4234 Movies

ジャイアンツ GIANT (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

「ショーボート」や「シマロン」のエドナ・ファーバーが、1952年に発表した同名小説を基に製作された作品。
ラストの主演のエリザベス・テイラーのセリフにもあるが、桁外れの土地を所有するテキサスの大牧場主一家、夫婦の四半世紀にも及ぶ半生を描く、製作、監督ジョージ・スティーヴンス、共演ロック・ハドソンジェームズ・ディーンによる超大作。


ドラマ

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・スティーヴンス
製作
ジョージ・スティーヴンス
ヘンリー・ジンスバーグ
原作:エドナ・ファーバー
脚本
フレッド・ジュイオル
アイヴァン・モファット
撮影:ウィリアム・C・メラー
編集:ウィリアム・ホーンベック
美術・装置
ボリス・レヴン
ラルフ・S・ハースト
衣装デザイン
モス・メイブリー
マージョリーベスト
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
エリザベス・テイラー:レズリー・ベネディクト
ロック・ハドソン:ジョーダン”ビック”ベネディクト
ジェームズ・ディーン:ジェット・リンク
マーセデス・マッケンブリッジ:ラズ・ベネヂクト
チル・ウィルス:ボウリー
デニス・ホッパー:ジョーダン・ベネディクト III
キャロル・ベイカー:ラズ・ベネディクト II
アール・ホリマン:ボブ・デイス
ジェーン・ウィザーズ:ヴァシタイ・ヘレイク・スニス
エルザ・カーデナス:ホアナ・グエラ・ベネディクト
ポール・フィックス:ホレイス・リントン
ジュディス・エヴェリン:ナンシー・リントン
フラン・ベネット:ジュディ・ベネディクト
ロッド・テイラー:デヴィッド・カーフリー
サル・ミネオ:アンヘル・オブレゴンⅡ
キャロリン・クレイグ:レイシー・リントン
ニック・アダムス:ジェット・リンク(ジェームズ・ディーンの声の代役)

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1956年製作 199分
公開
北米:1956年11月24日
日本:1956年12月19日
製作費 $5,400,000
北米興行収入 $35,000,000


アカデミー賞 ■
第29回アカデミー賞
・受賞
監督賞
・ノミネート
作品
主演男優(ロック・ハドソン/ジェームズ・ディーン)
助演女優(マーセデス・マッケンブリッジ)
脚色・音楽賞(ドラマ/コメディ)・美術(カラー)
衣裳デザイン・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
メリーランド
テキサスに約60万エーカーの土地を所有する大牧場主ジョーダン”ビック”ベネディクト(ロック・ハドソン)は、種馬の買い付けのため、ホレイス・リントン(ポール・フィックス)の屋敷を訪ねる。

駅でリントンに迎えられたビックは、勝気だが上品さを兼ね備えたリントン家の長女レズリー(エリザベス・テイラー)に一目惚れしてしまう。

その夜の食事の最中、ビックはテキサス一の広さを誇る自分の牧場”レアータ”の大きさを説明するが、 リントン家の人々には想像がつかない。

その後、ビックは、自分の想いをレズリーにうまく伝えられず、翌朝、早くに旅立つため彼女に別れを告げるものの、心残りで眠ることが出来ない。

レズリーも、長身で逞しいビックに惹かれ、テキサスのことを調べながら眠りに付き朝を迎える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
テキサス最大の牧場を所有する大牧場主ビック・ベネディクトは、種馬の買い付けで訪れたメリーランドの地で、両家の子女レズリーと出会い一目惚れしてしまう。
即、結婚を決めたビックは、レズリーをテキサスに連れ帰り日常生活に戻る。
想像を超えた広さと環境に戸惑ったレズリーだったが、彼女に対抗心を燃やすビックの姉ラズに、自分の思う通りの生活を貫くことを宣言し、次第にその地に順応していく。
しかし、ラズは落馬で亡くなり、ビックといがみ合う使用人ジェットに、小さな土地が遺されることになる。
時は流れ、ビックとレズリーの間も紆余曲折を経ながら、子供にも恵まれ平穏な暮らしをしていた。
そんな時、ジェットの土地から石油が出て、孤独な貧乏青年が、ベネディクト家を上回る巨万の富を得てしまう・・・。
__________

何もかもが巨大なテキサスと、人種差別や家族の問題、そして、対立をテーマに展開する壮大な物語、他に類を見ないとてつもないスケールを感じさせてくれるドラマは、3時間20分という上映時間でも長さを感じない。

2005年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

当時としては巨額である、540万ドルの製作費をかけ、北米のみでも約3500万ドルの興行収入を上げる大ヒットとなった。

第29回アカデミー賞では、ジョージ・スティーヴンスが監督賞を受賞した。
・ノミネート
作品
主演男優
(ロック・ハドソン/ジェームズ・ディーン)
助演女優(マーセデス・マッケンブリッジ)
脚色・音楽賞(ドラマ/コメディ)・美術(カラー)・
衣裳デザイン(カラー)・編集賞

派手なアクションなどとは全く違う、ものの考えやその”空間”の大きさを、”圧倒的迫力”で見事に描写したジョージ・スティーヴンスの演出、その内容は原題のごとく、”巨人”のような一大叙事詩に仕上がっている。

そのスケールの大きさを一層感じさせる、ディミトリ・ティオムキンの主題曲、また、ウィリアム・C・メラーエドウィン・デュパーの撮影にも圧倒される。

20代前半のエリザベス・テイラーの美しさと、長身のロック・ハドソン(194cm)の”大きさ”は際立ち、数十年間の夫婦間の浮き沈みを、互いに熱演している。

本作が遺作となった、ジェームズ・ディーンの演技は確かに魅力的ではあるが、老け役にやや難があり、アカデミー賞で主演賞にノミネートされたことも疑問が残る。
(三人が主演とみなされたのだが・・・)

なぜか、彼のアップのシーンがほとんどないことが気になりもした。

また、彼は撮影中に交通事故死し、クライマックの演説シーンの声は、友人ニック・アダムスが担当している。

撮影時にはまだ10代のデニス・ホッパーや、彼より5歳年上の妹役キャロル・ベイカーの、初々しい演技も印象的だ。

あっさりと亡くなってしまう、マーセデス・マッケンブリッジは、短い出演ながら逞しいテキサス女として存在感がある。

チル・ウィルスも、おおらかで呑気な叔父役を好演している。

長女フラン・ベネット、その夫アール・ホリマン、隣人女性ジェーン・ウィザーズ、長男(D・ホッパー)の妻エルザ・カーデナス、レズリー(E・テイラー)の父ポール・フィックス、妻ジュディス・エヴェリン、娘のキャロリン・クレイグ、その夫役のロッド・テイラーメキシコ人青年サル・ミネオなどが共演している。

原題が”GIANT”にも拘らず、人気プロ野球チームにあやかって、複数形にしてしまったという邦題の裏話もある。

1970年代に、リバイバルで劇場で観た際、当時は入れ替え制でなかったので、一気に2回観たことを懐かしく思い出す。
(約7時間座りっぱなしだった)


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020