4234 Movies

荒れ狂う河 Wild River (1960)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

フランクリン・ルーズベルト大統領が実施した、大恐慌の対策事業の”ニューディール政策”の一つである”テネシー川流域開発公社”(TVA)職員が、水没する島に居座ろうとする老女を説得して任務を果たすまでを描く、製作、監督エリア・カザン、主演モンゴメリー・クリフトリー・レミックジョー・ヴァン・フリートアルバート・サルミ他共演のドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:エリア・カザン
製作:エリア・カザン
原作
ボーデン・ディール

ウィリアム・ブラッドフォード・ヒューイ”Mud on the Stars”
脚本:ポール・オズボーン

撮影:エルスワース・フレデリックス
編集:ウィリアム・レイノルズ
音楽:ケニヨン・ホプキンス

出演
チャック・グラヴァー:モンゴメリー・クリフト

キャロル・ガース・ボールドウィン:リー・レミック
エラ・ガース:ジョー・ヴァン・フリート
ハンク・ベイリー:アルバート・サルミ
ベティ・ジャクソン:バーバラ・ローデン
ハミルトン・ガース:ジェイ・C・フリッペン
キャル・ガース:ジェームズ・ウェスターフィールド
ウォルター・クラーク:フランク・オーヴァートン
サイ・ムーア:マルコム・アターベリイ
トム・メイナード町長:ジャームズ・スティークリー
ジャック・ポーター:ブルース・ダーン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1960年製作 110分
公開
北米:1960年3月26日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1933年5月18日。
アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトは、大恐慌の対策で実施した、”ニューディール政策”の一環として、テネシー川流域の開発事業を推進する、”テネシー川流域開発公社”(TVA)を政府機関として設立する。

川の氾濫などを食い止めるために、ダムを建設する事業は雇用を確保する利点はあったが、それにより水没地域の住民との問題も抱えていた。

その交渉役としてTVA職員チャック・グラヴァー(モンゴメリー・クリフト)が現地に赴任する。

TVAは、水没する地域の土地を買い占めようとしていたが、川に浮かぶ島の住民の代表エラ・ガース(ジョー・ヴァン・フリート)の説得が難航していた。

事務員ベティ・ジャクソン(バーバラ・ローデン)に、困難な状況を説明されたグラヴァーは、トム・メイナード町長(ジャームズ・スティークリー)の元に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1942年に発表された、ウィリアム・ブラッドフォード・ヒューイの小説”Mud on the Stars”と、ボーデン・ディールの小説を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ルーズベルト大統領が、大恐慌の対策として考えた”ニューディール政策”の、一環事業で発足したテネシー川流域開発公社職員チャック・グラヴァーは、ダム建設のために、川に浮かぶ小島に住む住民を立ち退かせようとする。
しかし、グラヴァーは頑なに抵抗する老女エラの説得に難航する。
当初、相手にもされなかったエラを、少しずつ理解していくグラヴァーは、やがて、彼女の孫娘キャロルと心触れ合い、愛し合うようになる・・・。
__________

大恐慌に苦しみながら、貧しくもその土地を守り抜くことに使命感を感じる老女と、政府の役人の対立を、エリア・カザンらしい鋭い切り口でリアルに描いた、アメリカ国内での評価が非常に高い、社会派ドラマの秀作。

土地の立ち退き問題から、人種問題も絡んでくる展開と、臨時赴任の主人公と地元女性との恋愛、それぞれの、考え方は平行線をたどり全てが丸く収まるわけではないが、一気にまとまりを見せるクライマックスの描き方なども見事だ。

しかし、日本ではテレビ放映されたのみで、劇場未公開なのは残念だ。

2002年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

病気や交通事故の不運など、辛い時期を乗り越え、精力的に仕事をこなし始めていたモンゴメリー・クリフトは、一見ひ弱に見えるものの、誠実さで、立ち退く土地の人々の心を掴んでいく役人を好演している。

若く結婚して夫を亡くし、若者らしい将来への希望も持てない女性を演ずるリー・レミックの、しっとりとした演技も光る。

実はまだ40代半ばだったジョー・ヴァン・フリートは、女性ながら、島を統率する長老を見事に演じ、圧倒的な存在感を見せてくれる。

典型的な南部の悪党という雰囲気のアルバート・サルミTVA事務所職員バーバラ・ローデン、老女の息子ジェイ・C・フリッペンジェームズ・ウェスターフィールド、キャロル(L・レミック)との結婚を望むフランク・オーヴァートン、町の実業家マルコム・アターベリイ、そして町の若者役で、ブルース・ダーンが端役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020