4716 Movies

わが心に歌えば With a Song in My Heart (1952)

飛行機事故で重傷を負いながら第二次大戦中の兵士の慰問などで献身的な活動をした歌手で女優のジェーン・フローマンの半生を描く、監督ウォルター・ラング、主演スーザン・ヘイワードロリー・カルホーンデヴィッド・ウェインセルマ・リッターロバート・ワグナー他共演のミュージカル・ドラマ。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督:ウォルター・ラング
製作:ラマー・トロッティ
脚本:ラマー・トロッティ
撮影:レオン・シャムロイ
編集:J・ワトソン・ウェッブJr.
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
ジェーン・フローマンスーザン・ヘイワード
ジョン・バーン:ロリー・カルホーン
ドン・ロス:デヴィッド・ウェイン
クランシー:セルマ・リッター
GI空挺部隊員:ロバート・ワグナー
ジェニファー・マーチ:ヘレン・ウェスコット
シスター・マリー:ウナ・マーケル
ダンサー/テノール歌手:リチャード・アラン
ハリー・ギルド:マックス・ショーウォルター
バンドリーダー:エド・オリヴァー
フォー・ガールフレンズ
モダネアーズ
メロディーメン
スクリアークス
スターライタース

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1952年製作 117分
公開
北米:1952年4月4日
日本:1953年7月8日


アカデミー賞
第25回アカデミー賞
・受賞
音楽賞(ミュージカル)
・ノミネート
主演女優(スーザン・ヘイワード
助演女優(セルマ・リッター
衣裳デザイン(カラー)・録音賞


ストーリー
シンシナティ
歌手志望のジェーン・フローマンスーザン・ヘイワード)は、売れないヴォードヴィリアンのドン・ロス(デヴィッド・ウェイン)と出会い、彼のおかげでラジオ局と契約することができる。
CMから始めたジェーンは、瞬く間にその才能を認められる。
ドンをマネージャーにしたジェーンは、ニューヨークに進出して人気歌手となる。
その後、ドンとの関係も深まるジェーンは、なかなか決心がつかなかったものの、彼と結婚する。
順調にキャリアを重ねるジェーンとは対照的に、芸も続けるドンは下積み生活が続き、2人の関係は真実の愛とは言えなかった。
やがて第二次大戦にアメリカが参戦し、軍の慰問活動も始めたジェーンヨーロッパに出発する。
リスボンに到着する寸前で、旅客輸送用飛行艇は川に墜落し、重傷を負ったジェーンは、副操縦士のジョン・バーン(ロリー・カルホーン)に助けられる。
ジョンと共に病院で治療を受けたジェーンは、彼と親交を深めながら、看護師クランシー(セルマ・リッター)に励まされ入院生活を送る。
クランシーを伴い帰国したジェーンは、手術を繰り返しながら、ドンの献身的な働きで歌手として再起を果たそうとする。
そんな時、ジョンも帰国したことを知ったジェーンは、命の恩人である彼に思いを寄せるようになるのだが・・・。


解説 評価 感想

大手映画会社各社が製作を希望したジェーン・フローマンの物語を20世紀FOXが映画化した作品で、監督ウォルター・ラング、製作を兼ねたラマー・トロッティが脚本を担当した。

ジーン・ピーターズの主演が予定されたものの、スーザン・ヘイワードが主人公を演ずることになった。

第25回アカデミー賞ではアルフレッド・ニューマンが音楽賞(ミュージカル)を受賞し、主演女優(スーザン・ヘイワード)、助演女優(セルマ・リッター)、衣裳デザイン(カラー)、録音賞にノミネートされた。

終戦から6年後に製作された作品であるため、戦中の主人公の活動が国民の記憶に新しく、鮮やかなテクニカラーの映像と、美しいスーザン・ヘイワードの見事なパフォーマンスにより、戦争で疲弊した人々に希望を与えた作品でもある。

事故時の副操縦士であり、主人公を救い惹かれ合うようになるロリー・カルホーン、主人公と結婚して献身的に尽くすものの、真実の愛を掴むことができないヴォードヴィリアンのデヴィッド・ウェイン、主人公を励まし心の支えとなる看護師を確かな演技で好演するセルマ・リッター、主人公のステージに2度上がる空挺部隊員で、本作の演技が認められてスターになるきっかけとなったロバート・ワグナー、主人公の入院時に付き添うシスターのウナ・マーケル、ドン(デヴィッド・ウェイン)の相棒マックス・ショーウォルター他、ヘレン・ウェスコット、歌のパフォーマーとしてフォー・ガールフレンズ、モダネアーズ、メロディーメン、スクリアークス、スターライタースなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022