That's Movie Talk!     4018 Movies

ベリー・バッド・ウェディング Very Bad Things (1998) 3.5/5 (34)

  •  
  • 12
  • 2
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

バチェラー・パーティーで殺人を犯してしまった男性達の運命を描く、監督、脚本ピーター・バーグ、主演クリスチャン・スレーターキャメロン・ディアスジョン・ファヴローダニエル・スターンジェレミー・ピヴェンジーン・トリプルホーンリーランド・オーサー他共演のブラック・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ピーター・バーグ
製作
マイケル・シーファー
ダイアン・ナバトフ
シンディ・コーワン
製作総指揮
テッド・フィールド
スコット・ルーフ
マイケル・ヘルファン
クリスチャン・スレーター
脚本:ピーター・バーグ
撮影:デヴィッド・ヘニングス
編集:ダン・レベンタル
音楽:スチュワート・コープランド

出演
ロバート・ボイド:クリスチャン・スレーター
ローラ・ギャレティ:キャメロン・ディアス
カイル・フィッシャー:ジョン・ファヴロー
アダム・バーコウ:ダニエル・スターン
マイケル・バーコウ:ジェレミー・ピヴェン
ロイス・バーコウ:ジーン・トリプルホーン
チャールズ・ムーア:リーランド・オーサー
フィッシャー:ローレンス・プレスマン
ティナ:コーベ・タイ
アダム・バーコウJr.:ジョーイ・ジマーマン

アメリカ 映画
配給 PolyGram Filmed Entertainment
1998年製作 100分
公開
北米:1998年11月25日
日本:2000年4月15日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $9,898,410
世界 $21,094,970


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
理想の結婚式を挙げることが夢のローラ・ギャレティ(キャメロン・ディアス)は、婚約者のカイル・フィッシャー(ジョン・ファヴロー)と共にその準備を整え、ラスベガスでのバチェラー・パーティーに備える。

完璧を求めるローラは、カイルの幼馴染で整備士のチャールズ・ムーア(リーランド・オーサー)、不動産業者のロバート・ボイド(クリスチャン・スレーター)との交友関係に問題があると思い気になっていた。

同僚のマイケル・バーコウ(ジェレミー・ピヴェン)と仕事をしていたカイルは、マイケルの兄アダム(ダニエル・スターン)から、3時間後に集合だと言われる。

ローラから式場の椅子のことで電話があり、適当に対応したカイルは、集合場所のアダムの家に彼女を呼ぶ。

アダムの妻ロイス(ジーン・トリプルホーン)と息子のJr.(ジョーイ・ジマーマン)とティミー、そしてローラに見送られて、カイルら5人は車で出発する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
理想の結婚式を挙げることが夢のローラは、婚約者のカイルと共に準備を進める。
カイルは、友人のロバート、アダム、その弟マイケル、チャールズと共にラスベガスでのバチェラー・パーティーを計画していたが、ローラは彼の交友関係が気になっていた。
ラスベガスに着いた5人は羽目を外し、娼婦ティナを呼んで大いに盛り上がるものの、愛し合ったマイケルが誤って彼女を殺してしまう。
5人は焦り、現れた警備員も殺してしまったロバートは、死体を砂漠に埋めることを提案し、カイルらを納得させる。
死体を埋めてロサンゼルスに戻った5人だったが、アダムが犯した罪に耐えられなくなり、彼らは精神的に追い詰められる・・・。
__________

若手として期待されキャリアを重ねるピーター・バーグが脚本を兼ねて監督した作品で、クリスチャン・スレーターキャメロン・ディアスなど人気スター競演も話題になった作品。

キャスティングからして爆笑コメディを思わせる雰囲気で始まる物語なのだが、事故から発生する殺人と死体遺棄事件での残虐なシーンなども登場して驚く。

更には、犯した罪に耐えきれない者同士の争いや繰り返される殺人、そして最後には、理想の結婚生活が破滅につながり悲惨な状況で終わるという、シニカルな内容のブラック・コメディ。

事件の問題を自分の都合のいいように解決しようとする悪役的な役柄を熱演するクリスチャン・スレーター、理想の結婚を夢みる女性から、それを果たすために終盤は過激な行動をとるキャメロン・ディアス、その婚約者であり事件に関わるジョン・ファヴロー、その同僚で事件により精神的に限界に達するダニエル・スターン、その妻ジーン・トリプルホーン、その義弟で、娼婦そして結果的に兄も殺してしまうジェレミー・ピヴェン、事件に関わるその友人リーランド・オーサー、カイル(ジョン・ファヴロー)の父親ローレンス・プレスマン、事故死してしまう娼婦のコーベ・タイ、アダムの息子ジョーイ・ジマーマンなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up