4504 Movies

幽霊の館 Invisible Ghost (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妻が去ったショックで殺人鬼となる二重人格者の医師を描く、監督ジョセフ・H・ルイス、主演ベラ・ルゴシポリー・アン・ヤングジョン・マグワイア他共演のホラー。


スリラー/ホラー

マスターズ・オブ・モンスターズ Masters of Horror / Pinterest


スタッフ キャスト

監督:ジョセフ・H・ルイス
製作:サム・カッツマン
脚本
ヘレン・マーティン
アル・マーティン
撮影
ハーヴェイ・グールド
マルセル・ル・ピカード
編集:ロバート・ゴールデン
音楽
ジョニー・ラング
リュー・ポーター

出演
チャールズ・ケスラー医師:ベラ・ルゴシ
ヴァージニア・ケスラー:ポリー・アン・ヤング
ラルフ・ディクソン/ポール・ディクソン:ジョン・マグワイア
エヴァンス:クラレンス・ミューズ
セシル・マニックス:テリー・ウォーカー
ケスラー夫人:ベティ・コンプソン
ジュール・メイソン:アーニー・アダムス
ウィリアムズ警部補:ジョージ・ペンブローク
メイソン夫人:オットーラ・ネスミス
ライアン刑事:フレッド・ケルシー
ティム刑事:ジャック・マルホール
精神科医:ロイド・イングラム

アメリカ 映画
配給 Astor Pictures
1941年製作 63分
公開
北米:1941年4月25日
日本:1996年11月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
著名な医師チャールズ・ケスラー(ベラ・ルゴシ)は、妻(ベティ・コンプソン)とは別れ、娘のヴァージニアと暮らしていた。

ケスラーは、年に一度、結婚記念日に、執事のエヴァンズ(クラレンス・ミューズ)に食事を用意させて、妻がその場にいるものと思い込むのだった。

ヴァージニアは、訪ねて来た恋人のラルフ・ディクソン(ジョン・マグワイア)に、そのことを説明する。

仲がよさそうに見えた両親に愛はなく、数年前に母が父の親友と不倫したため、ケスラーは精神的なショックを受けしまった。

その後、結婚記念日になるとケスラーがあの状態になることを、ヴァージニアはラルフに話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
著名な医師チャールズ・ケスラーは、妻が浮気したショックで精神に異常をきたすものの、娘のヴァージニアはそれに気づいていなかった。
屋敷を去った妻は交通事故により脳に障害を負い、ケスラー家の庭師ジュールスの世話で、付近の小屋で誰にも知られずに暮らしていた。
小屋を抜け出した妻は屋敷に向かい、彼女を目撃したケスラーは意識に異変を感じ、別人格の殺人鬼となり使用人に襲いかかる・・・。
__________

B級映画監督として知られるジョセフ・H・ルイスが、怪奇映画のスター、ベラ・ルゴシと組んだ作品。

妻が去ったショックで殺人鬼となる、二重人格者の医師を描くホラー。

フィルムの保存状況が非常に良い、美しい映像の作品。

二重人格者の殺人鬼を演ずる主演のベラ・ルゴシの、雰囲気ある演技は見もので、異様な状況を伝える、暖炉の炎越しの映像など、様々な工夫が見られる作品に仕上がっている。

ベラ・ルゴシと製作者のサム・カッツマンは意気投合し、さらに2作を製作することが決まり、2人のコンビで9作が公開された。

母が去った後の父が精神的に不安定であることを心配する、主人公の娘ポリー・アン・ヤング、その恋人と兄を演ずるジョン・マグワイア、主人公の屋敷の執事クラレンス・ミューズ、使用人のテリー・ウォーカー、庭師のアーニー・アダムス、主人公の妻ベティ・コンプソン、事件の担当刑事ジョージ・ペンブローク、その部下フレッド・ケルシージャック・マルホール、庭師の妻オットーラ・ネスミス、精神科医のロイド・イングラムなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021