4218 Movies

ディア・ダディ 嘘つき父さんの秘密 World’s Greatest Dad (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

出来の悪い息子の事故死を自殺に見せかけて遺書や日記まで書いた結果、それが世間の評判になり人生が一変する高校教師が巻き起こす騒動を描く、監督、脚本ボブキャット・ゴールドスウェイト、主演ロビン・ウィリアムズダリル・サバラアレクシー・ギルモアジェフ・ピアソンヘンリー・シモンズ他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ボブキャット・ゴールドスウェイト
製作
ハワード・ガートラー
テッド・ハム
リチャード・ケリー
ショーン・マッキトリック
ティム・ペレル
製作総指揮:ジェニファー・ロス
脚本:ボブキャット・ゴールドスウェイト
撮影:ホラシオ・マーキネス
編集:ジェイソン・スチュワート
音楽:ジェラルド・ブランスキル

出演
ランス・クレイトン:ロビン・ウィリアムズ
カイル・クレイトン:ダリル・サバラ
クレア・リード:アレクシー・ギルモア
アンドリュー・トラウトマン:エヴァン・マーティン
ワイアット・アンダーソン校長:ジェフ・ピアソン
マイク・レーン:ヘンリー・シモンズ
ボニー・トラウトマン:ミッツィ・マッコール
ジェイソン:ジャーメイン・ウィリアムズ
ヘザー・ジョンソン:ロレイン・ニコルソン
モーガン:モーガン・マーフィー
バート・グリーン:トビー・ハス
ジェリー・クレイン:トム・ケニー
本人:ブルース・ホーンズビー
リムジンのドライバー:ボブキャット・ゴールドスウェイト

アメリカ 映画
配給 マグノリア・ピクチャーズ
2009年製作 99分
公開
北米:2009年8月21日
日本:未公開
製作費 $221,810


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シングルファザーの高校教師ランス・クレイトン(ロビン・ウィリアムズ)は、作家として成功することを夢見ていた。

今回の原稿もボツなら諦めようと考えていたランスは、問題児である15歳の息子カイル(ロビン・ウィリアムズ)と暮らしていた。

校長のワイアット・アンダーソン(ジェフ・ピアソン)と話をしたランスは、自分が担当する詩の授業が人気がないため、廃止することを考えていると言われる。

人気があるマイク・レーン(ヘンリー・シモンズ)の創作クラスにその予算を使う考えがあると言うアンダーソンは、これは激励だとランスに伝える。

マイクに声をかけられ挨拶したランスは、恋人である同僚のクレア・リード(アレクシー・ギルモア)とキスして新作の原稿を渡し、食事の約束をして別れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
作家になる夢を諦めかけていた高校教師でシングルファザーのランス・クレイトンは、出来の悪い15歳の息子カイルに頭を悩ましていた。
担当する詩のクラスも人気がなく、同僚教師のクレアとの関係も危ういランスは、ある日、カイルが自慰行為の最中に事故死してしまったためにショックを受ける。
自殺を装い遺書まで書いたランスは、出来は悪かったもののカイルの死を悲しむ。
そんなランスは、自分が書いた遺書などが評判になり、嫌われていたカイルが生徒達の間で崇拝されるようになったために驚き、日記も書きそれが本にまでなるのだが・・・。
__________

コメディアンとしても知られるボブキャット・ゴールドスウェイトが、脚本を兼ねて監督した作品。

出来の悪い息子の事故死を自殺に見せかて遺書や日記まで書いた結果、それが世間の評判になり人生が一変する高校教師が巻き起こす騒動を描くコメディ・ドラマ。

拡大公開もされない小作ではあるが、批評家からは絶賛された作品。

うまくいかない人生が、家族を失ったことをきっかけにして成功者となるという、平凡な高校教師の人生をシニカルに描く、リムジンのドライバーとして出演もしているボブキャット・ゴールドスウェイトの脚本と演出が見どころの作品。

主演のロビン・ウィリアムズは、息子の死をきっかけにして人生が一変する平凡な高校教師を、彼らしい演技で熱演している。

主人公である父や社会に反発する息子のダリル・サバラ、主人公と愛し合う同僚教師のアレクシー・ギルモア、カイル(ダリル・サバラ)のたった一人の友人エヴァン・マーティン、校長のジェフ・ピアソン、人気教師のヘンリー・シモンズ、主人公の隣人である老婦人ミッツィ・マッコール、主人公の詩のクラスの生徒ジャーメイン・ウィリアムズ、カイルを嫌っているものの、死後に彼をお崇拝するようになる女子生徒ロレイン・ニコルソンジャック・ニコルソンの娘)、主人公の同僚教師モーガン・マーフィー、出版エージェントのトビー・ハス、トークショーのプロデューサー、トム・ケニー、本人役でシンガーソングライターのブルース・ホーンズビー、そして、ボブキャット・ゴールドスウェイトがリムジンのドライバーで登場している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020