4310 Movies

メリッサ・マッカーシー in ザ・ボス THE BOSS (2016)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

元恋人であるライバルに会社を奪われた金が全ての大物実業家が、新規事業を起ち上げて成功し人間性を取り戻すまでを描く、製作ウィル・フェレルアダム・マッケイ、製作、監督、脚本、出演ベン・ファルコーン、製作、脚本、主演メリッサ・マッカーシークリステン・ベルタイラー・ラビーンピーター・ディンクレイジ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ベン・ファルコーン

製作
メリッサ・マッカーシー
ベン・ファルコーン
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
クリス・ヘンチー
製作総指揮
ロブ・コーワン
ケヴィン・メシック
脚本
メリッサ・マッカーシー
ベン・ファルコーン
スティーヴ・マロリー
撮影:ジュリオ・マカット
編集:クレイグ・アルパート
音楽:クリストファー・レナーツ

出演
ミシェル・ダーネル:メリッサ・マッカーシー
クレア・ローリングス:クリステン・ベル
アイダ・マルケッタ:キャシー・ベイツ
マイク・ビールス:タイラー・ラビーン
ロナルド/ルノー:ピーター・ディンクレイジ
レイチェル・ローリングス:エラ・アンダーソン
ステファン・ドウズ:ティモシー・シモンズ
ヘレン・クリーガン:アニー・マモロー
サンディ・ヘイム:クリステン・シャール
ダナ・ダンドリッジ:セシリー・ストロング
ティト:セドリック・ヤーブロー
マーティ・スラック:ベン・ファルコーン
シスター・アグネス:マーゴ・マーティンデイル
ブライス・クリーン:マイケル・マクドナルド
本人:T-ペイン
本人:ガイル・キング
カイル・マルケッタ:ダックス・シェパード(出演シーンカット)
チャド:デイヴ・バウティスタ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2016年製作 99分
公開
北米:2016年4月8日
日本:未公開
製作費 $29,000,000
北米興行収入 $63,285,890
世界 $78,844,580


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1975年、ブレスド・シスターズ孤児院。
里親に気に入られずに戻ってきたミシェル・ダーネルは、シスター・アグネス(マーゴ・マーティンデイル)に迎えられる。

その後も、新しい里親から見放されたミシェルは成長し、自分の力で成功してみせることをシスター・アグネスに伝える。

シカゴ
それを実現して世界的大企業3社のCEOとなったミシェルは、カリスマ経営者として世間から注目されていた。

ミシェルは、アシスタントのクレア・ローリングス(クリステン・ベル)とティト(セドリック・ヤーブロー)を従えて、金の亡者と言われてもお構いなしに突き進む。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
シカゴ
孤児として育つものの、夢を実現して世界的大企業3社のCEOとなったミシェルは、カリスマ経営者として世間から注目されていた。
ところが、元恋人で今はライバルのルノーの策略によりインサイダー取引で逮捕されたミシェルは、有罪となり服役する。
出所したものの、全てを奪われたミシェルは、アシスタントだったクレアと娘のレイチェルが住むアパートに居候することになる。
そんなミシェルは、クレアが作るブラウニーの美味しさに驚き、子供達を販売員にして、それを売る新規事業を起ち上げ再起を図るのだが・・・。
__________

メリッサ・マッカーシーと夫のベン・ファルコーンが、製作、脚本を担当し、ウィル・フェレルアダム・マッケイも製作に参加した出演したコメディ。

多くの子供達が登場するにも拘らず、お構いなしに過激な下ネタが連発し、大人には笑える内容なのだが、子供には鑑賞させる気にはならない。

北米で約6300万ドルの興行収入に留まり、内容(脚本)が下品なだけに日本などは未公開だった。
製作費が2900万ドルなので成功したとも言えるが、ヒットしそうな雰囲気は感じられるため期待外れに終わったとも言える。
*世界 $78,844,580

製作と脚本を兼ね、カリスマ経営者を迫力で演ずるメリッサ・マッカーシーの、彼女らしいパワフルな演技が見所の作品。

主人公に協力する元アシスタントのクリステン・ベル、その娘エラ・アンダーソン、主人公のビジネスの師である実業家キャシー・ベイツ、クレア(クリステン・ベル)に惹かれる同僚タイラー・ラビーン、主人公の元恋人であるライバルのピーター・ディンクレイジ、そのアシスタントのティモシー・シモンズ、主人公と対立する主婦アニー・マモロー、ボランティア団体のリーダー、クリステン・シャール、クレアの上司セシリー・ストロング、主人公のアシスタント、セドリック・ヤーブロー、主人公の弁護士ベン・ファルコーン、主人公を育てた孤児院のシスター、マーゴ・マーティンデイル、主人公を相手にしない実業家マイケル・マクドナルド、本人役でT-ペインガイル・キング、実生活でのクリステン・ベルのパートナーで、出演シーンがカットされたダックス・シェパード、別バージョンのエンディングに登場するデイヴ・バウティスタなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020