曜日、ニューヨーク
湾岸警察ジョン・マクローリンニコラス・ケイジ)は、カジマティス警部補(ニック・ダミチ)を指揮官に、ウィル・ヒメノマイケル・ペーニャ)、ドミニク・ペズーロジェイ・ヘルナンデス)、アントニオ・ロドリゲス(アルマンド・リスコ)らと共に、”ポート・オーソリティ・バスターミナル”の通常パトロールを開始する。

巡回を始めたヒメノは、通常通過するはずのない航空機の機影を気にする。

その直後、署内には爆音の様な音が響き建物が揺れる。

本部に集合するようにという連絡を受けたヒメノらは、ワールド・トレード・センターのツインタワー北棟に飛行機が激突したという事故を知る。

それが大型機であることに驚きながら、マクローリンは、ヒメノ、ロドリゲス、ジラルディ(ダニー・ヌッチ)、ペズーロらと共に現場に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2001年9月11日火曜日、ニューヨーク
湾岸警察ジョン・マクローリンは、通常パトロールを開始するが、ワールド・トレード・センターのツイン・タワー北棟で飛行機激突事故が起きる。
連絡を受けたマクローリンは、部下のヒメノ、ロドリゲス、ペズーロら志願者と共に5ワールドトレードセンターに向かい装備を確保する。
一旦、戻るよう指示されたマクローリンだったが、
次の瞬間、ビルの崩壊が始まる。
避難する暇もなかったマクローリンらは、瓦礫の下敷きになり身動きが取れない状況となる。
しばらくしてマクローリンは、ペズーロヒメノだけが生存していることを確認する。
動くことができたペズーロヒメノを助けようとするものの、周辺が崩れ始める。
ペズーロは死亡し、ヒメノが無事であることを確認したマクローリンは、彼を励まし家族を想いながら救助を待つのだが・・・。
__________

主演のニコラス・ケイジ、その部下役のマイケル・ペーニャは出番は多いものの、 瓦礫の中で身動き出来ないため、回想や幻想で登場する以外はほとんど顔しか見えず、暗闇で画面も見にくいのでファンには少し物足りない気がする。

そんな動きの少ない展開の中、使命を感じ”神に導かれた”海兵隊員が二人を発見するエピソード、家族への想いが奇跡の救出に繋がるストーリーなど、劇的に仕上げたオリバー・ストーンの演出はいかにもアメリカ映画らしい。

事件から5年後という微妙な時期に公開された作品で、実際のニュース映像なども多用されるが、犠牲者や家族への配慮か、それほど痛ましい描写はない。

北米興行収入は約7000万ドル、全世界では約1億6300万ドルのヒットとなった。

普段は頼れる巡査部長(マクローリン)も、身動きがとれず、体力の消耗で弱気になる場面もあるが、 そんな彼を励まし、窮地でもユーモアを忘れない楽天家のウィル・ヒメノマイケル・ペーニャの好演が光る。

母親として辛い思いをしながら夫の身を案ずるマクローリン(N・ケイジ)の妻マリア・ベロヒメノM・ペーニャ)の妻マギー・ギレンホール、死を覚悟しながらしゅじんこうらの救助活動を行う隊員スティーヴン・ドーフ、使命を感じビル崩壊現場に向かう元海兵隊デイブ・カーンズマイケル・シャノン、同じく海兵隊ジェイソン・トーマスウィリアム・メイポーザー、主人公の部下クリストファー・アモロソ役のジョン・バーサルドミニク・ペズーロジェイ・ヘルナンデス、同じくアルマンド・リスコダニー・ヌッチフランク・ホエーリー、主人公の上司である警部ジュード・チコレッラ、警部補ニック・ダミチ、ドナ(M・ベロ)の友人ドナ・マーフィ、隣人パティ・ダーヴバンヴィル、病院の母親ヴィオラ・デイヴィスなどが共演している。

ジョン・マクローリンウィル・ヒメノ両氏、 また、当時救助に参加した消防隊や警察官なども特別出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021