4452 Movies

裸の銃を持つ男 The Naked Gun: From the Files of Police Squad! (1988)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1982年からABCでテレビ放映されたデヴィッド・ザッカージム・エイブラハムズジェリー・ザッカーによるコメディ・シリーズ”Police Squad!”を基に製作された作品。
間抜けでありながら事件を解決してしまう刑事が巻き起こす騒動を描く、製作総指揮、監督、原作、脚本デヴィッド・ザッカー、主演レスリー・ニールセンプリシラ・プレスリージョージ・ケネディO・J・シンプソンリカルド・モンタルバン他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・ザッカー

製作:ロバート・K・ワイス
製作総指揮
ジム・エイブラハムズ
デヴィッド・ザッカー
ジェリー・ザッカー
原作
Police Squad!
デヴィッド・ザッカー
ジム・エイブラハムズ
ジェリー・ザッカー
脚本
デヴィッド・ザッカー
ジム・エイブラハムズ
ジェリー・ザッカー
パット・プロフト
撮影:ロバート・M・スティーヴンス
編集:マイケル・ジャブロウ
音楽:アイラ・ニューボーン

出演
フランク・ドレビン:レスリー・ニールセン
ジェーン・スペンサー:プリシラ・プレスリー
エド・ホッケン:ジョージ・ケネディ
ノードバーグ:O・J・シンプソン
ヴィンセント・ラドウィッグ:リカルド・モンタルバン
市長:ナンシー・マーチャンド
テッド・オルセン:エド・ウィリアムス
パプシュミア:レイ・バーク
エリザベス2世:ジャネット・チャールズ
ウィルマ・ノードバーグ:スーザン・ボービアン
自動車教習所の教官:ジョン・ハウスマン
エンジェルスの監督:ローレンス・ティアニー
本人:ウィアード・アル・ヤンコビック
本人:レジー・ジャクソン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1988年製作 85分
公開
北米:1988年12月2日
日本:1989年4月22日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $78,041,830


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ベイルート
アメリカを敵視する国々の首脳会議が開かれていた。

休暇でその地を訪れていたロサンゼルス市警の警部補フランク・ドレビン(レスリー・ニールセン)は会議室に侵入し、各国首脳を叩きのめしてしまう。

ロサンゼルス港
麻薬取引を捜査していたノードバーグ刑事(O・J・シンプソン)は、その現場である船に侵入するものの、ヴィンセント・ラドウィッグ(リカルド・モンタルバン)の命令で銃撃され海中に落下する。

ロサンゼルス国際空港
英雄として帰国したと思い込んでいるドレビンを迎えた上司のエド・ホッケン警部(ジョージ・ケネディ)は、集まったマスコミやファンが、ミュージシャンのウィアード・アル・ヤンコビックの到着を待っていたことを知る。

一命を取り留めたノードバーグの様態を気にするドレビンは、生死の境をさ迷う彼を見舞う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「裸の銃を持つ男」(1988)
・「裸の銃を持つ男PART2 1/2」(1991)
・「裸の銃を持つ男PART33 1/3」(1994)

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス市警の警部補フランク・ドレビンは、同僚のノードバーグが重傷を負ったことを上司ホッケンから知らされ、その原因を探る。
財閥の総帥であるラドウィッグが、犯罪も絡んだその事件に関与していると考えたドレビンは、捜査を始めようとする。
その頃、エリザベス女王訪問を控えて警察は警備を強化していたのだが、実はラドウィッグは、テロリストからの依頼を受けて、女王暗殺計画を実行しようとしていた。
ラドウィッグは、ドレビンに近づき情報を入手することを秘書のジェーンに命ずる。
それを知らずにジェーンに惹かれるドレビンは、犯罪に手を染めていると思われるラドウィッグが、女王を暗殺しようとしていることを知るのだが・・・。
__________

わずか6話で打ち切られたテレビ・シリーズ”Police Squad!”の映画化で、それを手掛けたデヴィッド・ザッカー,ジム・エイブラハムズ,ジェリー・ザッカーが、”執念”で製作したような作品。

テレビ・シリーズでも主人公を演じたレスリー・ニールセンが主演し、脇を固める実力派スター、ジョージ・ケネディリカルド・モンタルバン、妖艶なプリシラ・プレスリーO・J・シンプソン他豪華出演者なども話題になった。

話の内容は単純なのだが、デヴィッド・ザッカーのテンポの良い軽快な演出、見所満載の痛快爆笑コメディとして大いに楽しめる。

どこか古風なギャグの連続により、切れ目ない場面展開は心地良ささえ感じる。

ギャグの場面で様々な工夫が凝らされ、製作費(1200万ドル)を有効に使っているという感じも受ける本作は、北米興行収入約7800万ドルのヒットとなり、シリーズ化された。

本人は大真面目でも周囲を騒動に巻き込んでしまい、それでも事件を解決するという主人公の刑事を熱演するレスリー・ニールセン、スパイとして主人公に接近するものの、惹かれ合う仲になるプリシラ・プレスリー、間抜けではあるが、主人公を決して見捨てない上司のジョージ・ケネディ、主人公の同僚O・J・シンプソンエリザベス女王暗殺計画を実行する財閥の総帥リカルド・モンタルバン、市長ナンシー・マーチャンド、鑑識主任エド・ウィリアムス、テロリストのレイ・バークエリザベス女王ジャネット・チャールズ、ノードバーグ(O・J・シンプソン)の妻スーザン・ボービアン、自動車教習所の教官ジョン・ハウスマンカリフォルニア・エンゼルスの監督ローレンス・ティアニー、そして、ウィアード・アル・ヤンコビックレジー・ジャクソンも本人役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021