4315 Movies

ウォント・バック・ダウン Won’t Back Down (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

子供達のために劣等校を再建させようとする母親と教師の闘いを描く、監督、脚本ダニエル・バーンズ、主演マギー・ギレンホールヴィオラ・デイヴィスオスカー・アイザックロージー・ペレスホリー・ハンター他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ダニエル・バーンズ

製作:マーク・ジョンソン
製作総指揮
ロン・シュミット
トム・ウィリアムズ
脚本
ブリン・ヒル
ダニエル・バーンズ
撮影:ロマン・オーシン
編集:クリスティーナ・ボーデン
音楽:マーセロ・ザーヴォス

出演
ジェイミー・フィッツパトリック:マギー・ギレンホール
ノーナ・アルバーツ:ヴィオラ・デイヴィス
マイケル・ペリー:オスカー・アイザック
ブリーナ・ハーパー:ロージー・ペレス
エヴリン・リスク:ホリー・ハンター
マリア・フィッツパトリック:エミリー・アリン・リンド
チャールズ・アルバーツ:ランス・レディック
トンプソン:ヴィング・レイムス
ロバート・ホランド:ビル・ナン
アーサー・グールド:ネッド・アイゼンバーグ
オリヴィア・ロペス:マリアンヌ・ジャン=バプティスト
イヴォンヌ:ライザ・コロン・ザヤス
コーディ・アルバーツ:ダンテ・ブラウン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2012年製作 121分
公開
北米:2012年9月28日
日本:未公開
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $5,310,550


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ピッツバーグ
シングルマザーのジェイミー・フィッツパトリック(マギー・ギレンホール)は、”ディスレクシア”(難読症)の娘マリア(エミリー・アリン・リンド)と共にアダムズ小学校に登校する。

以前の学校で補修を受けていたことを担任に伝えたジェイミーだったが、この学校では3時で終わると言われ、教師ノーナ・アルバーツ(ヴィオラ・デイヴィス)の教室の様子を見る。

自動車販売店で働くジェイミーは、成績が悪いために勤務時間を減らされそうになる。

ランチタイムになり、教員休息室に向かったノーナは、手に負えない子供ばかり集まることを嘆く同僚のブリーナ・ハーパー(ロージー・ペレス)と話をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ピッツバーグ
シングルマザーのジェイミー・フィッツパトリックは、読字障害の娘マリアと共にアダムズ小学校に登校する。
マリアに対し適切な対応をしようとしない担任に不満を抱くジェイミーは、優秀校であるローザ・パークス小学校の抽選会場に向かうものの落選してしまう。
ジェイミーは、その場にいたアダムズの教師で、障害を持つ息子がいる同じ立場のノーナに出会う。
親と教師の半分の署名を集め、提案書を書き委員会に審問を予約して可決されれば学校が再建できることを知ったジェイミーは、ノーナに協力を求めて活動を始めるのだが・・・。
__________

本作は、2010年、ロサンゼルスサンランド=タハンガでの、”Parent trigger”法を利用した劣等校再建に動いた親達のグループの行動を基に製作された作品。

教育現場とは名ばかりの、劣等生や障害者の収容施設のような学校を、教員組合の圧力などに屈せず、子供達のために闘った親と教員の執念の活動を描く感動作に仕上がっている。

主人公達は、生涯を抱える子の親であり、ゼロから始めた行動で戸惑いながら苦悩するのだが、意外にスムーズに事が解決してしまう展開など、やや脚本に深みがない感じを受ける。

批評家の評価が低かったのもそのあたりが原因だったのかもしれないし、魅力的なキャスティングであり注目作だったが、商業的には成功しなかった作品。

主演のマギー・ギレンホールは、オーバーアクション気味の演技が気になるものの、読字障害の娘のための行動に全てを捧げる母親を熱演し、もう一人の主人公であるヴィオラ・デイヴィスが、息子を傷つけてしまったことで苦しみながら闘う教師を、深い演技で好演している。

ジェイミー(マギー・ギレンホール)に協力して愛し合うようになる教師オスカー・アイザック、ノーナ(ヴィオラ・デイヴィス)の親友である同僚教師のロージー・ペレス、主人公らの気持ちを理解する思慮深い組合の幹部ホリー・ハンター、読字障害であるジェイミーの娘エミリー・アリン・リンド、ノーナの別れた夫ランス・レディック、優秀校ローザ・パークス小学校の校長ヴィング・レイムス、アダムズ小学校の校長ビル・ナン、組合長のネッド・アイゼンバーグ、教育委員会の委員マリアンヌ・ジャン=バプティスト、児童の母親ライザ・コロン・ザヤス、障害があるノーナの息子ダンテ・ブラウンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020