4505 Movies

ウィズアウト・リモース Without Remorse (2021)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1993年に発表された、トム・クランシーの小説”容赦なく”を基に製作された作品。
陰謀に巻き込まれ妻を殺された元”Navy SEALs”隊員の復讐を描く、監督ステファノ・ソリマ、製作、主演マイケル・B・ジョーダンジェイミー・ベルジョディ・ターナー=スミスガイ・ピアース他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ステファノ・ソリマ
製作
アキヴァ・ゴールズマン
マイケル・B・ジョーダン
ジョシュ・アペルバウム
アンドレ・ネメック
原作:トム・クランシー容赦なく
脚本
テイラー・シェリダン
ウィル・ステイプルズ
撮影:フィリップ・ルースロ
編集:マシュー・ニューマン
音楽:ヨンシー

出演
ジョン・ケリー上級兵曹長/ジョン・クラーク:マイケル・B・ジョーダン
ロバート・リター:ジェイミー・ベル
カレン・グリア少佐:ジョディ・ターナー=スミス
ローディ・キング:ルーク・ミッチェル
サンダー:ジャック・ケシー
ヴィクトル・ルイコフ:ブレッド・ゲルマン
パム・ケリー:ローレン・ロンドン
ウェスト牧師:コールマン・ドミンゴ
トーマス・クレイ国防長官ガイ・ピアース
ハチェット:ジェイコブ・スキピオ
キース・ウェッブ:カム・ギガンデット
ダラス:トッド・ラザンス
サラ・ディラードCIA長官:ルーシー・ラッセル
アンドレ・ワシリエフ:メラーブ・ニニッゼ

アメリカ 映画
配給 アマゾン・スタジオ
2021年製作 109分
公開
北米:2021年4月30日
日本:2021年4月30日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シリアアレッポ
アメリカ海軍Navy SEALs”のジョン・ケリー上級兵曹長(マイケル・B・ジョーダン)の部隊は、指揮官のカレン・グリア少佐(ジョディ・ターナー=スミス)と共に、CIAのロバート・リター(ジェイミー・ベル)に合流する。

グリアらは、親アサド派と思われる、準軍事組織の人質となったCIA工作員を救出する。

それが元ロシア兵だと知ったケリーは疑問に思い、部隊は攻撃を受ける。

死傷者が出たものの、リターから人質救出が優先だと言われたケリーは、脱出地点で合流することを確認する。

グリアを助けたケリーは、その場がロシアの武器の倉庫であることに気づきながら敵を倒す。

脱出地点に到着したヘリコプターに乗り込んだケリーとグリアは、ロシア兵のことでリターを追及する。

仲間が1人死んだことをリターに伝えたケリーは、それが仕事だと言われたために憤慨し、彼に襲いかかろうとする。

グリアに制止されたケリーは、空爆される市街を見つめる。

3か月後、ワシントンD.C.
除隊を決めたケリーは、来月、出産を控える妻パム(ローレン・ロンドン)と共にパーティーに出席する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
シリアアレッポ
アメリカ海軍Navy SEALs”のジョン・ケリー上級兵曹長は、指揮官のグリア少佐らと共にCIAのリターに合流する。
ケリーとグリアは、救出した人質のCIA工作員が元ロシア兵だったためにリターの行動を疑う。
帰国後ケリーは、侵入者に出産を控えた妻パムを殺され、復讐を誓い犯人を探そうとする。
グリアの協力を得たケリーは、侵入者が”FSB/ロシア連邦保安庁”の工作員だったことを知り、真相を突き止めようとするのだが・・・。
__________

トム・クランシーの小説”容赦なく”を基に製作された作品。
ジャック・ライアンシリーズ”に登場する、特殊部隊”レインボー”の立案者ジョン・ケリーが”ジョン・クラーク”になるまでを描くサスペンス・アクション。

製作したパラマウント映画により劇場公開される予定だったが、”新型コロナウイルス”拡大の影響で延期され、結局は公開を断念してアマゾン・スタジオに配給権を売却し、Amazonプライム・ビデオで独占配信された経緯がある。

ストーリーがややご都合主義的であり、米ソの対立も含め、現代の政治、軍事的問題にマッチしない内容に加え、古臭い愛国心を大儀とした陰謀の目的など、演出、脚本ともに平凡なものに終わっている。

妻を殺され、復讐のためには手段を選ばない元”Navy SEALs”隊員を演ずるマイケル・B・ジョーダンは、その目的を達成し、人間として成長しながら新たなポジションに就く主人公を熱演している。

主人公と対立し合いながら、陰謀の黒幕を突き止めようとするCIA局員ジェイミー・ベル、主人公と共に戦う”Navy SEALs”の指揮官ジョディ・ターナー=スミス、その部下で”FSB/ロシア連邦保安庁”に殺されるルーク・ミッチェルカム・ギガンデット、陰謀の黒幕である国防長官ガイ・ピアースムルマンスク作戦チームの隊員ジャック・ケシージェイコブ・スキピオトッド・ラザンス、主人公の妻を殺したFSB工作員ブレッド・ゲルマン、主人公の妻ローレン・ロンドン、主人公の知人である牧師コールマン・ドミンゴCIA長官のルーシー・ラッセルロシアの外交官メラーブ・ニニッゼなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021