4504 Movies

悪い種子 The Bad Seed (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1954年に発表された、ウィリアム・マーチの小説”The Bad Seed”を基にしたマクスウェル・アンダーソンの”同名戯曲”の映画化。
娘が殺人者の血筋を受け継いだことを知った母親の苦悩を描く、製作、監督マーヴィン・ルロイ、主演ナンシー・ケリーパティ・マコーマックヘンリー・ジョーンズアイリーン・ヘッカートイヴリン・ヴァーデンウィリアム・ホッパーポール・フィックス他共演の心理スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:マーヴィン・ルロイ

製作:マーヴィン・ルロイ
原作
ウィリアム・マーチThe Bad Seed
マクスウェル・アンダーソンThe Bad Seed”(戯曲)
脚本:ジョン・リー・メイヒン
撮影:ハル・ロッソン
編集:ウォーレン・ロー
音楽:アレックス・ノース

出演
クリスティン・ペンマーク:ナンシー・ケリー
ローダ・ペンマーク:パティ・マコーマック
リロイ・ジェサップ:ヘンリー・ジョーンズ
ホーテンス・デイグル:アイリーン・ヘッカート
モニカ・ブリードラヴ:イヴリン・ヴァーデン
ケネス・ペンマーク大佐:ウィリアム・ホッパー
リチャード・ブラボー:ポール・フィックス
エモリー・ウェージズ:ジェシー・ホワイト
レジナルド”レジー”タスカー:ゲージ・クラーク
クラウディア・ファーン:ジョーン・クロイドン
ヘンリー・デイグル:フランク・キャディ
病院の警備員:ドン・C・ハーヴェイ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1956年製作 129分
公開
北米:1956年9月12日
日本:1957年4月4日
製作費 $1,000,000


アカデミー賞
第29回アカデミー賞

・ノミネート
主演女優(ナンシー・ケリー
助演女優(パティ・マコーマック
助演女優(アイリーン・ヘッカート
撮影賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ケネス・ペンマーク大佐(ウィリアム・ホッパー)と妻クリスティン(ナンシー・ケリー)は、8歳の娘ローダ(パティ・マコーマック)を溺愛していた。

出張でワシントンD.C.に向かうケネスは、アパートの大屋で親友でもあるモニカ・ブリードラヴ(イヴリン・ヴァーデン)に2人のことを任せ、ローダとクリスティンに別れを告げて出かける。

ローダは、モニカからサングラスとロケットをプレゼントしてもらい喜ぶ。

そこに、モニカが雇っている風変わりなアパートの管理人リロイ・ジェサップ(ヘンリー・ジョーンズ)が現れ、モニカは、無作法な彼の態度が気になる。

ローダは、学校のペン習字大会で同級生のクロード・デイグルに負けたことを悔しく思い、それをモニカに話す。

モニカは、ローダをからかうリロイを叱るものの、クリスティンは気にしなかった。

クリスティンはローダと共に、学校の行事のピクニックが行われている湖に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
クリスティン・ペンマークは、陸軍大佐である夫のケネスと9歳の娘ローダと共に平穏に暮らしていた。
学校の行事のピクニックで、ローダの同級生の少年クロードが溺死する事件が起きる。
クリスティンは、クロードに最後に会ったローダが、彼のペン習字大会のメダルを奪おうとした話を担任のファーンから知らされて動揺する。
その件をローダに追及したクリスティンは、動じることなく平然と話をする彼女の態度が気になる・・・。
__________

ウィリアム・マーチの小説”The Bad Seed”を基にした、マクスウェル・アンダーソンの大ヒット”同名戯曲”の映画化。

数々の名作を世に残したマーヴィン・ルロイが、製作を兼ねて監督した作品であり、舞台でトニー賞を受賞した主演のナンシー・ケリーをはじめ、主要登場人物が本作にも出演した。

何不自由ない生活を送る家族が、あることをきっかけに、自分が殺人者の血筋であることを知り、死を覚悟するまで苦悩する姿が切実に描かれた心理スリラーの秀作。

主人公の母娘役ナンシー・ケリーパティ・マコーマック、被害者の母親役アイリーン・ヘッカートの鬼気迫る演技は、舞台と共に本作でも絶賛され、第29回アカデミー賞では、主演女優、助演女優賞にそれぞれノミネートされた。
*他ノミネート 撮影賞(白黒)

個人的には、主人公の父親役のポール・フィックスの出演が嬉しい。
彼は、盟友ジョン・ウェイン作品の常連だったことで知られる名バイプレイヤーであり、同年の「ジャイアンツ」(1956)では、エリザベス・テイラーの父親役も演じている。
ウェイン作品では、補佐的に目立ち過ぎないように演技しているのだが、本作では、苦悩する娘を案ずる父親として、存在感のある役柄を見事に演じている。

ペンマーク家の娘を嫌いからかう、風変わりなアパートの管理人ヘンリー・ジョーンズ、彼を雇うアパートの大屋で主人公家族の友人でもあるイヴリン・ヴァーデン、主人公の夫である陸軍大佐ウィリアム・ホッパー、主人公の父親ポール・フィックス、モニカ(イヴリン・ヴァーデン)の弟で主人公の友人ジェシー・ホワイト、犯罪学者のゲージ・クラーク、学校の教師ジョーン・クロイドン、被害者の少年の父親フランク・キャディ、病院の警備員ドン・C・ハーヴェイなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021