4213 Movies

シックス・デイ The 6th Day (2000)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1996年にクローン化が成功した羊”ドリー”(2003年死亡)が誕生し、一気にクローン技術が世間話題になったことを受けて製作された、SFサスペンス・アクション大作。
監督ロジャー・スポティスウッド、主演アーノルド・シュワルツェネッガーロバート・デュヴァルトニー・ゴールドウィン他共演。


アクション/アドベンチャー

アーノルド・シュワルツェネッガー / Arnold Schwarzenegger 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ロジャー・スポティスウッド
製作総指揮
デヴィッド・コーツワース

ダニエル・ペトリーJr.
製作
マイク・メダヴォイ

アーノルド・シュワルツェネッガー
ジョン・デイヴィソン
脚本
コーマック・ウィバリー

マリアンヌ・ウィバリー
撮影:ピエール・ミニョー
編集
マーク・コンテ

ドミニク・フォーティン
マイケル・アルカン
音楽:トレヴァー・ラビン

出演
アダム・ギブソン:アーノルド・シュワルツェネッガー

マイケル・ドラッカー:トニー・ゴールドウィン
グリフィン・ウィアー博士:ロバート・デュヴァル
ハンク・モーガン:マイケル・ラパポート
ロバート・マーシャル:マイケル・ルーカー
タリア・エルスワース:サラ・ウィンター
ワイリー:ロドニー・ローランド
ナタリー・ギブソン:ウェンディ・クルーソン
キャサリン・ウィアー:ワンダ・キャノン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2000年製作 123分
公開
北米:2000年11月17日
日本:2000年12月16日
製作費 $82,000,000
北米興行収入 $34,543,700
世界 $96,085,480


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2015年。
人間のクローン化禁止法令”6d法”が施行されている時代。

試合中に重症を負ったプロフットボールのスーパースターが、復帰できるというニュースが流れる。

誕生日を迎えたチャーター・ヘリコプター・パイロット、アダム・ギブソン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、同僚ハンク・モーガン(マイケル・ラパポート)と共に、複製生物工学を手がける実業家マイケル・ドラッカー(トニー・ゴールドウィン)の移送の依頼を受ける。

ギブソンとモーガンは、ドラッカーの代理から、移送時の会話の守秘義務などの契約書にサインさせられ、指紋などを採取される。

モーガンは、誕生日のギブソンを気遣い、ドラッカーの仕事を引き受け彼を乗せ飛び立つ。

娘の愛犬が病気にかかり、処分しなければならなくなり、妻ナタリー(ウェンディ・クルーソン)に、クローンを作るよう頼まれたギブソンはそれに反対する。

その代わりに、娘にせがまれていたロボット人形を手に入れ帰宅したギブソンは、愛犬が元気なことに気づき驚く。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
”神は6日目に人間を創造した”という聖書の言葉に習い、人間のクローン化禁止法”6d法”が施行されている時代。
その法律を廃止させようとする、複製生物工学をビジネスにする実業家ドラッカーが、チャーター・ヘリコプター・パイロットのアダム・ギブソンの命を狙う。
クローン分子と間違われたギブソンは危機を逃れるが、既に家族と暮らす自分のクローンを目撃してしまう。
二人のギブソンが存在することが命取りとなるドラッカーは、ギブソン抹殺を再び命じ、彼の家族を巻き込んだ壮絶な戦いが始まる・・・。
__________

近未来の恐ろしい科学技術を使った陰謀を描くストーリーだが、監督ロジャー・スポティスウッドは、随所にユーモアを交えてCGや大掛かりなアクションも取り入れた、非常に娯楽性の高い作品に仕上げている。

終盤、主人公とクローンの入れ替わりなどが予想される中、衣服だけで区別するしかない二人の行動や、全てが既にクローンではないのかと思わせる雰囲気などで、頭の中が混乱してしまうところもある。

魅力的な共演陣などで期待された作品ではあるが、シュワルツェネッガー作品にしては、前評判ほどの評価は得られず、興行収入は全世界でも1億ドルに達することはできなかった。

製作費 $82,000,000
北米興行収入 $34,543,700
世界 $96,085,480

チャーター・ヘリのパイロットの割には、一撃で殺し屋を倒すところなどが、いかにも彼らしいアーノド・シュワルツェネッガーは、製作にも参加している。

クローン技術を悪用し、世の中を支配しようとするトニー・ゴールドウィン、彼の右腕で警備担当マイケル・ルーカー、同じく殺し屋のサラ・ウィンターロドニー・ローランド、それに反旗を翻すクローン研究の権威ロバート・デュヴァル、その妻ワンダ・キャノン、主人公の同僚マイケル・ラパポート、主人公の妻ウェンディ・クルーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020