4551 Movies

奇蹟の輝き What Dreams May Come (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1978年に発表された、リチャード・マシスンの小説”What Dreams May Come”を基に製作された作品。
死後の天国で自殺した妻が地獄にいることを知った男性の苦悩を描く、主演ロビン・ウィリアムズキューバ・グッディングJr.アナベラ・シオラマックス・フォン・シドー他共演のファンタジー・ドラマ。


ファンタジー


スタッフ キャスト
監督:ヴィンセント・ウォード

製作:バーネット・デイン
製作総指揮
ロナルド・バス
テッド・フィールド
スコット・クルーフ
エリカ・ハギンズ
原作:リチャード・マシスンWhat Dreams May Come
脚本:ロナルド・バス
撮影:エドゥアルド・セラ
編集
デヴィッド・ブレナー
メイジー・ホイ
美術・装置
エウジェニオ・ザネッティ
シンディ・カー
音楽:マイケル・ケイメン

出演
クリストファー”クリス”ニールセン:ロビン・ウィリアムズ
アルバート・ルイス/イアン・ニールセン:キューバ・グッディングJr.
アニー・コリンズ=ニールセン:アナベラ・シオラ
イアン・ニールセン:ジョッシュ・パドック
マリー・ニールセン:ジェシカ・ブルックス・グラント
案内人/アルバート・ルイス:マックス・フォン・シドー
レオナ/マリー・ニールセン:ロザリンド・チャオ
アニー・コリンズ=ニールセン:バーバラ・グッドソン
ジェイコブス夫人:ルシンダ・ジェニー
ヘンリー牧師:マット・サリンジャー
フェイス:ヴェルナー・ヘルツォーク

アメリカ 映画
配給 PolyGram Filmed Entertainment
1998年製作 113分
公開
北米:1998年10月2日
日本:1999年6月5日
製作費 $85,000,000
北米興行収入 $55,382,930
世界 $71,485,040


アカデミー賞
第71回アカデミー賞

・受賞
視覚効果賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スイス
小児科医のクリストファー”クリス”ニールセン(ロビン・ウィリアムズ)と芸術家のアニー・コリンズ(アナベラ・シオラ)は湖で出会い、恋に落ちて結婚する。

カリフォルニア
やがて二人は、成長した息子イアン(ジョッシュ・パドック)と娘マリー(ジェシカ・ブルックス・グラント)と共に幸せな日々を送っていた。

イアンの成績を気にするクリスはテストを頑張るよう伝えて、車で登校するイアンとマリーを見送る。

それが、クリスと子供達の長い別れだった。

4年後。
診察中のクリスは美術館に勤めるアニーからの電話を受け、展示会の絵が届かないことで動揺する彼女を落ち着かせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
*(簡略ストー リー)
小児科医のクリストファー”クリス”ニールセンと芸術家のアニーは、旅行先のスイスで出会い、結婚してアメリカに帰国し、幸せな家庭を築いていた。
ある日、クリスとアニーは、息子イアンと娘マリーを交通事故で失ってしまう。
4年後、クリスも交通事故で死亡し、家族を失ったアニーは絶望して精神を病む。
そんなアニーを、恩師のアルバートと共に外の世界から見守ることになったクリスは、彼女に何も伝えられないことを悟り天国に向かう。
アニーの絵の風景と同じ天国で、彼女と触れ合えるように感じたクリスは、娘のマリーとも再会することができる。
苦しんだ末にアニーが自殺したことを知ったクリスは、悲しむものの、これで彼女と再会することができると考える。
ところが、自殺した者は地獄に向かうとアルバートに言われたクリスは、彼の反対を押し切りアニーを捜す旅に出る・・・。
__________

結局は、全員が死亡する家族の悲劇の中で、苦しみながら別の世界での幸せを掴むという、リチャード・マシスンの幻想的な世界観を見事に映像化した作品。

目を見張るような美しい映像、美術的センスとセットの素晴らしさが印象的であり、それらの技術は高く評価され、第71回アカデミー賞では、視覚効果賞を受賞し、美術賞にノミネートされた。

殆ど死後の世界を描いた内容なのだが、家族愛や力強く生き抜くための人間の人生の道筋などを教えてくれる、奥深い作品に仕上がっている。

ほぼ全編に渡り主人公らの苦しむ姿を描き、その末に訪れる喜びのために生きることが人間の人生ということを理解させてくれる作品でもある。

愛する子供達を失い、絶望した妻を支えて生きていたものの、彼女を残して事故死してしまう夫を深い演技で演ずるロビン・ウィリアムズ、主人公と死後の旅をして彼を支える恩師と主人公の息子役のキューバ・グッディングJr.、家族を失い苦しむ主人公の妻アナベラ・シオラ、主人公の息子ジョッシュ・パドック、娘ジェシカ・ブルックス・グラント、主人公の地獄への案内人と恩師を演ずるマックス・フォン・シドー、死後の主人公の娘ロザリンド・チャオ、アニーの一部の声バーバラ・グッドソン、そして、ヴェルナー・ヘルツォークが、地獄で体が埋まっている男性役で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021