4504 Movies

地球最後の日 When Worlds Collide (1951)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1933年に発表された、エドウィン・バーマーフィリップ・ワイリーのSF小説”地球最後の日”を基に製作された作品。
遊星の衝突が迫る地球の危機を描く、監督ルドルフ・マテ、主演リチャード・デアバーバラ・ラッシュピーター・ハンセンジョン・ホイトラリー・キーティング他共演のSFドラマ。


SF


スタッフ キャスト
監督:ルドルフ・マテ

製作:ジョージ・パル
原作
エドウィン・バルマー
フィリップ・ワイリー
原作
地球最後の日
エドウィン・バーマー
フィリップ・ワイリー
脚本:シドニー・ボーム
撮影
ジョン・F・サイツ
W・ハワード・グリーン
特殊効果:ゴードン・ジェニングス
編集:アーサー・P・シュミット
音楽:リース・スティーヴンス

出演
デヴィッド・ランドール:リチャード・デア
ジョイス・ヘンドロン:バーバラ・ラッシュ
トニー・ドレイク医師:ピーター・ハンセン
シドニー・スタントン:ジョン・ホイト
コール・ヘンドロン博士:ラリー・キーティング
ジュリー・カミングス:レイチェル・エイムズ
ジョージ・フライ博士:スティーブン・チェイス
ハロルド・フェリス:フランク・キャディ
エメリー・ブロンソン博士:ヘイデン・ローク
オッティンジャー博士:サンドロ・ギグリオ
ドノヴァン:ジェームズ・シーイ
暴徒:カーク・アリン
暴徒:スチュアート・ホイットマン
税関主任検査官:ジョン・リッジリー
アメリカ大統領/ナレーター:ポール・フリーズ
ポール:アート・ギルモア

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1951年製作 83分
公開
北米:1951年11月15日
日本:1952年4月10日
製作費 $936,000


アカデミー賞
第24回アカデミー賞

・受賞
特殊効果賞
・ノミネート
撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
腐敗し堕落した人間を見た神は、人類を絶滅させる決断をした・・・。
__________

南アフリカ
天文学者のエメリー・ブロンソン博士(ヘイデン・ローク)は、2つの天体が2週間で160万キロ移動したことに気づく。

ブロンソンは、そのデータと写真をコール・ヘンドロン博士(ラリー・キーティング)に届けるために、パイロットのデヴィッド・ランドール(リチャード・デア)に渡す。

ランドールは、鍵がかけられたボックスを受け取り手錠でつなぎ、航空機でニューヨークに向かう。

途中ランドールは、センチネル紙の記者ドノヴァン(ジェームズ・シーイ)からの電報を受け、独占取材に5000ドル払うという連絡を受ける。

ニューヨーク
現地に着いたランドールは、ヘンドロン博士の娘ジョイス(バーバラ・ラッシュ)の指示を受けた税関主任検査官(ジョン・リッジリー)から、パスポートの提示を求められる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
遊星ベラスと衛星ザイラの異常な移動に気づいた天文学者ブロンソンは、そのデータと写真を、ニューヨークのヘンドロン博士に渡すようパイロットのデヴィッド・ランドールに指示する。
現地に着いたランドールは、ヘンドロンの娘ジョイスに迎られ、美しい彼女に惹かれてしまう。
ランドールからデータと写真を受け取ったヘンドロンは、その解析の結果、8か月後に遊星接近で地球が影響を受け、最終的にはベラスが衝突するという結論に達する。
国連でその件を発表するものの、各国代表に信じてもらえないヘンドロンは、観測所の理事や実業家のスタントンの協力を得て、”ノアの方舟”のような脱出ロケットの建造を開始するのだが・・・。
__________

エドウィン・バーマーフィリップ・ワイリーのSF小説”地球最後の日”を基に製作されたSF映画。

撮影監督として知られるルドルフ・マテの映像センスが注目の作品でもある、。

製作のジョージ・パルは、「月世界征服」(1950)に続いた本作、「宇宙戦争」、(1953)、「宇宙征服」(1955)が宇宙映画四部作と言われている。

遊星の衝突が迫る地球の危機に対処するべく、”ノアの方舟”のようなロケットを建造した脱出計画を描く大規模なストーリーなのだが、関係者の些細な人間関係なども描かれている内容は、今観ても実に興味深い。

巨大な滑走路を利用した発射方法やその映像、当時の技術を最大限に活かした特殊効果は高く評価され、第24回アカデミー賞では特殊効果賞を受賞し、撮影賞(カラー)にもノミネートされた。
ただ、衛星ザイラに無事到着した人類の前に広がる新天地の光景が、アドバイザーを兼ねた著名な画家チェスリー・ボーンステルによるものなのだが、突然、現実とは思えないデザイン画であるために残念だ。

遊び人のような雰囲気で登場するものの、人道的な考えを持つ人間味のある役柄を熱演するパイロットのリチャード・デア、彼と惹かれ合う科学者の娘で、当時のジェフリー・ハンター夫人バーバラ・ラッシュ、恋人だった彼女を主人公に譲る医師のピーター・ハンセン、ヒロインの父親である、地球の危機を救おうとする科学者ラリー・キーティング、彼に出資するものの、自分の命を第一に考える実業家ジョン・ホイト、プロジェクトの従事者で、恋人と共に新世界に向かうレイチェル・エイムズ、プロジェクトのリーダーでもある科学者スティーブン・チェイス、出資者の実業家を恨むアシスタントのフランク・キャディ、遊星の地球衝突を予測する天文学者ヘイデン・ローク、地球の危機に懐疑的な科学者サンドロ・ギグリオ、主人公を取材しようとする記者ジェームズ・シーイ、ロケットに乗り込もうとする暴徒のカーク・アリンと端役出演のスチュアート・ホイットマン、税関主任検査官のジョン・リッジリー、アメリカ大統領とナレーターのポール・フリーズ、他アート・ギルモアなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021